ワンダーエッグ・プライオリティ 第5話「笛を吹く少女」感想・作品情報まとめ

ガールズトークで本音を語り合い友情が生まれた4人でしたがリカの「もう卵を割るのを止めよう」という提案に、その理由が妹を生き返らせる為ではなく自分にあるねいるはグループを離脱します!。ところで小糸ちゃんが自殺したのは誰のせい?ひょっとしたらその理由にアイは気づいているのかも・・!?。

・2021年冬アニメ『ワンダーエッグ・プライオリティ』第5話「笛を吹く少女」視聴感想・作品情報等を書いています。作品をもう少し楽しんでいただく一助となれば幸いです。

前回の感想

Hi.アニ!

卵を割る第4の少女・沢木桃恵が登場!凛々しく中性的な美しさを持つ彼女ですが、その外見には大きなコンプレッ […]…

第5話【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第5話 あらすじ

エッグをきっかけに出会い、友情を深めていくアイ・ねいる・リカ・桃恵の4人。日々戦いに臨む4人の中でも、ねいるは人一倍多くの戦いに身を投じ、様々な思いを抱えた少女たちと出会ってきた。物事を冷静に、論理的にとらえてしまうため、彼女たちの思いをうまく理解できずにいたねいる。ある日、ねいるはリカ・桃恵と共にアイの家に遊びに行くことになるのだが……。(HP引用)
脚本:野島伸司 絵コンテ:牛嶋新一郎 演出:牛嶋新一郎 作画監督:助川裕彦
アニメ視聴感想(第5話)

前回のお話しで仲良くなった4人はアイの家に集まってキャッキャウフフなガールズトークに花が咲きます!。その中ではアイの親友・小糸ちゃんと教師の沢木の関係に踏み込むなど際どい話題も出てきたりして、本音を語り合う4人の距離はすごく近いものとなり友情が生まれます。

自分が可愛くあるのが信条のリカがブサイクな変顔をかましたり、そのリカにくすぐりを入れられて笑いを堪え切れずねいるが吹き出したりと彼女たちの変化には見ていて思わずニッコリ。ところで桃恵と教師の沢木修一郎ですが察していたとおり親類関係にあるようで、小糸ちゃんの死が明かされる過程でなにか一波乱あるような気がします。

小糸ちゃんは修一郎に妊娠させられその末に自殺したのでは!?と勘ぐるリカに沢木の性格を知っている桃恵はそんな事はないと全力で否定していましたが、これはしっかりと「フラグ」が立ってしまった感じでしょうかね。

楽しい時間を過ごす4人でしたが、この関係を失いたくないリカは卵を割ってワンダーキラーと戦う危険な行為をもう止めるべきと皆に提案します。突き詰めて言えば友達が自殺したのはそれぞれに責任があるわけではく、命をかける必要があるのか?と・・。

戦いたくない!というこの展開には結構ビックリで過去の友情より今の友人を大切に思う気持ちが勝る、というのは確かにそうなのかも。

でもねいるは自分が戦う理由は死んだ妹を生き返らせるためではなく、妹から刺された体の傷を癒すためと目的が自身にあることを明かし3人の元から離れていくのです。そういえばアイや桃恵(多分リカも?)と違ってねいるは卵の中の少女から「武器」をもらって戦ってはいません。

友情が生まれることで勝利する他の3人とはワンダーキラーを倒すまでの過程が違うのですよね。

そしてそれが伴わない結果にはいずれ死が待っていることを暗示しているかのような場面でねいるの戦いは終わります。勝利を祝う花火が上がりますが、自己の為だけの戦いは何の感情も呼び起こさず只虚しさだけが残るのです・・。

卵を割るのを反対していたリカですが、友人となったアイや桃恵の為に結局は卵を割り続けることを決めた・・という事でいいのかな?。ねいるは仲間に入れてほしそうにこっちを見ています(笑)。孤独に戦うねいるのピンチに3人が駆けつけて友情復活!という展開を希望したいですが、それだとあまりにも安易すぎるかな?。

次のお話しではねいるは何故に妹に刺されたという理由も描かれそうな気がして相変わらず続きが気になる描き方は上手いですね。ということで来週の放送も楽しみです。

ねいるの武器(コンパス)は狙撃銃や剣になったりとその形状を変えていましたが、それはねいるの経験値が高いから?。ところで話は変わりますがそれぞれの友達自殺に責任を感じる必要はないとリカは力説していましたが、たぶんその原因は各々にあるような気がします。

もちろん自殺してほしいと願ったわけではありませんが、少なくとも桃恵とリカに関してはその行動が直接の原因と考えられるわけで。小糸ちゃんとねいるの妹も多分そうなんじゃないのかな?、となると先に書いた「沢木修一郎の黒幕説」は否定されるわけなんですけど・・。

ひょっとしたらアイは小糸の自殺の本当の理由に心当たりがあるのかも?。小糸ちゃんを生き返らせたい目的が、なぜ自殺したのかその理由を本人に聞きたいというのがちょっと引っかかるのですよね。という事で考えるとねいるも妹に刺された理由はちゃんと分かっているのだと思います。

『ワンダーエッグ・プライオリティ』twitterまとめ&商品紹介 (2021.2.9)

ワンダーエッグ・プライオリティ 関連商品

『ワンダーエッグ・プライオリティ』放送・配信情報

放送局

日本テレビ:毎週火曜/ 25:29~
札幌テレビ:毎週火曜/26:34~
山口放送:毎週木曜/25:29〜
中京テレビ:毎週土曜/25:59~
ミヤギテレビ:毎週木曜/25:39〜
福岡放送:毎週木曜/26:10~
南海放送:毎週土曜/25:25〜
読売テレビ:毎週月曜/25:59~
日本海テレビ:毎週月曜/26:05~
テレビ金沢:毎週水曜/25:34〜
青森放送:毎週金曜/25:56〜
BS日テレ:毎週水曜/25:00~
日テレプラス(CS放送):2月7日2/7(日)24:30~#1 2/14(日)24:00~#1、24:30~#2 2/21(日)24:00~#2、24:30~#3

配信

アマゾンプライム・Hulu・U-NEXT等で配信

 スタッフ・CAST

STAFF

原案・脚本:野島伸司
監督:若林信
キャラクターデザイン・総作画監督:高橋沙妃
コンセプトアート:taracod
副監督:山﨑雄太
アクションディレクター:川上雄介
コアアニメーター:小林恵祐
ゲストキャラクターデザイン:久武伊織
プロップデザイン:井上晴日
モンスターデザイン:小林麻衣子
ミテミヌフリデザイン・アニメーション:大鳥
武器デザイン:絵を描くPETER
アニメーション武器デザイン:けろりら
色彩設計:中島和子
美術監督:船隠雄貴
撮影監督:荻原猛夫
3DCG:Boundary
編集:平木大輔
音響監督:藤田 亜紀子
音楽:DÉ DÉ MOUSE ミト(クラムボン)
音響効果:古谷友二
企画プロデュース:植野浩之(日本テレビ)中山信宏(アニプレックス)
制作:CloverWorks
製作:WEP PROJECT
主題歌:アネモネリア

CAST

大戸アイ:相川奏多
青沼ねいる:楠木ともり
川井リカ:斉藤朱夏
沢木桃恵:矢野妃菜喜
アカ:内田夕夜
裏アカ:高橋広樹
大戸多恵:白石晴香
長瀬小糸:田所あずさ