ゴールデンカムイ  第37話 感想 (2022年秋アニメ新番組・第4期)

2022年秋アニメ ゴールデンカムイ(第4期) 第37話「あばよロシア」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介

 

待っていた金カム第4期は原作第21巻のエピソードからスタート!。

尾形の襲撃かと思いきや襲ってきたのはかつてその尾形とスナイパー合戦を繰り広げたヴァシリで無口な彼と杉元とのお絵描きコミュニケーションがとってもシュール(笑)。

そして続き描かれるのは刺青の脱獄囚・関谷輪一郎と凶運の持ち主・門倉利運による運比べ合戦!?。制作会社変更の不安も杞憂に終わり「掴みはOK!」の第37話でした。

 


 

 


息絶える寸前になぜ父を殺したのか?と問いかけるアシㇼパでしたが、その真実を確かめる前に息絶えてしまうキロランケ。そして毒矢を右目に受け明日をも知れぬ命であったはずの尾形は杉元たちを欺き大脱走!次の再会の時に必ず決着つけると杉元が瞳輝かせるという実に金カムらしいドラマチックな第3期のラストでしたが、待ちに待っていたその続編(第4期)がいよいよ放送開始ッ!!。

原作の連載は終わってしまい悲しいけど、その分3か月間思いっきり楽しんでやるぜ!と喜ぶその前にちょっとだけ気になっているのが制作会社の変更ですね。

第3期まではジェノスタジオが制作を担当しており作画・背景・演出すべてにおいて非常に高いクオリティで作品を魅せてくれていたのですが、今期の放送からは「ブレインズ・ベース」へ変り主要スタッフの殆どが変更されています。

言い方は悪いのですが「ジェノスタジオよりやれんのか?」(笑)。

冗談はさておき安心のジェノスタからどう変わったのかおっかなびっくり視聴を始めてみますと・・・。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

第37話 「あばよロシア」【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第37話 あらすじ

樺太で再会を果たした杉元とアシㇼパ。
キロランケの死や尾形の逃亡を経て相棒の契約を更新した二人は、他の先遣隊メンバーや白石と共に国境を越えてロシア領を後にする。
北海道への帰還を目指してさらに移動を続ける中、鶴見中尉に状況を伝える電報を打つため敷香の街に立ち寄ることにした一行。
ところが杉元が味噌を調達している間に、仲間たちが何者かの銃撃を受ける事態が発生ッ! 正確無比な射撃を行う狙撃手の正体とは……!?

杉元とアシㇼパの新たな旅が始まる!!
アイヌから奪われた金塊を巡る生存競争サバイバル、新章開幕ッッ!!!
極寒の地・樺太で「不死身の杉元」こと杉元佐一とアイヌの少女・アシㇼパが再会を果たした後、キロランケの死に直面したアシㇼパが金塊の謎を解く鍵を思い出し、杉元とアシㇼパの間で相棒の契約も更新されるに至った。
だが、杉元が第七師団の支配下にある状況に変わりはない。
アシㇼパ確保の報を受けた鶴見中尉との対峙が迫る中、共に過酷な旅を生き抜いた白石由竹、谷垣源次郎、月島軍曹、鯉登少尉は各々の目的や役目に従ってどのように動くのか?
一方、第七師団と金塊の争奪戦を繰り広げる新撰組「鬼の副長」土方歳三の一味は、引き続き残った刺青人皮の捜索を継続。
さらに、杉元らの前から姿を消した尾形百之助の存在も情勢に影響を及ぼす可能性を秘める。
北の大地を舞台に再び加熱していく一攫千金サバイバルの行方から目が離せない!

関連記事

Hi.アニ!

2020年秋アニメ『ゴールデンカムイ』(第3期)第36話 最終回「生きる」感想・グッズ 配信情報再会を果たし北海道への帰…

 

第37話 感想

白石を撃った狙撃者は尾形なのか!?緊張を走らせるも銃撃のため一歩もその場を動くことが出来ないアシㇼパたち。しかしオソマ補充のため一人だけ一団を離れていた杉元は銃声を聞き付け単身で狙撃者を襲撃!・・・するのですが捕まえてみるとその狙撃者は以前尾形とスナイパー戦を繰り広げたロシア国境警備の狙撃兵・ヴァシリ。

狙撃合戦に敗れたヴァシリはリベンジのため尾形を追っていて、見かけた白石を仲間と勘違いし銃撃を仕掛けてきたのでした。

一方でその頃、牛山と土方の姿が数日見えないと心配する永倉に頼まれ阿寒湖へ二人を探しに出る門倉とキラウシ。その周辺に潜んでいる刺青の囚人・関谷輪一郎を土方と牛山は探しに行きまさか返り討ちにあったのではとおもんばかる門倉たちでしたが、そのまさかで土方たちは関谷から仕掛けられた服毒ロシアンルーレットにより身動きできない体となっていたのでした!!。

 

第4期はヴァシリの銃撃という緊張感あふれるエピソードからスタート!尾形からの襲撃と勘違いし思ってもみなかった早い再会に殺す気マンマンの杉元の表情がステキ(笑)。そして後半は毒で三十人を殺害し服役していた金塊の刺青の脱獄囚・関谷が登場し土方が彼との賭けに負け倒れるところまでが描かれていました。

まず心配していた制作会社の変更について書きますがTVシリーズの第3期から続けて今話を視聴してみてもキャラクターの作画は全く違和感を感じないものとなっていました。ただ良い悪いとは別の話しではありますが第1話で感じたのはお話しの描き方が繊細かつ直接的になったような気はしますね。

作画というよりは演出の部分の話しになりますでしょうか。前期までは演出に骨太でダイナミックな印象を受けそれがゴールデンカムイと実にマッチしいい味を醸し出していたのでありましたが・・・どちらが金カムによりマッチするかはエピソードによって違ってくるかもしれません。

 

ということで新たな体制でスタートとなった第4期ですがとりあえず掴みはOK!だったかと。そして個人的にはこの後に続く感動巨編「怪人おべんちょ大活躍回」を楽しみにしています!(笑)。

 

 

 

 

 















ゴールデンカムイ グッズ情報

ブルーレイ


原作コミック



 

 放送局・配信情報

TOKYO MX 10月3日より毎週月曜23:00~
読売テレビ 10月3日より毎週月曜26:15~
札幌テレビ 10月3日より毎週月曜25:26~
BS11 10月3日より毎週月曜23:00~
チャンネルNECO 10月7日より毎週金曜23:30~


配信

第4期は10月3日より毎週月曜23:00~ Prime Video で独占配信

 

 

第3期

月額見放題サービス
FOD
Prime Video
Netflix
U-NEXT
dアニメストア
バンダイチャンネル
Hulu
TELASA
J:COMオンデマンドメガパック
GYAO!
ひかりTV
auスマートパスプレミアム
milplus(みるプラス)

個別課金サービス
Prime Video
Rakuten TV
ビデオマーケット
HAPPY!動画
ニコニコチャンネル
ひかりTV
バンダイチャンネル
GYAO!ストア
DMM.com
music.jp



スタッフ・CAST声優

スタッフ
原作:野田サトル
(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)
チーフディレクターすがはらしずたか
シリーズ構成:高木登
キャラクターデザイン:山川拓己
美術監督:古賀徹
色彩設計:福田由布子
撮影監督:織田頼信
編集:池田康隆
音響監督:明田川仁
音響制作:マジックカプセル
アイヌ語監修:中川裕
ロシア語監修:Eugenio Uzhinin
音楽:末廣健一郎
OPテーマ:ALI「NEVER SAY GOODBYE feat. Mummy-D」
EDテーマ:THE SPELLBOUND「すべてがそこにありますように。」
アニメーション制作:ブレインズ・ベース
製作:ゴールデンカムイ製作委員会

 


CAST声優
杉元佐一:小林親弘
アシㇼパ:白石晴香
白石由竹:伊藤健太郎
鶴見中尉:大塚芳忠
土方歳三:中田譲治
尾形百之助:津田健次郎
谷垣源次郎:細谷佳正
牛山辰馬:乃村健次
永倉新八:菅生隆之
二階堂浩平:杉田智和
宇佐美上等兵:松岡禎丞
月島軍曹:竹本英史
鯉登少尉:小西克幸