ぼっち・ざ・ろっく!  第5話 感想

2022年秋アニメ ぼっち・ざ・ろっく! 第5話「飛べない魚」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介

 

ライブに出演するためのオーディションに合格するため自分と音楽との向き合いを考えるひとり、自分は何のために音楽をやっているのか・・・。

答えは出せなかったものの皆とバンドをやっていきたいという気持ちだけは間違いなく走り出しひとりは本来の自分らしくギターをかき鳴らすのでした!。

ひとりの変化ではなく成長が描かれ解き放たれたような疾走感が気持ちいい今回のお話で注目すべきはライブシーンの作画、高いクオリティでお話を更に盛り上げるものとなっていました。

 


 

 


 

作詞を任されるも周りの目を気にするため手が進まないひとりに自分らしくあれとアドバイスを送るリョウ。結果ぼっちである”ひとり”らしい個性的な詩が生まれメンバーにも受け入れられる事となる、というのが前回のお話でそこに至るまでのきららジャンプとか”ぼっち”らしくない苦行に打ちひしがれるひとりの姿には大笑いするばかり。

そして今回のお話では自分にとっての音楽やバンドとは?という根本にひとりが向き合うちょっと真面目な展開となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第5話 「飛べない魚」【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第5話 あらすじ

オリジナルソングも出来上がり、いよいよライブだと意気込む4人。
星歌に出演させて欲しいと頼んでみたものの、まずオーディションを受けろと突っぱねられてしまう。
ひとりは最近の激動の日々を振り返りとある決心を固め、オーディションに参加するのだった……

関連記事

Hi.アニ!

ぼっち・ざ・ろっく! 第4話「ジャンピングガール(ズ)」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介】…

第5話 感想

オーディションで合格するにはどうしたらいい?。演奏技術は一旦置いておいてバンドとしての熱量や成長を認めてもらえればと前向きな虹夏でしたが、その言葉をきっかけにひとりは「成長」とはについて少し考えることになります。

それは努力とはまた違う・・・バイトを始めて人と目を合わせることが出来るようになったりと一人の人間として成長した実感はあるが、何がやりたくて自分はギターを始めバンドに加入したのか?。そんな時にひとりは虹夏かが持つ「夢」を聞かされることになるのですが・・・。

 

いわゆるバンドとしての原点や方向性のスタートが何であるのか?を考えることによってひとりがまた少し成長する姿が今回描かれていましたが、劇中にもあったようにひとりがギターを始めた理由は陰キャを卒業しチヤホヤされたい!というのがスタートなんですよね(笑)。

ここで普通のドラマや映画だと崇高な志が生まれたりするのでしょうけど、難しいことはともかく初志を曲げずに「バンドみんなでチヤホヤされたい!」とひとりが目標を置く展開が面白いですね。成長って変化であると捉えがちですが自分らしくあり続けることこそ重要で、それに気づかないながらも「何も足さず何も引かない」選択をしたひとりの姿は実にロックと言えるんじゃないかな。

 

そしてひとりが初めて仲間たちと音楽をやる意味について思い及び、はっきりとした答えは出なかったけどバンドをみんなと続けたいという気持ちだけは確実に走り出した大きな転換点となっていたのではないでしょうか。

その流れからの何か見えないものを突き抜けた解放感溢れるライブシーンが実に気持ちい!、ということでひとりはオーディションではいつもの様に上がらずに本来の「ギターヒーロー」として演奏することが出来たのでありました。

店長の星歌にライブ出演のOKをもらうことが出来た結束バンドでしたが、早速ひとりにはチケットのノルマ販売という次なる試練が!?。友達いないから今までの中で一番ハードルが高いんじゃない(笑)、人気者の喜多さんがひとりの分のチケットも捌きそうではありますが・・・果たして?。

 

ひとりが緊張のあまり嘔吐する場面が実写のダム放流の場面になっていたりとギャグシーンの演出は相変わらずキレッキレなんですが、今回ビックリしたのがライブ演奏シーンですね。一見CGみたいに見えますが手書き?なのでしょうかね。どちらであっても手間がかかっているのは一目瞭然で非常にクオリティが高い!。

ギターやベースを演奏する手元はCGじゃ無理なのでやっぱり手書きなのかな・・・某きらら軽音アニメとタメをはれる感じです。

 

 








ぼっち・ざ・ろっく! グッズ情報

原作コミック


ブルーレイ


主題歌


 

 

 放送局・配信情報

TOKYO MX 10/8(土) 24:00〜
BS11 10/8(土) 24:00〜
群馬テレビ 10/8(土) 24:00〜
とちぎテレビ 10/8(土) 24:00〜
放送局 放送開始日 放送時間
MBS 10/8(土) 27:08〜
RKB毎日放送 10/13(木) 27:00〜
MRT宮崎放送 10/8(土) 25:28〜
AT-X 10/10(月) 22:30~

配信
地上波同時・最速配信:10/8(土) 毎週土曜日24:00~ ABEMA




一般配信: 10/11(火) 毎週火曜日12:00~

Netflix
dアニメストア
dアニメストアfor Prime Video 10/11
dアニメストアニコニコ支店
U-NEXT
アニメ放題
Amazon Prime Video
バンダイチャンネル
Hulu
ひかりTV
FOD
GYAO!
ニコニコチャンネル
ニコニコ生放送
WOWOWオンデマンド
TELASA
JCOM:オンデマンド
みるプラス-見放題パック
auスマートパスプレミアム
Video Market
music.jp
GYAO!ストア




スタッフ・CAST声優

スタッフ
原作:はまじあき(芳文社「まんがタイムきららMAX」連載中)
監督:斎藤圭一郎
シリーズ構成・脚本:吉田恵里香
キャラクターデザイン・総作画監督:けろりら
副監督:山本ゆうすけ
ライブディレクター:川上雄介
ライブアニメーター:伊藤優希
プロップデザイン:永木歩実
2Dワークス:梅木葵
色彩設計:横田明日香
美術監督:守安靖尚
美術設定:taracod
撮影監督:金森つばさ
CGディレクター:宮地克明
ライブCGディレクター:内田博明
編集:平木大輔
音楽:菊谷知樹
音響監督:藤田亜紀子
音響効果:八十正太
制作:
CloverWorks

 

CAST声優
後藤ひとり:青山吉能
伊地知虹夏:鈴代紗弓
山田リョウ:水野朔
喜多郁代:長谷川育美