機動戦士ガンダム 水星の魔女  第4話 感想 

2022年秋アニメ 機動戦士ガンダム 水星の魔女 第4話「みえない地雷」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介

 

グエルに決闘で勝利し学園のホルダーの座を手に入れたスレッタでしたが、自分一人では実習の課題には合格できないことを知りメカニック科のニカ・ナナウラに相談をもちかけます。

スポッターを紹介されるもスペーシアンを嫌うチュアチュリー・パンランチ(チュチュ)から激しい敵意を向けられスレッタは寮から追い出されることに!、果たして実習の再試験にスレッタは合格することは出来るのか・・・。

差別という「見えない地雷」につかまり一歩も進めなくなるスレッタですが自分と同じ境遇と知ったチュチュが大暴れする一応爽やかで青春っぽいラストでしたが、学園カーストに繋がっている差別問題が作品の大きなテーマとなってくるのは間違いなさそうです。

 


 

 


 

圧倒的に不利な条件を覆しグエルとの決闘に勝利するスレッタでしたが、その直後に何故なのか「結婚してくれ!」と敗北したグエルに迫られいつもの困り顔で終わるという前回の水星の魔女。

絶対に次回の展開が気になるラストと毎度なっているのには本当に頭が下がるばかり。そしてスレッタが知らないにしろグエルの父親のヴィムは親の仇であってこの展開は母親のプロスペラ(エルノラ)にしてみれば結婚なんてとんでもない話でどんな展開となっていくか想像するだけでお腹一杯です(笑)。

ところでスレッタが学校に通ったら「したい事リスト」というのがありましたが内容的があまりにも陰キャ過ぎません?。友達をあだ名で呼ぶなんて学生のただの日常なのではと思うのですが、水星でスレッタはどんな生活をしていたやら・・・陰キャなので友達が「出来なかった」のではなく同じ年代の少年少女がいなかった?。

そんなスレッタの背景が今話のお話の中で少し触れられています。

 

 

 

 

 

 

水星の魔女 第4話 「みえない地雷」【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第4話 あらすじ

グエルからスレッタへの、突然のプロポーズ。
困惑したスレッタはパニックになり、その場から逃げ出してしまう。
皆がグエルの行動に驚く中、地球寮の生徒の一人チュチュは冷ややかな視線を送っていた。

関連記事

Hi.アニ!

機動戦士ガンダム 水星の魔女 第3話「グエルのプライド」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介】…

水星の魔女 第4話 感想

突然のグエルの告白に驚きそれを断るや否やエアリアルに飛び乗りその場を逃げだすスレッタ。後日約束通りミオリネへの狼藉を謝罪したグエルでしたが、スレッタに対しては先日とは打って変わって高飛車な態度をとり彼女を困惑させるのでした。

学園に来て困惑することばかりのスレッタですが今度はモビルスーツの実習でメカニックとスポッター(操縦者に支持を出すナビゲーター)がいない為いきなり不合格にされることに。困ったスレッタは以前に知り合ったメカニック科2年のニカ・ナナウラを頼りスポッターを紹介してもらうのですが、差別者であるスペーシアンは出ていけ!と怒りをぶつけてきたチュアチュリー・パンランチ(チュチュ)に地球寮を追い出されます。

途方に暮れるスレッタでしたがスポッター兼メカニックをミオリネが引き受けることに。そして再試験を受けることになるのですがスペーシアンの生徒から痛がらせの妨害を受ける事になり・・・。

 

スレッタがまさに「見えない地雷」である差別に対峙することとなった今回のお話ですが、水星育ちであるスレッタはスペーシアンから嫌がらせを受けアーシアンにも拒絶されるという非常に辛い差別の体験を味わいます。

全員がそうではないのですが第一話でスレッタがからかわれたシーンからも分かるように水星人はスペーシアンとして見られてなく、もちろん地球生まれではないのでアーシアンからも偏見の目で見られることとなるのですが、ストーリーの中でスレッタたちはその垣根を壊していくのでしょうか?。

但しそんなに簡単に話は進んでいかないはず。今話でもスペーシアンからの差別を感じているチュチュがスレッタへ偏見に満ちた敵意の感情をぶつけるところから二人の関係が始まっています。

 

 

差別される側であり差別する側でもあるチュチュが故郷の期待を背負って学園に入学していきたスレッタと自分の境遇が一緒なのを知り、スペーシアンの生徒と乱闘になるシーンは一見青春っぽくて爽やかな展開ではありましたが、スレッタへの共感はあっても自分が差別していたことを悔いての行動ではないはずなのでチュチュの内面が変わったかどうかは少しお話を見ていく必要がありそう。

差別が解決したわけではなくどちらかに仲間分けされただけなので、これからスペーシアンとアーシアンの対立が大きく描かれる展開となるのかもしれませんね。

ということでグエルのツンデレさんっぷりが描かれるまでは実に水星の魔女らしいお話でしたが、以降のチュチュが関わってきた部分からは結構重い流れとなっていて以降も対立をベースとしたお話で続いていくのでしょうかね?。

ちょっと重いかも。でもタイトルに「魔女」と付いているように差別や偏見はテーマとして避けて通れないものなのでしょう。呪いが祝福となる物語となればよいのですが・・・ということで次週の展開を楽しみに待ちたいと思います。

今回初めてスレッタが困惑ではなく少し安堵する形の結末となっていました。そして人見知りが少し治った感じ?。

 

スレッタの夢は学園で勉強して水星に学校を作ること。その話から察すると今では住んでいる人が少なくなっていてスレッタと同年代の人間もあまりいない事が窺えます。さてスレッタの夢は叶うのでしょうか?そして母(プロスぺラ)も水星再興の願いという部分ではスレッタと一緒の考えなのか?。

ここまでのお話で描かれてきたのは親と子の世代の対立でしたが・・・、果たして?。

 

 

 




機動戦士ガンダム 水星の魔女 twitterまとめ(作品・グッズ情報)












 放送局・配信情報

毎週日曜午後5時~ MBS/TBS系全国28局ネットにて放送


配信

見放題配信

毎週日曜18:00~
バンダイチャンネル
ガンダムファンクラブ
Hulu
ABEMA
U-NEXT
dアニメストア
Disney+
TELASA
J:COMオンデマンドメガパック
milplus

毎週木曜18:00~
WOWOWオンデマンド
Prime Video
ひかりTV
アニメ放題
ふらっと動画


都度課金配信

毎週日曜18:00~
バンダイチャンネル
毎週木曜18:00~
TELASA
J:COMオンデマンドメガパック
milplus
Prime Video
ひかりTV
dTV
FOD
Google Play
ビデオマーケット
GYAO!ストア
music.jp
RakutenTV
HAPPY!動画
ムービーフルPlus
ニコニコチャンネル

 




スタッフ・CAST声優

スタッフ

企画・制作:サンライズ
監督:⼩林 寛
シリーズ構成・脚本:⼤河内⼀楼
原作:矢立 肇 富野由悠季
キャラクターデザイン原案:モグモ
キャラクターデザイン:田頭真理恵 戸井田珠里 高谷浩利
メカニカルデザイン:JNTHED 海老川兼武 稲田 航 形部一平 寺岡賢司 柳瀬敬之
チーフメカアニメーター:久壽米木信弥 鈴木勘太 前田清明
副監督:安藤 良
設定考証:白土晴一
SF考証:高島雄哉
メカニカルコーディネーター:関西リョウジ
設定協力:HISADAKE
プロップデザイン:絵を描くPETER えすてぃお
コンセプトアート:林 絢雯
テクニカルディレクター:宮原洋平
美術デザイン:岡田有章 森岡賢一 金平和茂 玉盛順一朗 上津康義
美術監督:佐藤 歩
色彩設計:菊地和子
3DCGディレクター:宮風慎一
モニターグラフィックス:関 香織
撮影監督:小寺翔太
編集:重村建吾
音響監督:明田川 仁
音楽:大間々 昂
製作:バンダイナムコフィルムワークス 創通 MBS

 


CAST声優
スレッタ・マーキュリー:市ノ瀬加那
ミオリネ・レンブラン:Lynn
グエル・ジェターク:阿座上洋平
エラン・ケレス:花江夏樹
シャディク・ゼネリ:古川 慎
ニカ・ナナウラ:宮本侑芽
チュアチュリー・パンランチ:富田美憂
デリング・レンブラン:内田直哉

-PROLOGUE-
エリクト・サマヤ:市ノ瀬加那
エルノラ・サマヤ:能登麻美子
ナディム・サマヤ:土田 大
カルド・ナボ:一城みゆ希
ナイラ・バートラン:小島幸子
ウェンディ・オレント:大地 葉
デリング・レンブラン:内田直哉
サリウス・ゼネリ:斧アツシ
ヴィム・ジェターク:金尾哲夫
ラジャン・ザヒ:花輪英司
ケナンジ・アベリー:上田燿司