バック・アロウ 第5話「今日は昨日の明日なのか」感想・作品情報まとめ

無二の親友で最強の敵となったカイ・ロウダンと対決するシュウ、無敵のカイに頭脳戦を仕掛けるシュウの姿はまるでジ〇セフ・ジョー〇ター!?。なぜ杉田さんがキャスティングされたのかよく分かったのでありました!!(笑)。

・2021年冬アニメ『バック・アロウ』第5話「今日は昨日の明日なのか」視聴感想・作品情報等を書いています。作品をもう少し楽しんでいただく一助となれば幸いです。

前回の感想

Hi.アニ!

シュウとカイ、幼少の日に交わした覇道への誓い!でもあっさり寝返るシュウなのです(笑)。…

第5話「今日は昨日の明日なのか」【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第5話 あらすじ

共に貧しい北の村の出身で奴隷階級から成り上がったシュウとカイ。二人の間には、より良き国を作るという「北壁の誓い」があった。
しかし、シュウはその誓いを果たさぬままレッカ凱帝国を棄てグランエッジャにその身を寄せる。真意を確かめようとせまるカイに、シュウは返す。国ではなく世界を変える、そのために必要なのは君ではなくバック・アロウなのだと。
決裂する二人。カイはギガンで戦闘を始めようとするが、シュウの策略によって撤退を余儀なくされる。
昨日と変わらないはずだった今日。カイとシュウにとって、その意味はすでに別のものになっていた。(HP引用)
脚本:中島かずき 絵コンテ:谷口悟朗 演出:吉田大輔 作画監督:石井 舞 作監補佐:宮島 彩

感想(第5話)

シュウの裏切りを知り城塞艦グラン・エッジャを襲撃するカイ・ロウダン(CV.置鮎龍太郎)、彼の信念から生まれる無敵の戦闘力にさすがのアロウも歯が立たずで・・。しかしシュウはカイの心理を読んだ頭脳戦を仕掛けこの窮地を脱するのです。

と書けば聞こえはいいですが、要は計算しつくされたハッタリな訳で(笑)。この戦い方は某奇妙な冒険の主人公ジョセフ・ジョースターを思い出させるもので、なぜ杉田さんがシュウにキャスティングされたのかよーく分かりました(笑)。

それにしても覇権を握り国を変えるというカイに対し、この世界自体をまるごと変えるというシュウのビジョンの大きさたるや・・既存の概念に囚われない事がイノベーションをもたらすというわけです。

てっきりシュウはカイを仲間に引き入れるのでは?という展開を予想していたのですが、そうはならないよう上手く敵対する位置にカイを置いたのはこれもシュウに何かの考えがあっての事?。目的のために竹馬の友であるカイからアロウに鞍替えしたのは一見「信念が無い」ように見えますが、それを隠しているだけなのかもしれませんね。

カイを上手く煙に巻く事が出来たシュウですがその代わりに今度はかつての部下レン・シン(CV.潘めぐみ)と対決することに。カイ以上にお堅い彼女ですがシュウにしてみればカイに比べればちょろい相手なのかも(笑)。

二人の対決がどう描かれていくのかこれからの展開が楽しみです。

今回お話しが面白かったのは勿論なのですがキャラクターの作画もすごく力が入っているように感じました。今まで見せたことのないシリアスな表情をアロウが見せたりと一本調子ではなくお芝居に合わせ繊細且つ変化に富んだものとなっていたかと。

この作品深夜アニメとしてクオリティも高いのですが世の中的にあまり話題にされていない気が。ただし個人的にそう感じているだけなのかもしれませんが。今の視聴者は描こうとしているテーマや画のクオリティでは観る作品を選んでいないのかな・・?。

良い作品としての当たり前に出来ている事が、もしかして視聴者のニーズではないとすれば少し寂しくも感じます。

 

『バック・アロウ』twitterまとめ (2021.2.5)

 

「バック・アロウ」 関連商品

ブルーレイ

『バック・アロウ』放送・配信情報

放送局

TOKYO MX:毎週(金)24:00~
群馬テレビ:毎週(金)24:00~
とちぎテレビ:毎週(金)24:00~
BS11:毎週(金)24:00~
ABCテレビ:毎週(土)26:30~
AT-X:毎週(月)21:00~

配信

アマゾンプライム・Hulu・U-NEXT等で配信

 スタッフ・CAST

STAFF

監督:谷口悟朗
シリーズ構成・全話脚本:中島かずき
キャラクター原案:大高 忍
キャラクターデザイン・総作画監督:菅野利之
ブライハイトデザイン:天神英貴
CGアクションスーパーバイザー:山根理宏
音楽:田中公平
CG制作:ダイナモピクチャーズ
撮影:チップチューン
背景:スタジオワイエス
アニメーション制作:スタジオヴォルン

CAST

バック・アロウ:梶 裕貴
アタリー・アリエル:洲崎 綾
エルシャ・リーン:小澤亜李
ビット・ナミタル:小野賢章
カイ・ロウダン:置鮎龍太郎
シュウ・ビ:杉田智和
レン・シン:潘めぐみ
フィーネ・フォルテ:小清水亜美
プラーク・コンラート:小松未可子
バーク・リーン:河本邦弘
ソーラ・アシン:関 智一
アニー:上田麗奈
ジム:松本沙羅
トム:永瀬アンナ
サム:長縄まりあ
ゼツ・ダイダン:堀内賢雄
テイ・ホウワ:三宅健太
バイ・トウアツ:稲田 徹
ゴウ・ザンガ:檜山修之
バラン・スジータ:間宮康弘
ピース・グリンハウス:遠近孝一
デマイン・シャフト:北沢 力