「艦これ」いつかあの海で 第1話 感想 (2022年秋アニメ新番組)

2022年秋アニメ新番組 『「艦これ」いつかあの海で』 第1話「出撃の日」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介

 

人気ゲーム原作の艦隊これくしょんが新たに映像化され放送開始!美少女動物園だった前作とは違い、囮部隊に編入された時雨たちが僅かな希望の光を信じ死地に赴くという重々しく死亡フラグ立ちまくりの第一話でした・・・。

「一元様お断り」で割り切って作ってあるので初めて視聴する方は原作ゲームをプレイするか少なくとも第一期アニメに目を通しておくことをお勧めします。

 


 

 


 

2022秋アニメ新番組としてかなり後発ではありますがゲーム原作の人気シリーズ『「艦これ」いつかあの海で』が放送開始となりましたので少し感想を書いてみたいと思います。前期のTVシリーズは結構前に流し見したことがあり、登場する「艦むす」たちの可愛さもありそこそこ楽しめた記憶があるのと作品の世界観はある程度理解しているつもりです。

ただし前作は戦闘SLGという原作から離れ艦娘たちの日常を楽しむエピソードが多かったように思います。

さて新作アニメの方はPVを見た感じどちらかと言うと戦闘シーンに重きを置いている様子で、それもあってなのかお話自体に連続性はなく新たなエピソードとして物語が進んでいくようです。

さて早速見てみますと・・・「一元様お断り」でなんと敷居の高いこと(笑)。さすがは美少女SLGの老舗といったところです。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

第1話 「出撃の日」【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1話 あらすじ

深海棲艦と戦う力、「艦娘」。
緒戦は圧倒的だったその艦隊も、敵に物量に徐々に圧倒され、戦局は大きく傾いていく。
そんな中、白露型駆逐艦「時雨」も所属部隊が改編され、決戦戦力の一部、第一遊撃隊部隊第三部隊(1YB3H)に配属される。
その艦隊の任務、そして彼女たちの向かう先に待ち受けるものとは――。

在りし日の艦艇の魂を、その身に宿す少女、「艦娘」。
海の底より生まれくる敵性艦艇群「深海棲艦」と呼ばれる異形の敵に、唯一対抗できる存在である彼女たちは、人々と海を護るべく戦いの中に身を置いていた。
しかし、圧倒的な物量を誇る深海棲艦隊の前に、彼女たちは傷つき、あるいは斃れ、戦局は大きく傾きつつあった。
その中で、新たな艦隊に配属される駆逐艦「時雨」。
彼女が配属された新たな艦隊は「第一遊撃部隊」、その「第三部隊」(1YB3H)。だがその艦隊は、後方に配備されていた旧式戦艦「山城」「扶桑」、そして唯一艦の航空巡洋艦「最上」と駆逐艦四杯という、「寄せ集め」ともいえるような部隊だった。
残存戦力の総力を挙げた起死回生を企図した作戦の一翼として、主力部隊を援護するための囮にも見える任務で運命の海峡へと出撃に向かう「時雨」たち1YB3H。激しさを増す戦いの中で、彼女たちを待ち受けるものは——。

第1話 感想

駆逐艦「時雨」の配属された第一遊撃部隊・第三部隊(1YB3H)は敵上陸部隊を本体が叩くための囮として結成された!?。衝撃の事実に最初は動揺するも「止まない雨はない」と僅かな希望を胸に僚艦たちと一緒にレイテ沖へと出航する時雨。

そんな中、旗艦である「山城」は姉の「扶桑」を守ってほしいとまるで自分の行く末を察しているかのように時雨に頼み込むのでしたが・・・。

 

全編にわたり「全滅」のフラグがビンビンに立ちまくりの第一話でしたが、原作ゲームを嗜んでいないと内容に全くついていけないのでは?というのが正直な感想です。作品で貝の説明をかなり端折っている(というか無いに等しい)ので少なくともTVアニメ第一期を見ていないと面白いとかツマラナイという前に「?」で終わってしまうような気がします。

放送される話数が「8話」ということみたいなので割り切って作っている感じでしょうか。

そして同様にキャラクターのこれまでの経緯も観ている人の想像にお任せという部分が大きいのかな?。山城と時雨は旧知の仲であるようなのですが姉の扶桑のことを託すという信頼関係がどこからくるのかピンと来ないので山城が形見のように時雨に髪飾りを付けるシーンもなんだか盛り上がらなかったりします。

ということでゲーム未プレイのため見た以上の感想が出てこないというゲーム原作アニメ「あるある」の艦これ第1話でありました。第一期のアニメの方がとっつきやすかった記憶はあるのですが、先に書いたようこの新作アニメが面白いのかそうでないのかを評価するとしたら・・・極論を言うと原作ゲームをプレイするしかないと思います。

ゲームをプレイしてもらう新規ユーザーを増やすための「販促」が目的のアニメ化ですから。ユーザーが増えれば作品としては成功というところでしょうかね。

 

一つ良いと思ったのは前作より遥かにCG作画のクオリティが上がっていることですね。前作が約10年前なのでCG作画技術も進化していて当たり前の感想ではありますがかなり細かく作り込んであるように感じます。

なにより第一期では手書きとCGの作画の差異がかなりありましたので作画という部分ではストレスなく鑑賞ができるのかと思います。

ということで次回もとり合えず観ることにしてはいるのですが・・・楽しみ方と言ってしまうとヘンですが、今週はどの「艦むす」が死ぬんだろう?みたいな視点で視聴することになりそうです(笑)。

 

 

 



 

 

 艦これ 放送局・配信情報

TOKYO MX: 11月3日(木)より 毎週木曜24時30分~
BS11: 11月3日(木)より 毎週木曜24時30分~
KBS京都: 11月3日(木)より 毎週木曜25時00分~
サンテレビ: 11月3日(木)より 毎週木曜25時30分~ リピート放送:毎週月曜 23時30分~
テレビ愛知: 11月4日(金)より 毎週金曜26時05分~
中国放送: 11月7日(月)より 毎週月曜25時30分~
北海道放送: 11月7日(月)より 毎週月曜25時56分~
長崎放送: 11月10日(木)より 毎週木曜25時25分~
AT-X: 11月4日(金)より 毎週金曜22時30分~ リピート放送:毎週火曜10時30分~/毎週木曜16時30分~

配信
11月3日(木)24:30以降、順次配信開始

見放題配信

dアニメストア
ABEMA
niconico(ニコニコ生放送/ニコニコチャンネル)
GYAO!
ひかりTV
FOD
バンダイチャンネル
Hulu
TELASA(見放題プラン)
J:COMオンデマンド メガパック
milplus 見放題パックプライム
U-NEXT
アニメ放題
Amazon




都度課金配信
Rakuten TV
DMM.com
music.jp
ビデオマーケット
HAPPY!動画
クランクイン!ビデオ

 


スタッフ・CAST声優

スタッフ

原作:C2機関
監督:三浦和也
シリーズ構成・脚本:田中謙介
キャラクターデザイン・総作画監督:能海知佳
音楽:大越香里
音響監督:今泉雄一
アニメーション制作:ENGI

 

CAST声優
藤田 咲・タニベユミ・洲崎 綾
堀江由衣・野水伊織・小倉 唯
種田梨沙・早坂 梢・宮川若菜
小松真奈・竹達彩奈・山田悠希
川澄綾子・大坪由佳・東山奈央