BEASTARS 第20話「光を浴びたらシルエットの違いを笑おう」感想・作品情報まとめ (第2シーズン)

湧きあがる肉食・草食の共存共栄の動きに心を揺らす雌オオカミのジュノ、そんな時レゴシを巡る恋敵であるウサギのハルと一緒の時間を過ごすことになって・・。本当は肉食より草食獣の方が強く逞しい?、そして表面だけしか見ていない決めつけの価値観は逆に不平等を産むのかも。

・2021年冬アニメ『BEASTARS(ビースターズ)』第20話(第2期)「光を浴びたらシルエットの違いを笑おう」視聴感想・作品情報等を書いています。作品をもう少し楽しんでいただく一助となれば幸いです。

前回の感想

Hi.アニ!

なぜに自分のアゴの力は弱くなった?と疑問に思うレゴシがティム食殺の犯人を突き止める急展開に!。「本当の自 […]…

 

第20話「光を浴びたらシルエットの違いを笑おう」【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第20話 あらすじ

演劇部3年・イケてるヒョウのシイラ先輩には、SNSの悩みがあった。草食獣のクラスメイトが自分といっしょに写真を撮りたがるのは、仲良くしたいからではなく、『草食獣と肉食獣が仲良さそうな写真』で「いいね」を稼ぎたいからだと気づいてしまったのだ。(HP引用)

アニメ視聴感想(第20話)

雌ヒョウのシイラやジュノの姿を通じて彼女ら肉食の揺れる心が描かれた今回のBEASTARS。演劇部での事故の件をきっかけに肉食・草食の共存共栄が叫ばれる中、本当は互いに大きな壁を築いているのを彼女たちは知っているのです。

草食は弱く守られなければならない存在という価値観に逆に不平等さを感じストレスを溜めていくシイラとジュノですが、草食と深く関わったことで彼女たちは草食の一面しか見ていなかったことに気づくのです。

でもシイラが羊のピーチとインスタの「いいね」目的ではなく本当の友人になったのに対し、ジュノは兎のハルに敵わないことを痛感する結末に。それはジュノが恋に破れたとも言える訳で・・劇中でハッキリとは描かれなかったのですがジュノのレゴシへの想いは見事砕け散ったと言ってよいでしょう。

一方そのレゴシは修行のためアゴの力が弱くなった代わりに手足の強さという草食獣の特性を手に入れます。牙や爪が無ければ肉食は弱い存在ということで、この場面でも実は物事の本質はこうなんだ!というのが描かれていましたね。

そしてとどめは草食獣の精力増強のために逆に捕食されるアリゲーターさんの場面(笑)。表面だけの姿やまかり通っている価値観ではどちらが強者であるか決めることは出来ないのです。

ルイに自分の借金のカタの部位を見せ「俺たちは似ています」と言うイブキのシーンが実に染みる。幼い頃を食材として過ごしたルイとイブキは同じ境遇だった・・自身の弱さを見せると言うことがルイに対するイブキの信頼の大きさを表している場面ですが、これが闇の世界で生きていくことを決めたルイの決意を更に強くするものとなるのです。

一皮むけば誰も皆同じで本当の不平等って一体何?と現実世界での運動を揶揄しているようにも思えた今回のお話しでしが、何か気になることが置き去りにされているような?。そう!食殺事件の犯人であるヒグマのリズの件です。

彼の起こした食殺事件がこの物語のスタートとなっているので、それをこれからどう畳んでいくのか?が見どころになるのだと思います。それには当然ルイも絡む必要があって・・第2シーズンの残り話数を考えると丁度いい感じで終わる事となりそうですね(笑)。

 

『BEASTARS』twitterまとめ&商品紹介 (2021.2.25)

【Amazon.co.jp限定】怪物 / 優しい彗星 (期間生産限定盤) (メガジャケ付)

■『BEASTARS』関連商品  

『BEASTARS』原作コミック

『BEASTARS』放送・配信情報

放送局

フジテレビ:毎週水曜日 24時55分~
関西テレビ:毎週木曜日25時55分~
東海テレビ:毎週土曜日25時45分~
テレビ西日本:毎週水曜日25時55分~
北海道文化放送:毎週日曜日25時10分~
BSフジ:毎週水曜日24時~

配信

第2期はNETFLIXで独占配信

第1期はNETFLIX・Amazon prime等で配信中

 スタッフ・CAST

STAFF

原作:「BEASTARS」板垣巴留(秋田書店少年チャンピオン・コミックス刊)
監督:松見真一
脚本:樋口七海
キャラクターデザイン:大津直
CGチーフディレクター :井野元英二
美術監督:春日美波
色彩設計:橋本賢
撮影監督:蔡伯崙
編集:植松淳一
音楽:神前暁(MONACA)
制作:オレンジ

CAST

レゴシ(ハイイロオオカミ):小林親弘
ハル(ドワーフウサギ):千本木彩花
ルイ(アカシカ):小野友樹
ジュノ(ハイイロオオカミ):種﨑敦美
ジャック(ラブラドールレトリバー):榎木淳弥
ミグノ(ブチハイエナ):内田雄馬
コロ(イングリッシュシープドッグ):大塚剛央
ダラム(コヨーテ):小林直人
ボス(フェネック):下妻由幸
カイ(マングース):岡本信彦
サヌ(ペリカン):落合福嗣
ビル(ベンガルトラ):虎島貴明
エルス(アンゴラヒツジ):渡部紗弓
ドーム(クジャク):室元気
キビ(アリクイ):井口祐一
シイラ(ヒョウ):原優子
アオバ(ハクトウワシ):兼政郁人
エレン(シマウマ):大内茜
ミズチ(ハーレクインウサギ):山村響
レゴム(ニワトリ):あんどうさくら
ピナ(ドールビッグホーン):梶裕貴