はたらく細胞BLACK 第9話「異変、水虫、働く意味。」感想・作品情報まとめ

最悪の体内環境で数を減らしていく細胞たち!そんな中で赤血球AA2153は自分にのしかかる責任の重圧で遂におかしくなり!?。これぞブラック労働!そして現実はアニメとは違い誰も助けてくれることはない・・最後はただ潰れるのみ。

・2021年冬アニメ『はたらく細胞BLACK』第9話「異変、水虫、働く意味。」視聴感想・作品情報等を書いています。作品をもう少し楽しんでいただく一助となれば幸いです。

前回の感想

Hi.アニ!

エコノミークラス症候群により発生した血栓が肺動脈を塞いで血流を止め、体内世界は死の危機に直面!、今まで助 […]…

第9話【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第9話 あらすじ
白血球たちがどこにもいない。明らかな異常事態が起きている体内に困惑する白血球(1196)。赤血球(AA2153)は、ますます不健康化が進む体の状況を心配しつつも、酸素を運び続けていた。
そんな中、偶然新人赤血球達の研修に遭遇する。いい機会だからと最近活躍をしている赤血球(AA2153)は、教育係に任命され、新人と共に酸素を運ぶことになった。
だが、後輩たちの分も頑張らなければと気負う赤血球(AA2153)は、休みも取らず働き続けてしまい……。(HP引用)

 

感想(第9話)

劣悪な体内環境のせいで数を減らしていく細胞たち。まさに現実世界のブラック企業と同じように人が減った分仕事は増え、残った者は過重労働スパイラルに飲み込まれることに!。責任を自覚し黙々と仕事をこなしていくも少数で白癬菌を相手にする白血球たちの姿を見た赤血球AA2153は堪らず後輩たちに叫びます。

「休まないで働くんだ!!」。

今回のお話しはコロナで社会が疲弊しきっているまさに今の状況を描いている気がします。いや、色んな企業でリストラが大きく進んでいる等を考えると現実はもっともっと厳しいのかも・・。

今回のエピソードでは切羽詰まって周りが見えなくなった赤血球AA2153を同僚のAC1677がしっかりサポートしていましたが、他人のことを気遣っている場合ではないし、そもそもサボって息抜きしている人間から切られるという厳しい現実が(泣)。

真面目に働けば潰されて働かなければ解雇され・・ハッピーエンドで終わった今回のお話しでしたが、私にはバッドエンドが見えた気がして胸が痛いばかり。

今までで一番赤血球AA2153の心が真に迫っていて個人的にはまさに神回!。悲しいけどこれ作り話じゃなくて現実なのよね・・という感想しか思い浮かばない今回のエピソードでしたが、最終回はきっとハッピーエンドで終わるのでしょうね、たぶん。

風刺を込める意味でいっそ最後はバッドエンドにして欲しいと思ったりもしますが、それでは後味が悪すぎてあんまりかな?(笑)。

うしろ向きな事ばっかりを書いてしまいますが、同僚AC1677の「歩みを止めて休むべし」という助言って本当は助けになっているのかな?。現実に置き換えればこれは問題の解決ではなく、ただ一時保留しているだけに思えるのですが・・。

溺れて必死にもがいている人間に「ここは一休みしてまた頑張ろうよ!」というアドバイスを与えることは、やがて水に飲まれ死ぬ結果へと誘導しているだけなのかも。

激流を泳ぎ切ればそれは素晴らしい事だとは思いますが、途中で死んだら終わりです・・過労死にしろ自殺にしろ命の残機数は常に一つなのです。極論ですが泳ぐという選択肢は捨て生きるための別の方法を探ってみたほうがいいのでは?。

赤血球は赤血球としてしか生きられませんが、幸いなことに私たちは生き方を選ぶことが出来るのですから。追い込まれた状況であれば尚更、そう思います。

 

『はたらく細胞BLACK』twitterまとめ&商品紹介 (2021.2.20)



■『はたらく細胞BLACK』関連商品  

原作コミック

ブルーレイ

『はたらく細胞BLACK』放送・配信情報

放送局

TOKYO MX:毎週(土)24:00~
とちぎテレビ:毎週(土)24:00~
群馬テレビ:毎週(土)24:00~
BS11:毎週(土)24:00~
MBS:毎週(土)24:00~
テレビ愛知:毎週(火)27:05~
北海道放送:毎週(日)25:55~
RKB毎日放送:毎週(日)25:50~
AT-X:毎週(日)21:30~※リピート放送:毎週(水)29:00/毎週(日)6:30

配信

アマゾンプライム・NETFLIX・Hulu・U-NEXT等で配信

 スタッフ・CAST

STAFF
原作:原田重光 初嘉屋一生 清水茜(講談社「モーニング」連載)
監督:山本秀世
シリーズ構成・脚本:森ハヤシ
キャラクターデザイン:安彦英二
メカニックデザイン:氏家嘉宏
アクションエフェクト作画監督:神谷智大
美術監督:佐藤正浩 塚原千晶
美術監督補佐:大田麻友香
色彩設計:岡亮子
3DCGIディレクター:原一晃(旭プロダクション)
撮影監督:髙津純平
撮影監督補佐:高村真実
編集:長谷川舞
音響監督:田中亮
音響効果:北方将実
音響制作:スタジオマウス
音楽:菅野祐悟
音楽制作:アニプレックス
アニメーション制作:ライデンフィルム

CAST
赤血球(AA2153):榎木淳弥
赤血球(AC1677):KENN
白血球(1196):日笠陽子
白血球(8787):Lynn
白血球(1212):内山夕実
主細胞:鳴海崇志
血小板:久保ユリカ
マクロファージ:椎名へきる
肝細胞:ブリドカット セーラ 恵美
脳細胞(司令):平川大輔
ナレーション:津田健次郎