はたらく細胞BLACK 第10話「胃潰瘍、友情、喪失。」感想・作品情報まとめ

メルトダウン寸前の胃という危険な現場での酸素運搬で無二の親友を失ってしまう赤血球、これはもう働けない・・精神的に辛すぎます。

・2021年冬アニメ『はたらく細胞BLACK』第10話「胃潰瘍、友情、喪失。」視聴感想・作品情報等を書いています。作品をもう少し楽しんでいただく一助となれば幸いです。

前回の感想

Hi.アニ!

最悪の体内環境で数を減らしていく細胞たち!そんな中で赤血球AA2153は自分にのしかかる責任の重圧で遂に […]…

第10話【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第10話 あらすじ

赤血球たちに緊急招集が掛かる。持てる限りの酸素を持って現場へと向かった赤血球たちの眼前に広がっていたのは、潰瘍を起こし、大きな亀裂ができた胃だった。漿膜(しょうまく)まで穴が空いてしまったら最後、胃がメルトダウンしてしまう。胃酸が噴き出し、いつ命を落としてもおかしくない状況で、赤血球たちは必死に酸素を運ぶ。しかし胃粘膜は次々はがれ、炎症が進行していく。そんな最悪の環境の中、ついに『奴』が現れる。(HP引用)

 

感想(第10話)

胃潰瘍でメルトダウン寸前という危険な現場で酸素の運搬に臨んだ赤血球たちでしたが、胃潰瘍の大きな原因であるピロリ菌の出現で胃壁は崩壊!。足を怪我して走れなくなった赤血球AA2153を庇って同僚のAC1677は胃の中に落下していきます。

同僚で無二の親友の死えを間近に見たAA2153は激しい喪失感に襲われ遂に働くことを辞めるのです・・。

友人のこんな最後の表情を見てしまったら夢に出てきて一生寝れないはず・・この顔はキツイな。そして仲間が死んだというのに何事も無かったように只黙々と仕事を進めていく細胞たちの姿が残酷なのです。

本家の『はたらく細胞』では絶対に描かれることがない超絶鬱展開だ(笑)。

とどめの「人が足りないからさっさと世出勤しろ!」コールで素晴らしきブラック世界が完成だ・・。そしてお話しとしてはここからAA2153が復活するという展開になるのでしょうけどそれってハッピーなことなのかな?。

取り方によっては赤血球が立ち直ればそれはある意味バッドエンドなのかも・・心を誤魔化し心を殺してブラックを肯定し生き続けていく。それはまさに生き地獄です。

なんて思っていたら次回予告では真面目なAA2153が叛乱を起こしているまさかの姿!?これは胸がスッとする展開なのでは!!(笑)。と期待しつつ来週の放送を待ちたいと思います。

 

『はたらく細胞BLACK』twitterまとめ&商品紹介 (2021.2.27)

■『はたらく細胞BLACK』関連商品  

原作コミック

ブルーレイ

OP/ED主題歌

『はたらく細胞BLACK』放送・配信情報

放送局

TOKYO MX:毎週(土)24:00~
とちぎテレビ:毎週(土)24:00~
群馬テレビ:毎週(土)24:00~
BS11:毎週(土)24:00~
MBS:毎週(土)24:00~
テレビ愛知:毎週(火)27:05~
北海道放送:毎週(日)25:55~
RKB毎日放送:毎週(日)25:50~
AT-X:毎週(日)21:30~※リピート放送:毎週(水)29:00/毎週(日)6:30

配信

アマゾンプライム・NETFLIX・Hulu・U-NEXT等で配信

 スタッフ・CAST

STAFF

原作:原田重光 初嘉屋一生 清水茜(講談社「モーニング」連載)
監督:山本秀世
シリーズ構成・脚本:森ハヤシ
キャラクターデザイン:安彦英二
メカニックデザイン:氏家嘉宏
アクションエフェクト作画監督:神谷智大
美術監督:佐藤正浩 塚原千晶
美術監督補佐:大田麻友香
色彩設計:岡亮子
3DCGIディレクター:原一晃(旭プロダクション)
撮影監督:髙津純平
撮影監督補佐:高村真実
編集:長谷川舞
音響監督:田中亮
音響効果:北方将実
音響制作:スタジオマウス
音楽:菅野祐悟
音楽制作:アニプレックス
アニメーション制作:ライデンフィルム

CAST

赤血球(AA2153):榎木淳弥
赤血球(AC1677):KENN
白血球(1196):日笠陽子
白血球(8787):Lynn
白血球(1212):内山夕実
主細胞:鳴海崇志
血小板:久保ユリカ
マクロファージ:椎名へきる
肝細胞:ブリドカット セーラ 恵美
脳細胞(司令):平川大輔
ナレーション:津田健次郎