うる星やつら  第2話 感想 

2022年秋アニメ新番組 うる星やつら 第2話「あなたにあげる/幸せの黄色いリボン」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介

 

第2話ではサクラやメガネそして面堂らの主要キャラが登場し着実にうる星ワールドを構築中!、しのぶは怪力っぷりが描かれ早速「ブリっ子(死語)」の仮面が剥がされることに(笑)。

第一話に引き続き原作コミック準拠のストーリーですが個人的には旧TVシリーズのオリジナルエピソードもリメイクして欲しいところです。

 


 

 


 

浮気なダーリンこと諸星あたるとインベーダーの押しかけ女房のラムが繰り広げる永遠に終わらない「鬼ごっこ」の物語が令和の時代に再降臨!。第一話は大半の視聴者の方々が概ねよい感想を述べていてリメイクとして大成だったかと思います。

それに続く第2話ではうる星ワールドを着実に固めるため早速主要キャラたちが続々登場!、そしてラムは電撃なしでも強かった!!(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2話 「あなたにあげる/幸せの黄色いリボン」【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2話 あらすじ

EPISODE 2 – A
「あなたにあげる」
ラムのせいで酷い目にあう事に嫌気がさしたあたるは変装して家出する。
そんな中、病弱な巫女・サクラと出会いお祓いを受ける事になるが、逆にサクラに憑いていた病の権化達や死神に憑かれてしまう。
EPISODE 2 – B
「幸せの黄色いリボン」
ラムの電撃や飛行能力に困ったあたるはチェリーにラムの力を封じてくれと頼み、級友経由で黄色いリボンを託される。
リボンと一緒に届けられた手紙には、リボンを角に結べと書いてあり…。

関連記事

Hi.アニ!

うる星やつら 第1話「かけめぐる青春/絶体絶命」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介】…

第2話 感想

学校の授業中であっても片時も離れないラムの束縛と電流ハグの愛情表現に嫌気がさしたあたるは家出をするのですが、途中病弱そうな巫女の女性・サクラと出会いお祓いを受けることに。しかしあたるの厄を祓うつもりが思わぬ方向へと事が進んでいき・・・。

 

第2話は後に友引高校の教師となるサクラの登場となんとあたるの悪友であるメガネ(サトシ)が登場!。まあリメイク版新作では原作コミック準拠のストーリーとなっているそうなので旧作TVシリーズのような大暴走(笑)は描かれないとは思いますが、出来れば色んなエピソードに上手く組み込んで頂きたいところ。

高橋先生はTV放映されていた80年代当時に相当怒っていた(!)そうではあるのですが押井守監督のキャラクターが暴走していく(笑)エネルギッシュな独自の世界を描く回があるといいな、と個人的には強く思ってしまいます。

特にメガネが暴走する「さよならの季節」や劇場作品「ビューティフルドリーマー」なんかは今のアニメーションの技術で見てみたい気はしますね。

 

 



と話がそれてしまいましたが第2話もコミック原作の味やテンポを最大限に引き出していて、先に書いたメガネの登場やしのぶが怪力キャラクターであることも描かれうる星ワールドが構築されていく様は嬉しい限りです。

そして来週はうる星という作品の主要キャラである面堂終太郎の初登校のエピソードも描かれるようなのでそれも楽しみ!。あたるとのつばぜり合いが令和の時代にまた観れるとは感涙にむせるばかり(笑)。

というわけで次週の放送もすごく楽しみであります。

 

はやくも「コタツネコ」が登場していましたが令和版ではあたるとラムの「鬼ごっこ」というラブコメの側面を押し出していくのでそれに関係が薄いキャラのエピソードは省略する方向なのかもしれませんね。しのぶが大好きな純情キツネのエピソードとか。

それと個人的にふと思っただけで良いか悪いかの話ではないのですが、声優さんによって役に対するアプローチがかなり変わるのかな?というのを今回のお話では感じました。あたる役の神谷浩史さんは熱が高い原作ファンということなのですごく旧作の雰囲気に声を寄せているのですが、サクラ先生役の沢城みゆきさんの演技は旧作の鷲尾真知子さんの面影は殆ど感じられません。

もちろん演技の方向性は沢城さん個人だけで決めるものではないと思うのですが、正直声が若すぎるかな?という違和感はありました。でも20代という設定を考えると旧シリーズはおばさん過ぎるとも言えなくもなく、どちらがより正解に近いかのかを判定するのは難しいところですね。

 

アニメの絵に合っているのか?という方向性で考えると沢城さんの今の演技が正解なのかもしれません。

放送スタートの時に新旧の声優対談のPV内では上坂すみれさんのラムの演技が今のアニメだったらこうなるという評し方をベテランの平野さんら御二人はされていて、一聴すると変わりないよう私に感じたのですが声の演技って素人には分からない奥深いものなのね、と思った次第。

古い記憶と合致させるだけだったらそれは声優じゃなくて「モノマネタレント」とも言えてしまうので、演技の方向性はケースバイケースということを結論としたいと思います。

 

ほんの一瞬での印象ですが宮野真守さんも神谷明さんにはそこまで寄せていない感じ?。正し今回登場したメガネの佐藤せつじさんのようにテンションが上がった演技だと激似の可能性もあるかもしれません。途中までちょっと似ているのかな?と思って観ていたら最後はまんま「千葉繁さん」のメガネでした(笑)。

 

 







うる星やつら グッズ商品情報

ブルーレイ


 

原作コミック


 

 

 放送局・配信情報

フジテレビ:毎週木曜 24:55~25:25
関西テレビ:毎週木曜 25:55~26:25
東海テレビ:毎週木曜 26:07~26:37
秋田テレビ:毎週木曜 25:20~25:50
岩手めんこいテレビ:毎週木曜 24:55~25:25
仙台放送:毎週木曜 25:30~26:00
さくらんぼテレビジョン:毎週木曜 24:55~25:25
福島テレビ:毎週木曜 24:55~25:25
新潟総合テレビ:毎週木曜 25:50~26:20
テレビ静岡:毎週木曜 25:30~26:00
テレビ新広島:毎週木曜 26:00~26:30
テレビ愛媛:毎週木曜 25:05~25:35
テレビ西日本:毎週木曜 25:55~26:25
サガテレビ:毎週木曜 24:55~25:25
テレビ熊本:毎週木曜 25:45~26:15
鹿児島テレビ:毎週木曜 25:30~26:00
長野放送:毎週木曜 25:30~26:00
北海道文化放送:毎週火曜 25:50~26:20
高知さんさんテレビ:毎週木曜 24:55~25:25 初回放送=10月27日(木)
テレビ長崎:毎週木曜 25:00~25:34 初回放送=10月27日(木)
AT-X:毎週火曜 22:30~23:00 ※再放送:木曜10:30、月曜16:30

配信
見放題配信
2022年10月14日(金)12時~
Amazon Prime Video
dアニメストア
Disney+(ディズニープラス)
dTV
FOD
J:COMオンデマンド
milplus
NETFLIX
U-NEXT
WOWOWオンデマンド
アニメ放題
バンダイチャンネル
ひかりTV

 




最新話期間限定 無料配信
GYAO!

都度課金配信
2022年10月14日(金)12時より 順次配信スタート
Amazon Prime Video
DMM.com
Google Play
GYAO!ストア
HAPPY!動画
J:COMオンデマンド
milplus
music.jp
Rakuten TV
YouTube(レンタル)
バンダイチャンネル
ひかりTV
ビデオマーケット
ムービーフルPlus
SHARE


スタッフ・CAST声優

スタッフ

原作:高橋留美子 「うる星やつら」(小学館 少年サンデーコミックス 刊)

監督:髙橋秀弥・木村泰大
シリーズディレクター:亀井隆広
シリーズ構成:柿原優子
キャラクターデザイン:浅野直之
サブキャラクターデザイン:高村和宏・みき尾
メカニックデザイン:JNTHED・曽野由大
プロップデザイン:ヒラタリョウ
美術設定:青木 薫
美術監督:野村正信
色彩設計:中村絢郁
CGディレクター:大島寛治
撮影監督:長田雄一郎
編集:廣瀬清志
音楽:横山 克
音響監督:岩浪美和
アニメーション制作:david production

 

CAST声優
あたる 役:神谷浩史
ラム 役:上坂すみれ
しのぶ 役:内田真礼
面堂終太郎 役:宮野真守
錯乱坊 役:高木 渉
サクラ 役:沢城みゆき
ラン 役:花澤香菜
レイ 役:小西克幸
おユキ 役:早見沙織
弁天 役:石上静香
クラマ姫 役:水樹奈々
温泉マーク 役:三宅健太
尾津乃つばめ 役:櫻井孝宏
面堂了子 役:井上麻里奈