忍の一時  第1話 感想 (2022年秋アニメ新番組)

2022年秋アニメ新番組 忍の一時 第1話「青天の霹靂」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介

 

「Re:CREATORS」や「やがて君になる」等々の高尚な趣きの作品を生み出し続けている『TROYCA』が送り出す新番組「忍びの一時」。

第一話のその印象をザックリと言うとすれば・・・そこはかとなく溢れ出るB級感(笑)、だがしかしそれがいい!という第一話。

今回は世界観説明で終わったので次回で印象は変わるのかも?。

クラシカルなビジュアルのヒロインたちがオッサンにはとても魅力的に映ります(ウヒ)。

 


 

 


『アルドノア・ゼロ』『アイドリッシュセブン』で広く知られる「TROYCA」制作の2022年秋アニメ新番組が忍の一時。

一番最初に後悔されたティザービジュアルでは夜の路地に一人立つくノ一の姿が描かれていて「これってエロいやつ!?」と興奮していたのですが、PVや番組HPのイントロダクションを見ると全然そんなんじゃないみたい(笑)。

中世日本で時の権力者に仕え隠密に諜報・暗殺・破壊活動をしていた忍者が現代の日本社会で密かに生き続けていた・・・というイントロダクションはちょっと前なら馬鹿っぽいの一言で終わったのですが、リコリス・リコイル放送の直後である今であれば「それもアリかも?」と期待を込め視聴を始めてみますと・・・?。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

第1話 「青天の霹靂」【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1話 あらすじ

ごく普通の中学生、櫻羽一時は、毎日の習い事と幼馴染、紅雪の監視に嫌気がさしていた。
そんな折、後輩の美少女、椿に告白される。
人生初めての春に浮足立つ一時だが、母の弓香に交際を止められてしまう。
一時はそれでもデートを断行し…。

忍者は、存在しない。…と、我々は思っている。

仮に忍者が存在したところで、忍者はその姿を我々に晒すことはない。
だからこそ、忍者は『表向きには』存在しないのだ。
主人公、櫻羽一時は、我々と同じく忍者は存在しないと思っている、普通の男子。
彼には普通の、幸せで輝かしい日々が約束されている…はずだった。
ある日、一時は命を狙われ、それが甲賀忍者の仕業であると聞かされる。
なぜ一時は命を狙われたのか?それは…彼が由緒正しき、伊賀忍者第19代正当後継者だったからなのだ!
伊賀と甲賀は長年対立しており、甲賀は伊賀を侵略しようとしている。
一時が生きるためには…自らも忍者になるしかない!
こうして、誰も知らない忍者の世界に身を投じる一時。
一人前の忍者となるべく学び、戦い、苦難に立ち向かう。
だがそれは、一時が辿る過酷な運命の、ほんの序章でしかなかった…。

第1話 感想

初めてのデートというのに自分の部屋へと誘ったばかりかいきなり服を脱ぎ始め、ベッドに一時を押し倒して行為を迫る椿。しかし偶然に部屋に何者かが潜んでいることを一時に知られた椿は先ほどまでの誘う表情を変えクナイ(忍者の刀具)で切りかかります。

そのピンチに飛び込んで来た紅雪により命からがら部屋から脱出するも度々の襲撃を受け、その度に母の職場の従業員である森山や加賀らに助けられる一時。そして追手から逃げ切り連れてこられたのは櫻羽の実家で母の弓香から一時は自分が伊賀忍者の末裔でその跡取りであることを告げられるのでした。

 

普通の中学生の僕が実は忍者の子孫でビックリ!という状況説明にまるっと使われた第一話で伊賀と甲賀の二つの「里」(流派)が激しくぶつかり合う寸前であることが描かれていました。伊賀の跡取りである一時はその争いに巻き込まれ命を狙われる事となったのですが、光学迷彩など現在のテクノロジーを携えて何故忍者は存在し続けているのか?等々の疑問は里どうしがぶつかり合っている理由と同じく次回でその説明がされていくのだと思われます。

 

そんな第1話を観てざっくりと抱いた印象はVシネマを彷彿とさせる「B級」感(笑)。作画は悪くないのですが何処か野暮ったい感じを受けるのですよね。制作費の問題からくるチープさではなくあえてそうしている感が伝わってきて90年代のOVAアニメを観ている感覚が甦ります。

一時の幼馴染の紅雪がコロナのない二次元の世界なのに常時マスク着用とかも設定ぶっ飛びまくりで、これに関してはもう80年代のアニメのセンスでありますね。

そしてDMMが製作しているからなのかこれまた「90年代のアダルトアニメ」の香りが漂ってくるキャラクターのビジュアルが(笑)。

 

ピンクパイナップルのアニメ(女の子を追い込む外道のオッサンが主人公?)でこんな娘を見たことがある様な気が。なので体細胞一つ一つに18禁DNAを組み込まれた自分にとって激しい行為とかはなくてもとにかく「エロい!」と体が反応してしまう(笑)。

そんなわけで個人的には野暮ったさの数々はマイナスにはなっておらず「いいぞ!もっとやれ!!」という気持ちの方が遥かに強い。

そしてむしろこういうB級な作品を世間は求めているのでは?異世界なろう転生作品とかクオリティの差はあるにしろ大半の作品は高尚ではないエンタメであるから人気を得ていると思うのですよね。

もしこの作品がそんな意図を込め作られているのであればコンセプトとして間違っていないと思います。

ただ一つだけ残念なのがFODの独占配信なのですよね。

現代のVシネマと言うべき配信サービスで多く目にされることで作品価値が理解されると思うのですが、こればっかりはきっと諸事情あるので仕方ないのかと。

ということでグッと心を掴まれ鋭く刺された・・・なんて事はないですが、体中のB級細胞が「早く続きを観たい!」と叫んでいる第一話でありました。

 


黄瀬川輝麗 CV.悠木碧

鈴ノ音涼子 CV.関根瞳

今回は椿のハニートラップ(バレバレ)が炸裂しましたが、他にもクラシカルな雰囲気漂うヒロインたちが控えていてとっても楽しみ。

エッチぃところが最大の売りではないと思いますが水戸黄門の女忍者(由美かおる?)の入浴シーンくらいのサービスは期待したい。ジジイなので(ウヒ)。

 

 

 

 

 

 

 






 

 放送局・配信情報

TOKYO MX:10月4日(火)毎週火曜23時~
BS朝日:10月7日(金)毎週金曜23時30分~
CBCテレビ:10月22日(土)毎週土曜27時12分~
AT-X:10月4日(火)毎週火曜20時~ リピート放送:毎週木曜8時~/毎週月曜14時~

配信

一般配信:10月4日(火)毎週火曜23時~ FODにて独占配信

 


スタッフ・CAST声優

スタッフ
企画:DMM pictures ×TROYCA
監督:渡部 周 (『アルドノア・ゼロ』『Re:CREATORS』『アイドリッシュセブン』演出)
シリーズ構成・脚本:高野水登 (映画『賭ケグルイ』、ドラマ・映画『映像研には手を出すな!』、ドラマ『真犯人フラグ』)
キャラクターデザイン・総作画監督:鈴木 勇 (『アイドリッシュセブン』『やがて君になる』作画監督)
メインアニメーター:奥田 淳
プロップデザイン:江間一隆
美術監督:岩瀬栄治
美術設定:高橋麻穂
色彩設計:篠原真理子
CGディレクター:井口光隆
撮影監督:加藤友宜
編集:右山章太
音響監督:明田川 仁
音楽:TOMISIRO (『名探偵コナン ゼロの日常(ティータイム)』『マクロス⊿』『龍の歯医者』)
音楽制作:DMM music
アニメーション制作:TROYCA (『アルドノア・ゼロ』『アイドリッシュセブン』『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿』)
製作:忍の一時製作委員会

 

CAST声優
櫻羽一時:逢坂良太
加賀時貞:小西克幸
紅雪:白石晴香
黄瀬川輝麗:悠木 碧
鈴ノ音涼子:関根 瞳
伴 朱雀:坂 泰斗
高嶺火村:八代 拓
櫻羽弓香:井上喜久子
森山光蔵:田中 完
柘植礼羽:進藤尚美
伴 鳳扇:てらそままさき
高嶺焔毘:間宮康弘
椿 里美:富田美憂
美濃部鬼道:津田健次郎

オープニングテーマ:ハンブレッダーズ「光」