バック・アロウ 第9話「愛を語る唇はなぜ牙を隠すのか」感想・作品情報まとめ

医師ソーラから明かされる自分の正体とフィーネ姫との過去、そして姫の秘密をアロウたちが知った為に歓迎から一転エッジャ村の人々は牢に捕らわれることに。そんな時突然のリュートへの宣戦布告に姫のはしたない本当の顔がバレてしまい!?・・これはもう「壁」どころじゃないね(笑)。

 

・2021年冬アニメ『バック・アロウ』第9話「愛を語る唇はなぜ牙を隠すのか」視聴感想・作品情報等を書いています。作品をもう少し楽しんでいただく一助となれば幸いです。

前回の感想

Hi.アニ!

リュート卿和国の皇女卿・フィーネ・フォルテに招かれその寛大な愛に感激するエルシャをはじめとしたエッジ村の […]…

第9話「愛を語る唇はなぜ牙を隠すのか」【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第9話 あらすじ

フィーネ姫には凶暴なもう一つの人格があった。その事実を知ったアロウ達を始末しようとするプラーク。彼らの窮地を救ったのは、グランエッジャの医師・ソーラだった。実はソーラはプラークの兄であり、フィーネの秘密を知るリュート卿和国の貴族だったのだ。ソーラはグランエッジャがフィーネの治療の糸口になる可能性を説くが、プラークは聞く耳を持たない。
何とかその場から逃げ出したアロウ達だったが、今度はエッジャの村人たちがリュートに捕らわれてしまう。悲しむフィーネのもとに、突然レッカ凱帝国から連絡が入る。それは、リンガリンドの支配を狙うゼツ凱帝からの宣戦布告だった。(HP引用)

脚本:中島かずき 絵コンテ:須永 司 演出:板庇 迪 作画監督:石井 舞、宮島 彩

感想(第9話)

生身でブライハイトを倒してしまう程の戦闘力を持つゼツ凱帝から突然の宣戦布告を受けるフィーネ姫、しかし戦うかそれとも降伏するのかという決断を迫られているこの一大事にはしたない本当の素顔を晒してしまうのです。

アロウが世界壁を突破する為にはリュート卿和国の持つ科学力を利用することが不可避なのですが、姫が二重人格であることを隠すためにエッジャ村の人々も捕らえられて、もう壁どころではない展開に!。

今回のお話しでは医師ソーラが元貴族でプラークの兄である事と、フィーネ姫が二重人格者となった経緯と何故自分がリュートを逃げ出したのかという説明がさえていたのですが・・なんか嘘っぽく感じたのは私だけかしら?。

いくらなんでも鳥と間違えてハングライダーを狙撃するかな・・「ギアス」にかけられていたとか?(笑)。何となくですが、ソーラは姫が狂暴な二重人格者である事を最初から知っていて彼女のことを殺そうとしたのでは?なーんて考えてみたりもします。

もしそうだとしたら姫を深く慕っているプラークに狂暴な人格の方のが本来のフィーネ姫とは口が裂けても言えないですな・・でも下手したら妹も死ぬかもしれない殺し方は流石にしないか。まあこれは私の妄想なので、ソーラの語ったことが本当かどうかはこれからの展開を待つとしましょう。

まあリュートにとってはフィーネが狂暴なお姫さまだったのは逆に不幸中の幸いなのかも(笑)。それにしても凱帝レツ・ダイダンとフィーネ姫が結局は同じタイプの人間で、すさまじい闘争心を内に隠しもっていた・・というのが面白いですね。

フィーネも表の綺麗な言動とは裏腹に強大な権力を行使し様々な物事を推し進めてきたのはおそらく間違いない訳で。

シュウは二大陣営の指導者が本質は全く同じである事を見抜いてアロウに付ついたのかもしれませんね。ただ力を拠り所として国を統べるこの二人の指導者では貧しく弱い者が救われる世界を作ることは出来ない、そうシュウは考えたのかも。

・・なーんてまた妄想が先走ってしまった(笑)今回のお話しでありました。そしてもちろん来週の放送がとても楽しみです。

 

『バック・アロウ』twitterまとめ (2021.3.5)

「バック・アロウ」 関連商品

ブルーレイ

OP/ED主題歌

『バック・アロウ』放送・配信情報

放送局

TOKYO MX:毎週(金)24:00~
群馬テレビ:毎週(金)24:00~
とちぎテレビ:毎週(金)24:00~
BS11:毎週(金)24:00~
ABCテレビ:毎週(土)26:30~
AT-X:毎週(月)21:00~

配信

アマゾンプライム・Hulu・U-NEXT等で配信

 スタッフ・CAST

STAFF

監督:谷口悟朗
シリーズ構成・全話脚本:中島かずき
キャラクター原案:大高 忍
キャラクターデザイン・総作画監督:菅野利之
ブライハイトデザイン:天神英貴
CGアクションスーパーバイザー:山根理宏
音楽:田中公平
CG制作:ダイナモピクチャーズ
撮影:チップチューン
背景:スタジオワイエス
アニメーション制作:スタジオヴォルン

CAST

バック・アロウ:梶 裕貴
アタリー・アリエル:洲崎 綾
エルシャ・リーン:小澤亜李
ビット・ナミタル:小野賢章
カイ・ロウダン:置鮎龍太郎
シュウ・ビ:杉田智和
レン・シン:潘めぐみ
フィーネ・フォルテ:小清水亜美
プラーク・コンラート:小松未可子
バーク・リーン:河本邦弘
ソーラ・アシン:関 智一
アニー:上田麗奈
ジム:松本沙羅
トム:永瀬アンナ
サム:長縄まりあ
ゼツ・ダイダン:堀内賢雄
テイ・ホウワ:三宅健太
バイ・トウアツ:稲田 徹
ゴウ・ザンガ:檜山修之
バラン・スジータ:間宮康弘
ピース・グリンハウス:遠近孝一
デマイン・シャフト:北沢 力