チェンソーマン  第3話 感想 

2022年秋アニメ チェンソーマン 第3話「ニャーコの行方」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介

 

「胸を揉ませる」という誘いに乗って悪魔に連れ去られたパワーの愛猫ニャーコを助けることになったデンジでしたが、それは嘘で生贄にされそうに!。

しかしニャーコを目の前で失ったパワーの姿に自分を重ね大切なものを奪われた感情をそのままにチェーンソーを唸らせるのでした!!。

コウモリの悪魔との戦闘シーンの迫力は勿論のこと一見エキセントリックなパワーの心情が実にピュアなことが描かれたりとドラマ面でも充実していた第3話で、ありきたりなジャンプヒーローではないデンジ(チェンソーマン)の姿に引きこまれること間違いなしです。

 


 

 


 

前回のお話で先輩デビルハンターの早川アキとぶつかりながら徐々に成長していくデンジはアキの背中を見てではないですが、何不自由ない今の生活に甘んじることなく生きるための信念や目標を考えることに。しかし悩み抜き出てきた答えは「(女の)胸揉みてえ」という実に最大公約数的な答えなのでした(笑)。

そして今回のお話はまさにデンジの生きる目的がきっかけとなり、その中で魔人パワーとのある共通点も描かれて行くことに。

 

 

 

 

 

 

 

第3話 「ニャーコの行方」【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第3話 あらすじ

バディを組んだ『血の魔人』パワーは、かつて飼っていた猫のニャーコを悪魔から取り返す交換条件として、胸を揉んでよいと言う。
夢が叶いそうな状況を目の前に、俄然気合いが入るデンジだったが――。

関連記事

Hi.アニ!

チェンソーマン 第2話「東京到着」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介】…

第3話 感想

最初に民間のデビルハンターが目を付けていた悪魔を勝手に駆除してしまうパワーはマキマからその行動を諭されるのですが、デンジの指示でやったとその責任を擦り付けます。たちまち大ゲンカへと発展しそうな二人でしたが、一言マキマが窘めただけで何故か途端に大人しくなるパワー。

問題のありすぎるパワーとバディを組まされたことでこのままではデビルハンターとしての実績が残せず今の不自由のない暮らしが出来なくなると頭を悩ませるデンジでしたが、悪魔に取り上げられてしまった愛猫のニャーコを取り戻してくれれば胸を揉ませてやるとのパワーの言葉に自分の中の「夢を叶える」というスイッチが入り、悪魔が潜伏している一軒家へパワーと共に訪れるのでしたが・・・それはニャーコを取り戻すためのパワーの嘘なのでした!。

 

今の生活を続けていく事よりも女の胸を揉むことに優先順位を置いたデンジに大笑い!という導入から始まった今回のお話でしたが、コウモリの悪魔との激しい戦闘シーンは勿論見どころではあるのですがパワーという一見エキセントリックなキャラクターのすごく純粋な一面に驚かせられる印象的なものとなっていました。

 

今の所パワーの詳しい出自は語られていませんが猫のニャーコとの絆はデンジとポチ太のそれと同じで、天涯孤独の中で唯一の大切な存在であり目の前でニャーコが失われるのを見た喪失感でパワーは抵抗することなく悪魔に食べられます。

自分にとっての唯一を失う悲しみを共有したデンジがパワーの感情とシンクロしエンジンを唸らせチェンソーマンに変身するシーンへの流れには観ている自分も共感しまくりなのでありました!!。

 

その戦いは弱きを助け強きをくじくというヒーロー然としたものではなく「野郎の命なんざ知るか!」と人が乗ったままの乗用車を悪魔にぶつけたりというブラックジョークの効いたダークヒーローらしいものとなっていて非常にグッド!。

今回のお話で従来のジャンプヒーローとは一線を画したまるでアメコミ映画みたいに大人向けな作風に完全に虜にされた感じですね。実にクールでカッコイイのであります。

ということで次回のお話が楽しみなのですが・・・パワーとニャーコは復活するのでしょうか?。

 

 

この作品世界の中ではまだ米ソの「冷戦」が終わってないんですね。そして悪魔を軍事利用しようとしています。

今の世界情勢にシンクロさせた設定なのでしょうか?そしてデンジとパワーがニャーコ奪還作戦について話すシーンは路面電車の車内となっていて時代感をバグらせるものとなっています。今は東京住みではないのですが荒川線?って今でも存在しているのかなとどうでもいい余計なことを思い出した次第でありました。

 

 

 

 

 

 

 







チェンソーマン グッズ情報

ブルーレイ


原作コミック



 

 

 放送局・配信情報

テレビ東京: 毎週火曜24:00~
テレビ大阪:  毎週火曜24:00~
テレビ愛知: 毎週火曜24:00~
テレビせとうち: 毎週火曜24:00~
テレビ北海道: 毎週火曜24:00~
TVQ九州放送: 毎週火曜24:00~
長崎放送: 2022年10月21日より 毎週金曜25:15~
新潟放送 :2022年10月21日より 毎週金曜26:15~
テレビユー福島: 2022年10月27日より 毎週木曜25:28~
テレビユー山形: 2022年10月28日より 毎週金曜25:55~
鹿児島テレビ: 2022年11月3日より 毎週木曜26:00~
AT-X: 毎週水曜21:30~
アニマックス: 2022年10月29日より 毎週土曜21:00~

配信
最速・見放題配信:2022/10/11(火) 25:00~ Prime Videoで配信

見放題配信
2022/10/12(水) 25:00より順次配信

ABEMAプレミアム
Disney+ (ディズニープラス)
dTV
dアニメストア
dアニメストア ニコニコ支店
dアニメストア for Prime Video
FOD
Hulu
J:COMオンデマンドメガパック
milplus
Netflix
Paravi
SPOOX
TELASA
U-NEXT
WOWOWオンデマンド
アニメカ
アニメタイムズ
アニメ放題
auスマートパスプレミアム
バンダイチャンネル
ひかりTV
ふらっと動画

 




最新話見逃し一週間無料配信
2022/10/12(水) 25:00より順次配信

ABEMA
GYAO!
ニコニコチャンネル
ネットもテレ東

レンタル配信
2022/10/12(水) 25:00より順次配信

DMM動画
GYAO!ストア
HAPPY!動画
J:COMオンデマンド
milplus
music.jp
TELASA
クランクイン!ビデオ
ニコニコチャンネル
バンダイチャンネル
ビデオマーケット
ムービーフルplus


スタッフ・CAST声優

スタッフ

原作:藤本タツキ(集英社「少年ジャンプ+」連載)
監督:中山竜
脚本:瀬古浩司
キャラクターデザイン:杉山和隆
アクションディレクター:吉原達矢
チーフ演出:中園真登
悪魔デザイン:押山清高
美術監督:竹田悠介
色彩設計:中野尚美
撮影監修:宮原洋平
音楽:牛尾憲輔
オープニング・テーマ:米津玄師「KICK BACK」
挿入歌:マキシマム ザ ホルモン「刃渡り2億センチ」

エンディング・テーマ:
ano「ちゅ、多様性。」
Eve「ファイトソング」
Aimer「Deep down」
Kanaria「大脳的なランデブー」
syudou「インザバックルーム」
女王蜂「バイオレンス」
ずっと真夜中でいいのに。「残機」
TK from 凛として時雨「first death」
TOOBOE「錠剤」
Vaundy「CHAINSAW BLOOD」
PEOPLE 1「DOGLAND」
マキシマム ザ ホルモン「刃渡り2億センチ」

アニメーションプロデューサー:瀬下恵介
制作:MAPPA

 

CAST声優
デンジ:戸谷菊之介
ポチタ:井澤詩織
マキマ:楠木ともり
早川アキ:坂田将吾
パワー:ファイルーズあい
姫野:伊瀬茉莉也
コベニ:高橋花林
荒井ヒロカズ:八代拓
岸辺:津田健次郎
天使の悪魔:内田真礼
サメの魔人:花江夏樹
暴力の魔人:内田夕夜
蜘蛛の悪魔:後藤沙緒里
沢渡アカネ:大地葉
サムライソード:濱野大輝