機動戦士ガンダム 水星の魔女  -PROLOGUE- 感想 (2022年秋アニメ新番組)

2022年秋アニメ新番組 機動戦士ガンダム 水星の魔女  -PROLOGUE- 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介

 

令和初のガンダムTV作品「水星の魔女」はこちらも初となる女性主人公スレッタ・マーキュリーで、今話《PROLOGUE》はその世界観の説明とスレッタ(エリー)の過去が描かれる事となるのですが・・・。

ガンダム作品群の中で一番重く凄惨なスタートかも。

現時点では「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです」と明るく元気になる作品ではないみたい(笑)。

 


 

 


 

令和初のガンダムシリーズTV作品「機動戦士ガンダム 水星の魔女」の前日譚となる《-PROLOGUE-》を視聴しましたので少し感想を書いてみたいと思います。今作は7年ぶりのTVシリーズであり主人公のスレッタ・マーキュリーは初の女性主人公ということで放送開始の一報があった時にはどんな作品になるのか考察と言う名の妄想を膨らませた私なのでしたが・・・ことごとく外れてしまった(笑)。

この水星の魔女は所謂アナザーガンダムと呼ばれる宇宙世紀以外の世界観の作品となり、製作発表時には「学園」が舞台となることが発表され新規のファンの獲得を狙っているとのアナウンスも。

私はガンダムを熱心に観るのはファースト世代の頭の固いオジサンか腐女子(!?)という勝手な偏見を抱いているので、「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです」みたいな前向きで明るい作品になるといいな!!と思っていたのですが・・・0話で描かれたのは凄惨な魔女狩りと主人公の呪われた出自!?今までの作品群の中で一番重く心曇らせるスタートに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第0話 -PROLOGUE-【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-PROLOGUE- あらすじ

小惑星に建造されたフロント、フォールクヴァング。ヴァナディース機関のラボでは、ガンダム・ルブリスの稼働実験が行われていた。
評議会から課された条件をクリア出来ないままのルブリスに、焦燥感を募らせるテストパイロット、エルノラ・サマヤ。
――その日は、彼女の娘が4歳を迎える誕生日だった。

アド・ステラ122――
数多の企業が宇宙へ進出し、巨大な経済圏を構築する時代。

モビルスーツ産業最大手「ベネリットグループ」が運営する
「アスティカシア高等専門学園」に、
辺境の地・水星から一人の少女が編入してきた。

名は、スレッタ・マーキュリー。
無垢なる胸に鮮紅の光を灯し、少女は一歩ずつ、新たな世界を歩んでいく。

第0話 (PROLOGUE)感想

今回のお話しは「水星の魔女」本編の前日端となるエピソードで本作主人公スレッタ・マーキュリーの幼い頃かと思われる幼女「エリクト・サマヤ(エリー)」が特別な力を発現させることとなるある事件のことが描かれていきます。

宇宙環境で生じる身体機能障害の補助を目的としヴァナディース機関が開発した医療技術「GUND(ガンド)フォーマット」はオックス社の買収で軍事技術に転用されることに。しかしそれは人体に大きな負荷をかける問題があり倫理面で人々の反発を呼ぶこととなります。

そしてモビルスーツ開発評議会はガンダムタイプのモビルスーツ開発を全て凍結する声明を発表しオックス社へ企業矯正法による強制執行を開始。だが法の執行とは名ばかりでヴァナディース機関を評議会の特殊部隊ドミニコス隊が襲撃!。

そんな中で脱出のため母エルノラと乗り込んだエリーは開発中のガンダム・ルブリスのシステムとリンクし襲撃するモビルスーツを次々と撃墜!、しかしドミニコス隊のケナンジ・アベリーが操るベギルベウにより武装を無力化されてしまいます。

妻と娘を逃がすためナディムは捨て身でベギルベウを食い止めようとするのですが・・・。

 

第0話であるこのプロローグでは作品の世界観と主人公のスレッタ(エリー)が特別な力を持つ「魔女」となったその時が描かれるエピソードとなっており、おそらくは自分らの権益を守るためGUNDフォーマットを禁忌の技術と位置づけ、ヴァナディース機関に「魔女狩り」を仕掛けるという展開は作品ストーリーの起点となる出来事なのだと思います。

さてこの後に続く本編ではスレッタはどのような目的でガンダムを操ることになるのでしょう?。

 

PVの第2弾を見た印象では制作発表での学園ものとなるというアナウンスに加えてハリーポッター的なスクール下剋上が描かれる「ガンダム学園」みたいなストーリーになるのかな?というふうに感じたのですが、プロローグのストーリーを合わせ考えるとスレッタの復讐劇が大きな筋となるようにも思えます。

魔女狩りを指示したモビルスーツ評議会のお偉い面々を殺すまではしないと思いますが、その真実を暴き屈辱を味あわせる半沢直樹的な土下座ストーリーになるのかも(笑)。

 


スレッタ・マーキュリー CV.市ノ瀬加那

水星からの編入生で、パイロット科2年。内向的な性格で、コミュニケーション能力がやや乏しい。水星で開発されたMS、ガンダム・エアリアルのパイロット。


もし復讐劇であれば当然スレッタは魔女の力を持つという自身の素性を隠さなければならないわけで、幼少と名前が違うのはそのためではないかと推測されます。

但し幼少の出来事なので父を殺されたという事実を伏せて育てられるという可能性もあるので、スレッタの行動原理についてはストーリーが進んでいくのをもう少し待ちたいと思います。まだ第1話でもない前日端ですからあれこれ妄想を膨らませるのは時間の無駄でもありますから(笑)。

 

もう一つの主人公で視聴者が楽しみとしているモビルスーツですがガンダムシリーズで言うところの「ファンネル」を駆使した戦闘という作画カロリーが高い描写に多くが割かれ、見たところMS本体は手書きでファンネルはCGの作画でありました。

もう一つシリーズではお馴染みのミノフスキー粒子を拡大解釈したようなベギルベウが発する特殊な粒子?の描写もあったりして、元祖(ファースト)へのリスペクト強し!。ミノフスキー粒子というよりはアッザムリーダーかもですが(笑)。

このベギルベウの兵装が作品世界では一般的な対モビルスーツ用兵器なのそれとも対ガンダム用の特殊装備なのか現時点では不明なのでこれもペンディングとしたほうがいいですね。

 

感想を色々と書き綴りましたが令和初のTVシリーズは今の視聴者の目にはどう映ったのかのでしょうか?。そしてTVシリーズでは初の主人公が少女という設定はオールドファンはどう捉えるのかもすごく興味があります。

ということで本編へ突入する次回の放送が楽しみな事だけは間違いない!水星の魔女のプロローグでありました。

 

 

 










 

 放送局・配信情報

2022年10月2日より毎週日曜午後5時~ MBS/TBS系全国28局ネットにて放送開始


配信

見放題配信

毎週日曜18:00~
バンダイチャンネル
ガンダムファンクラブ
Hulu
ABEMA
U-NEXT
dアニメストア
Disney+
TELASA
J:COMオンデマンドメガパック
milplus

毎週木曜18:00~
WOWOWオンデマンド
Prime Video
ひかりTV
アニメ放題
ふらっと動画


都度課金配信

毎週日曜18:00~
バンダイチャンネル
毎週木曜18:00~
TELASA
J:COMオンデマンドメガパック
milplus
Prime Video
ひかりTV
dTV
FOD
Google Play
ビデオマーケット
GYAO!ストア
music.jp
RakutenTV
HAPPY!動画
ムービーフルPlus
ニコニコチャンネル

 




スタッフ・CAST声優

スタッフ

企画・制作:サンライズ
監督:⼩林 寛
シリーズ構成・脚本:⼤河内⼀楼
原作:矢立 肇 富野由悠季
キャラクターデザイン原案:モグモ
キャラクターデザイン:田頭真理恵 戸井田珠里 高谷浩利
メカニカルデザイン:JNTHED 海老川兼武 稲田 航 形部一平 寺岡賢司 柳瀬敬之
チーフメカアニメーター:久壽米木信弥 鈴木勘太 前田清明
副監督:安藤 良
設定考証:白土晴一
SF考証:高島雄哉
メカニカルコーディネーター:関西リョウジ
設定協力:HISADAKE
プロップデザイン:絵を描くPETER えすてぃお
コンセプトアート:林 絢雯
テクニカルディレクター:宮原洋平
美術デザイン:岡田有章 森岡賢一 金平和茂 玉盛順一朗 上津康義
美術監督:佐藤 歩
色彩設計:菊地和子
3DCGディレクター:宮風慎一
モニターグラフィックス:関 香織
撮影監督:小寺翔太
編集:重村建吾
音響監督:明田川 仁
音楽:大間々 昂
製作:バンダイナムコフィルムワークス 創通 MBS

 


CAST声優
スレッタ・マーキュリー:市ノ瀬加那
ミオリネ・レンブラン:Lynn
グエル・ジェターク:阿座上洋平
エラン・ケレス:花江夏樹
シャディク・ゼネリ:古川 慎
ニカ・ナナウラ:宮本侑芽
チュアチュリー・パンランチ:富田美憂
デリング・レンブラン:内田直哉

-PROLOGUE-
エリクト・サマヤ:市ノ瀬加那
エルノラ・サマヤ:能登麻美子
ナディム・サマヤ:土田 大
カルド・ナボ:一城みゆ希
ナイラ・バートラン:小島幸子
ウェンディ・オレント:大地 葉
デリング・レンブラン:内田直哉
サリウス・ゼネリ:斧アツシ
ヴィム・ジェターク:金尾哲夫
ラジャン・ザヒ:花輪英司
ケナンジ・アベリー:上田燿司