第2弾プロモーションビデオが公開、キャストに種崎敦美や早見沙織|2022年4月放送開始 TVアニメ「SPY×FAMILY」

 

 

仮初めの家族を作り任務遂行!?人気コミック原作の「SPY×FAMILY」がアニメ化

遠藤達哉氏の『スパイ×アクション×特殊家族コメディ!』作品原作をテレビアニメ化する「SPY×FAMILY」の放送情報が公開、2022年4月よりテレビ東京ほかでスタートすることがわかりました。

同時に種崎敦美さんと早見沙織さんがキャスティングされていることも新たに発表されました。

 

▢ TVアニメ「SPY×FAMILY」第2弾PV

あらすじ

人はみな 誰にも見せぬ自分を 持っている――

世界各国が水面下で熾烈な情報戦を繰り広げていた時代。
東国オスタニアと西国ウェスタリスは、十数年間にわたる冷戦状態にあった。

西国の情報局対東課「WISEワイズ」所属である凄腕スパイの「黄昏(たそがれ)」は、東西平和を脅かす危険人物、東国の国家統一党総裁ドノバン・デズモンドの動向を探るため、ある極秘任務を課せられる。

その名も、オペレーション「梟(ストリクス)」。

内容は、“一週間以内に家族を作り、デズモンドの息子が通う名門校の懇親会に潜入せよ”。

黄昏は、精神科医ロイド・フォージャーに扮し、家族を作ることに。

だが、彼が出会った娘・アーニャは心を読むことができる超能力者、妻・ヨルは殺し屋だった!
3人の利害が一致したことで、お互いの正体を隠しながら共に暮らすこととなる。

ハプニング連続の仮初めの家族に、
世界の平和は託された――。(公式HP引用)

 

 

分割2クールで放送されるとのことで、おそらくコミックで刊行されている分のストーリーが全て映像化されるのではないかと思われます。

アーニャ・フォージャー(CV.種崎敦美)

ヨル・フォージャー(CV.早見沙織)

主人公が家族にその正体を隠して任務を遂行するという作品は今までにもあったと思うのですが、そのことを知っているのは超能力者で他人の心を読み取ることができるアーニャのみという斬新な設定で私も早速コミックを買って読んでみたのですが確かに面白いですね!。

4月からのTVアニメの放送が楽しみであります。

TVアニメ「SPY×FAMILY」スタッフ・キャスト

原作 遠藤達哉(集英社「少年ジャンプ+」連載)
監督 古橋一浩
キャラクターデザイン 嶋田和晃
音楽プロデュース (K)NoW_NAME
制作 WIT STUDIO×CloverWorks

CAST
ロイド・フォージャー 江口拓也
アーニャ・フォージャー 種﨑敦美
ヨル・フォージャー 早見沙織

「SPY×FAMILY」試し読み

少年ジャンプ+

TVアニメ、2022年10月放送再開! 凄腕スパイ<黄昏>は、より良き世界のため日々、諜報…

 

家族に正体を隠してシュワちゃんが大活躍!映画「トゥルー・ライズ」

『トゥルーライズ』(True Lies)は、1994年のアメリカ映画。1994年7月15日、アメリカ公開。20世紀フォックス提供。制作費は120億円。

“True Lies”とは、直訳すると「本当の嘘」という意味、ロサンゼルス-マイアミを舞台に、アーノルド・シュワルツェネッガー扮する凄腕のスパイが、その身分を家族に隠しながらテロリストと戦う姿をコメディタッチで描くアクション映画である。(wikipedia引用)

「SPY×FAMILY」を読んでいてふと思い出したのがアーノルド・シュワルツェネッガー主演のアクション映画『トゥルー・ライズ』、予測不可能な展開で進むアクションシーンの連続で当時のシュワちゃんの味であったコミカルな面も楽しめるアクションコメディの傑作です。

シュワルツェネッガーが主演の前作「ターミネーター2」同様にCG技術がまだ途上期だったこともあり全てのアクションシーンがリアリティある迫力満点のものとなっており、個人的に大好きな作品の一つなのですがどういう理由なのか現在のところブルーレイ化はもちろん配信もされていません。

何故なんだ?若い方に是非観てもらってその時代を感じてほしい作品なのに。午後ローとかでまたやらないのかな?。