機動戦士ガンダム 水星の魔女  第9話 感想

2022年秋アニメ 機動戦士ガンダム 水星の魔女 第9話「あと一歩、キミに踏み出せたなら」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介

 

株式会社ガンダム存続のためにシャディクに決闘を申し込むミオリネ!、しかし複数機での決闘でモビルスーツのパイロットが足りずスレッタはグエルに助太刀を頼むのでしたが・・・

エアリアルの隠された秘密がまた明らかとなる急展開の第9話!、やはりスレッタとエアリアルはプロスぺラの復讐の道具なのか?。

それにしてもキャラクターの人間関係が複雑に絡みあいもはやカオス!。

決闘に敗れたシャディクは本当にミオリネを諦める?、気になる二カとシャディクの関係は?、そして退学を命じられたグエルは一体どうするの!?。

 

 

 


 

 


 

株式会社ガンダムを立ち上げたミオリネでしたが、それに一枚かもう生徒会規約を改正してくるのシャディク。

それに断固拒否するミオリネはシャディクに決闘を申し込む展開に!?。

キャラクターたちの様々な思いが交差する中でエアリアルは青く輝き事態を更に混沌に招くのか・・?。

 

 

 

 

 

 

第9話 「あと一歩、キミに踏み出せたなら」【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第9話 あらすじ

シャディクの策略により、株式会社ガンダムの起業は暗礁に乗り上げた。
ミオリネは会社の命運を懸けて、彼に決闘を申し込む。
決闘の条件は6対6の集団戦。しかし、地球寮にはモビルスーツもパイロットも足りず……。

関連記事

Hi.アニ!

機動戦士ガンダム 水星の魔女 第8話「彼らの採択」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介】…

 

水星の魔女 第9話 感想

決闘することになったもののグラスレー寮に対し圧倒的にパイロットの数が足りない地球寮。

そんな時にグエルと偶然出合ったスレッタは決闘の助太刀をしてもらえないか訪ねるのですが、父親に決闘を止められているとグエルはその依頼を断ります。

一方で何とか決闘を回避できないかミオリネを説得するシャディクでしたが、「あんたもクソ親父たちと同じ。わたしを飾りとしか見ていない」とはねのけられるのでした。

そして迎えた決闘は当然の如くグラスレーが地球寮を圧倒しスレッタを残してことごとく撃沈。

エアリアルもガンダムシステム・ジャマーによりガンビットは機能を停止し戦闘不能になるという大ピンチに陥ります。

しかしこのまま会社を終わらせたくないというスレッタの思いに答えるようにエアリアルは青く輝きだし、それと同時にガンビットも動き出し再び戦闘を再開しサビーナ・ファルディンらが登場するベギルペンデをあっという間に撃破!。

エアリアルに一体なにが起こったのか・・・。

 

 

青く輝きながらベギルペンデのジャマーを無効化するエアリアルの覚醒(?)にプロスぺラが涙を流しながら微笑むその意味は?というガンダムの謎が更に深まる大きな展開があった今回のお話しでしたが、このプロスぺラの表情は前日譚のプロローグ編でベギルベウのジャマーによって夫を殺されたことに関係するのは間違いない。

やはりスレッタを学園に送り込んだのは復讐のためなのか?。

もはやガンダムに弱点はないという事が今回の決闘中継で世の中に大きく知れればグループ御三家のモビルスーツ販売のビジネスに大きなダメージを与えるはずで、彼女の復讐はこれをきっかけにベネリットグループが没落することを目指しているのではないでしょうか。

今回のお話しでスレッタが「複数」いるエアリアルと対話を交わしていることがはっきりと描かれていましたが、一体どんなことになっているのか・・・復讐のためにプロスぺラは一体何を作ってしまったのか?。

そしてネットで書かれている誰もが思いつく「安い考察」に隠された謎が行き着かないかちょっと心配。

エヴァじゃないんだから・・・。

という「エアリアル一体何なの?」という部分に全てを持っていかれた感があった今回のエピソードですが、キャラクター間の人間関係をより深くえぐってきましたね。

シャディクの生徒会規約改変だったり様々な動きの意図はミオリネを一人の女性として自分のものにしたかった事が分かるのですが、それはミオリネを取り巻く諸々の勢力から彼女を守りたいという純粋な気持ちから来ているのだと思います。

始めはグエルにそれを託したのですが度重なる失態で退場することになり、力のないスレッタではミオリネを守り切れないと判断し自分が前に出てきたのかと。

それをガンダムの将来性がうんたら~と本心を隠して事を進めているところは何だかスレッタに対するグエルみたい(笑)。

この作品に登場する男どもはみな愛に飢えていて不器用なのですよね。

 

 

そのグエルなのですがスレッタの事が心配なのにも関わらず一歩前へ踏み出せない・・。

この後に及んで父親のヴィムに強く縛られているのはファザコンなのかそれとも照れ隠しの言い訳なのか?。

しかし父親からは退学させることを言い渡されてしまいグエルどうする!?という展開なのですが、流石にここで素直にならないと男じゃない!。

次回はジェタークと決別したグエルが嬉し恥かしの「地球寮入寮」のエピソードとなることに期待したいです(笑)。

 

 

それにしても人間関係ぐちゃぐちゃに絡み過ぎて展開がカオスすぎます・・・。

もしグエルが地球寮に行くとしたらブラコンのラウダはスレッタに取られまいとそれを黙っていないはず(笑)。

そしてニカですが連絡係としてシャディクと繋がっているのは報酬とかではなく・・・彼女もいわゆるシャディクガールズ(シャディク隊)の一員なのでは?。

いいのかな?スペーシアンとアーシアンの肉体関係・・・もとい恋愛関係。

これにマルタンがNTR感情を抱いてしまうのは回避不可でしょう(怒)。

真面目な話、スペーシアンとアーシアンの対立の火種となる可能性も!?。

シャディクとの決闘に処理した後で会社アピールのためエアリアルダンスを踊るスレッタは社畜の鏡ですね(笑)。

でも複雑な状況を分かっていないスレッタの純粋さが重いお話しに希望をもたせるものとなっています。

ということで広報部長のポストは間違いなくスレッタのものとなることでありましょう・・・。

 

 

 

 




水星の魔女 twitterまとめ(商品情報等)







水星の魔女 放送局・配信情報

毎週日曜午後5時~ MBS/TBS系全国28局ネットにて放送


配信

見放題配信

毎週日曜18:00~
バンダイチャンネル
ガンダムファンクラブ
Hulu
ABEMA
U-NEXT
dアニメストア
Disney+
TELASA
J:COMオンデマンドメガパック
milplus

毎週木曜18:00~
WOWOWオンデマンド
Prime Video
ひかりTV
アニメ放題
ふらっと動画


都度課金配信

毎週日曜18:00~
バンダイチャンネル
毎週木曜18:00~
TELASA
J:COMオンデマンドメガパック
milplus
Prime Video
ひかりTV
dTV
FOD
Google Play
ビデオマーケット
GYAO!ストア
music.jp
RakutenTV
HAPPY!動画
ムービーフルPlus
ニコニコチャンネル

 




水星の魔女 スタッフ・CAST声優

スタッフ

企画・制作:サンライズ
監督:⼩林 寛
シリーズ構成・脚本:⼤河内⼀楼
原作:矢立 肇 富野由悠季
キャラクターデザイン原案:モグモ
キャラクターデザイン:田頭真理恵 戸井田珠里 高谷浩利
メカニカルデザイン:JNTHED 海老川兼武 稲田 航 形部一平 寺岡賢司 柳瀬敬之
チーフメカアニメーター:久壽米木信弥 鈴木勘太 前田清明
副監督:安藤 良
設定考証:白土晴一
SF考証:高島雄哉
メカニカルコーディネーター:関西リョウジ
設定協力:HISADAKE
プロップデザイン:絵を描くPETER えすてぃお
コンセプトアート:林 絢雯
テクニカルディレクター:宮原洋平
美術デザイン:岡田有章 森岡賢一 金平和茂 玉盛順一朗 上津康義
美術監督:佐藤 歩
色彩設計:菊地和子
3DCGディレクター:宮風慎一
モニターグラフィックス:関 香織
撮影監督:小寺翔太
編集:重村建吾
音響監督:明田川 仁
音楽:大間々 昂
製作:バンダイナムコフィルムワークス 創通 MBS

 


CAST声優

スレッタ・マーキュリー:市ノ瀬加那
ミオリネ・レンブラン:Lynn
グエル・ジェターク:阿座上洋平
エラン・ケレス:花江夏樹
シャディク・ゼネリ:古川 慎
ニカ・ナナウラ:宮本侑芽
チュアチュリー・パンランチ:富田美憂
デリング・レンブラン:内田直哉

-PROLOGUE-
エリクト・サマヤ:市ノ瀬加那
エルノラ・サマヤ:能登麻美子
ナディム・サマヤ:土田 大
カルド・ナボ:一城みゆ希
ナイラ・バートラン:小島幸子
ウェンディ・オレント:大地 葉
デリング・レンブラン:内田直哉
サリウス・ゼネリ:斧アツシ
ヴィム・ジェターク:金尾哲夫
ラジャン・ザヒ:花輪英司
ケナンジ・アベリー:上田燿司