ゴールデンカムイ  第38話 感想 

2022年秋アニメ ゴールデンカムイ(第4期) 第38話「繭」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介

 

第2話で繰り広げられるのは凶運の持ち主である門倉看守部長と刺青の元囚人で毒殺犯の関谷輪一郎との命をかけたルーレットゲーム!。

そして悲しきモンスターの牛山はチヨタロウ少年によって阿寒湖に葬られることに!?(笑)、なぜか少年が大人となる通過儀礼を描いた感動巨編のラストとなってしまった第38話でありました。

 


 

 


待っていたゴールデンカムイの第4期は尾形を思わせる謎の襲撃者の正体がとっても無口なロシア兵スナイパーのヴァシリで杉元とシュールなお絵描きコミュニケーションを図るというテンションの振り幅が大きい金カムらしいものとなっていました。

そして第2話では凶運の持ち主である門倉看守部長と刺青の元囚人で毒殺犯の関谷輪一郎との命をかけたルーレットゲームが繰り広げられることに!。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第38話 「繭」【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第38話 あらすじ

土方と牛山は関谷に与えられた毒を飲み、仮死状態で地中に埋められていた。
だが、覚醒した牛山が外にはい出し、朦朧とした意識のまま徘徊。
そこに居合わせたいじめられっ子の少年・チヨタロウと奇妙な関係を築く。
一方、捜索を続ける門倉とキラウㇱは関谷から脅迫状を受け取っていた。
関谷の要求は、刺青人皮と土方を埋めた場所の交換。しかし、折しも刺青人皮を持つ永倉は不在で、受け渡しまで時間はない。
二人はどう動くッ!?

関連記事

Hi.アニ!

ゴールデンカムイ(第4期) 第37話「あばよロシア」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介】…

第38話 感想

キラウㇱの案で土方の身柄引き渡し交渉をわざと失敗させ関谷の逃げたところに生き埋めの場所を探り出そうとする門倉でしたが、毒から覚醒した牛山が凍った湖面からひょこっと顔を出し計画は失敗に。

しかし牛山のポケットから転がり出た繭から生き埋めの場所は養蚕であることを突き止め関谷を捕まえることに成功するのですが・・・。

生き埋めになっている土方に残された空気の残量はわずか。関谷は土方を助けたい門倉に命を賭けた危険な「ルーレットゲーム」を持ち掛けるのでした!。

 

門倉看守部長の凶運が試され続けていた今回のお話しではキラウㇱの作戦が思いもよらなかった牛山の「ひょっこりはん」で駄目になったり、そもそも永倉が不在になってしまったのも門倉の運のなさから来ている者なのかも(笑)。

しかしその引きの強すぎる悪運によって関谷の持ち掛けた繭を使った毒当てルーレットに結果として勝利し生還することになるのでした。

 

関谷が土方を監禁し刺青人皮を手に入れようとした理由が金塊のためではなく神の奇跡はあるのか?という自身の信仰からくるものなのでしたが、個人的にはその猟奇性がそんなに伝わってこなかったのは少し残念に思いました。

今まで放送された犯罪者編シリーズと比べるとかなりマイルドな味付けになっている気がして・・・やはりあまりに表現がドギツイと放送自体難しいのかもしれませんね。

そして一方、いつもはチンポ先生として下ネタ担当を担っている牛山ですが、今回は毒のせいで正常な意識を失ったモンスターとなってチヨタロウ少年と心温まる交流を見せていました。

発する言葉は大体「マ゛ッ」だけなので、これなら一家団欒での鑑賞も安心だね!。

しかし牛山が人間に害を成す危険な「兵器」であると気づいたチヨタロウ少年の手により葬られてしまうということに。そして少年が大人となる通過儀礼を描き出した感動のラストとなったのでありました・・・って、そんなわけあるかーい!(笑)。

ということで今回も普通に楽しめた30分でありました!、でも先に書いたように今までよりは薄味になったのかな?。色んなものがごった煮となって食べられるギリギリのところがこの作品の妙味だと思うのですけどね。

やはり放送上問題ありと判断しての味付けなのかも。そして少しでも苦情が出そうなエピソードはOVAのみでの公開となるかもしれませんね・・・いっそ今流行り(?)のAT-X放送版のような規制解除バージョンを作ってみたらコアなファンには受けるかも?しれません。

 

 

 

 











ゴールデンカムイ グッズ情報

ブルーレイ


原作コミック



 

 放送局・配信情報

TOKYO MX 10月3日より毎週月曜23:00~
読売テレビ 10月3日より毎週月曜26:15~
札幌テレビ 10月3日より毎週月曜25:26~
BS11 10月3日より毎週月曜23:00~
チャンネルNECO 10月7日より毎週金曜23:30~


配信

第4期は10月3日より毎週月曜23:00~ Prime Video で独占配信

 

 

第3期

月額見放題サービス
FOD
Prime Video
Netflix
U-NEXT
dアニメストア
バンダイチャンネル
Hulu
TELASA
J:COMオンデマンドメガパック
GYAO!
ひかりTV
auスマートパスプレミアム
milplus(みるプラス)

個別課金サービス
Prime Video
Rakuten TV
ビデオマーケット
HAPPY!動画
ニコニコチャンネル
ひかりTV
バンダイチャンネル
GYAO!ストア
DMM.com
music.jp



スタッフ・CAST声優

スタッフ
原作:野田サトル
(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)
チーフディレクターすがはらしずたか
シリーズ構成:高木登
キャラクターデザイン:山川拓己
美術監督:古賀徹
色彩設計:福田由布子
撮影監督:織田頼信
編集:池田康隆
音響監督:明田川仁
音響制作:マジックカプセル
アイヌ語監修:中川裕
ロシア語監修:Eugenio Uzhinin
音楽:末廣健一郎
OPテーマ:ALI「NEVER SAY GOODBYE feat. Mummy-D」
EDテーマ:THE SPELLBOUND「すべてがそこにありますように。」
アニメーション制作:ブレインズ・ベース
製作:ゴールデンカムイ製作委員会

 


CAST声優
杉元佐一:小林親弘
アシㇼパ:白石晴香
白石由竹:伊藤健太郎
鶴見中尉:大塚芳忠
土方歳三:中田譲治
尾形百之助:津田健次郎
谷垣源次郎:細谷佳正
牛山辰馬:乃村健次
永倉新八:菅生隆之
二階堂浩平:杉田智和
宇佐美上等兵:松岡禎丞
月島軍曹:竹本英史
鯉登少尉:小西克幸