Engage Kiss アニメ第11話 感想

2022年夏アニメ Engage Kiss(エンゲージ・キス) 第11話「優しく愚かな嘘」感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介

悪魔として復活した妹のカンナになす術がないシュウ、未だ復讐のために苦しむその姿にキサラは思いもよらなかった行動を!?。この局面での急展開は嬉しい誤算で予測不能なラブコメという作品の謳い文句に嘘偽りなし!どんな結末になるのかとても楽しみです。


オルゴニウム採掘場から現れたのは悪魔と化したシュウの妹カンナでキサラは深手を負わされることに。

家族の復讐のために全てを捨ててきたシュウでしたが妹の命も奪う事になるのか・・・と思っていたら想像もしなかった斜め上の展開に!?。

いや、これでいいんです!なんせこの作品のテーマとジャンルは「ラブコメ」なのですから。

 

 

 

 

関連記事

Hi.アニ!

2022年夏アニメ Engage Kiss(エンゲージ・キス) 第10話「待ち望んだ最悪」感想・考察【関 […]…

 

第11話 優しく愚かな嘘【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第11話 あらすじ

人工島を舞台にした、すべての元凶たる悪魔との戦いの最中、シュウの前で槍に貫かれたキサラ。
アヤノとシャロンに助けられ、なすすべもなくその場から退避するシュウが見たのは、探し求めていた妹・カンナの姿だった。
その後、ベイロンシティの総力を結集した人類の必死の抵抗も虚しく、S級悪魔と認定されたカンナによる大規模災害は次々とその被害範囲を拡大。
傷つき倒れ、意識どころか生体反応も完全に失ったキサラを、もはや打つ手もなく、ただただ見つめ続けるシュウ。
そんな彼の心に応えるかのように、キサラはそっと目を覚ます。

第11話 感想

目覚めたキサラは何とシュウとの契約を解除!今まで奪った記憶を返すどころか自分とシュウが過ごした思い出の時間まで返し赤の他人状態に!?。

アスモデウスを倒すことや妹のカンナを救うという山場中の山場であるこの局面でのこの展開は呆気にとられるばかりなのですが?。

 

これ以上の打つ手がなくなったシュウをキサラが契約から解放するというまるで「自己破産」のような結末となった今回のお話しではシュウとキサラの出会いまで遡って二人の契約がどのように始まったのか等々がコミカルに描かれていました。

悪魔との契約書のなんと分厚いこと(笑)。

 

アヤノやシャロンとのエロい記憶とは違いキサラとの思い出は貧乏ヒモ男エピソードというのにも笑いが止まりませんでした。

でもそんなクズ男に尽くして尽くして最後は契約もなかった事にして自分から身を引くなんてキサラは悪魔じゃなくて天使ですよね。

ベイロンシティを襲う最大級の悪魔災害をどうにかする前にシュウは男としてのけじめをつけるべき!、でもキサラは以前の記憶が無いわけで・・・という事は再契約して記憶を返すしかないんじゃない?。

それにしても今話で以降の展開が全く読めなくなったのは嬉しい誤算で最後の最後で大化けした感がありますね。

ベイロンシティを危機から救うよりもシュウとキサラがどうよりを戻すのか?が俄然楽しみになってこれぞ予測不能なラブコメディで作品の謳い文句に嘘偽りない今回のEngage Kissでありました。

キサラのシュウとの記憶を読み取って?怒りの表情のカンナでしたがこれってブラコンなだけじゃないの?、兄貴に好きな女の子が出来て拗ねるツンデレさん的な(笑)。

そもそもカンナが脅威となるかどうか今は分からないみたいなシャロンのセリフもあったりして彼女自身がベイロンシティの脅威とならない展開もあるのかな。

ともかくカンナが結末を左右する大きな鍵であるのは間違いなさそうです。

 

 

 








Engage Kiss グッズ情報

ブルーレイ



OP主題歌



 

 放送局・配信情報

TOKYO MX:毎週土曜 24:30~
群馬テレビ:毎週土曜 24:30~
とちぎテレビ:毎週土曜 24:30~
BS11:毎週土曜 24:30~
ABCテレビ:毎週土曜 26:30~
メ~テレ:毎週土曜 26:30~


配信

一般配信:毎週土曜25:00~ dアニメストア ※他各配信プラットフォームでも7月5日より順次配信




スタッフ・CAST声優

スタッフ

原作:Bayron City Express
監督:田中智也
シリーズ構成・脚本:丸戸史明
世界観設定:矢野俊策
キャラクターデザイン原案:つなこ
悪魔デザイン原案:片桐いくみ
アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督:滝山真哲
サブキャラクターデザイン・総作画監督:古住千秋
アニメーション悪魔デザイン・プロップデザイン:和田慎平
銃器デザイン:寺岡賢司
アクション設計:菅野芳弘
アクション作画監督:丸山大勝
美術監督:小木曽宣久
背景美術:草薙(KUSANAGI)
色彩設計:岡崎菜々子
撮影監督:宮脇洋平
CG監督:神田瑞帆 齋藤澄果
モーショングラフィックス・2Dデザイン:大城丈宗(Production I.G)
編集:坂本久美子
音響監督:高寺たけし
音楽:藤澤慶昌
制作:A-1 Pictures
製作:Project Engage

OP主題歌:halca「誰彼スクランブル」
ED主題歌:ナナヲアカリ「恋愛脳」


CAST声優

緒方シュウ:斉藤壮馬
キサラ:会沢紗弥
夕桐アヤノ:Lynn
シャロン・ホーリーグレイル:大久保瑠美
夕桐アキノ:渡辺明乃
マイルズ・モーガン:松田健一郎
三上テツヤ:長谷川芳明
蜂須賀莎花:内田 彩
蜂須賀凛花:大西沙織
蜂須賀ミハイル:逢坂良太