バック・アロウ 第4話「天才は忘れた頃にやってくるのか」感想・作品情報まとめ

凱帝の命を受け城塞艦・グランエッジャを攻めるシュウの軍勢でしたが、手練れの傭兵たち「四界鬼隊」を倒したアロウの力を見極めたシュウはエッジャ勢に突然寝返って!?。その行動は幼い日にカイと交わした覇道達成という信念ゆえに?それとも好奇心という理由だけから?(笑)。

・2021年冬アニメ『バック・アロウ』第4話「天才は忘れた頃にやってくるのか」視聴感想・作品情報等を書いています。作品をもう少し楽しんでいただく一助となれば幸いです。

前回の感想

Hi.アニ!

新しい土地と引き換えにアロウをイキ合愁国へ差し出すビットたち、しかし厄介事を恐れた大統領は城艦は無かった […]…

第4話「天才は忘れた頃にやってくるのか」【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第4話 あらすじ

壁を目指すアロウとグランエッジャに、レッカ凱帝国のシュウは傭兵集団・四界鬼隊を引き連れ、本格的な攻撃を始める。4体のブライハイトを相手に苦戦するアロウ。ブライハイトでの戦闘経験が少ないアロウには打つ手がないかに思われたが、自分が信念を持たないことを逆手にとり、アロウにしかできない戦術・自己分身で四界鬼隊を倒すことに成功する。
しかしすぐに、無数のレッカ兵がグランエッジャを取り囲む。アロウたちには再び戦う力はほとんど残っておらず、とうとう絶体絶命かと思われたその時、突如シュウが兵士たちの武装を解除。グランエッジャに投降すると言いだすのだった。(HP引用)

脚本:中島かずき 絵コンテ:坂田純一 演出:尾之上知久 作画監督:MARUアニメーション

感想(第4話)

凱帝からの勅令を受けグランエッジャへの攻撃を始めるシュウの軍勢、その中心となるのが傭兵4人で構成された部隊・四界鬼隊でアロウのブライハイト・ムガとアタリのリュージュに「尽くし」づくしの攻撃を仕掛けてきます。

余談ですがこの四界鬼隊、元ネタとなっているのは80年代のTVアニメ「蒼き流星・SPTレイズナー」に登場する死鬼隊なのでは!?と思ったのは私だけでしょうか(笑)。

・・いや似ているのは名前の語感だけでゴステロさまみたいなイカレた奴はいない様でありましたが(笑)。

その四界鬼隊の攻撃を分身し撃退したアロウの姿を見てエッジャ勢に寝返ることを決めるシュウ、その行動は貧しかった幼少の時にカイと交わしたレッカ凱帝国への覇道の誓いから生まれた彼の信念からなのか・・それとも只単にアロウに対する好奇心からだけだったりして(笑)。

案外シュウもアロウと同じで己の「信念」というものを持っていないのかもしれません。

しかしビットをはじめエッジャの人たちがああそうですかと受け入れるはずもなく、シュウは自分の行動に対する信念を命をかけ証明することになりそうです。壁を越える事は「世界の破壊」と同義だと言うシュウですが親友であるカイとの友情も破壊しちゃう覚悟なの?、来週の展開が楽しみです。

シュウがアロウの側についたことでエンディングもそれに合わせたものに変っていました。オープニングもお話しが進むにつれ少しづつ変わっているので、キャラクターの関係性の変化によってこれからもOP/EDとも変わり続ける事になりそうです。

『バック・アロウ』twitterまとめ (2021.1.29)

 

「バック・アロウ」 関連商品

ブルーレイ

『バック・アロウ』放送・配信情報

放送局

TOKYO MX:毎週(金)24:00~
群馬テレビ:毎週(金)24:00~
とちぎテレビ:毎週(金)24:00~
BS11:毎週(金)24:00~
ABCテレビ:毎週(土)26:30~
AT-X:毎週(月)21:00~

配信

アマゾンプライム・Hulu・U-NEXT等で配信

 スタッフ・CAST

STAFF

監督:谷口悟朗
シリーズ構成・全話脚本:中島かずき
キャラクター原案:大高 忍
キャラクターデザイン・総作画監督:菅野利之
ブライハイトデザイン:天神英貴
CGアクションスーパーバイザー:山根理宏
音楽:田中公平
CG制作:ダイナモピクチャーズ
撮影:チップチューン
背景:スタジオワイエス
アニメーション制作:スタジオヴォルン

CAST

バック・アロウ:梶 裕貴
アタリー・アリエル:洲崎 綾
エルシャ・リーン:小澤亜李
ビット・ナミタル:小野賢章
カイ・ロウダン:置鮎龍太郎
シュウ・ビ:杉田智和
レン・シン:潘めぐみ
フィーネ・フォルテ:小清水亜美
プラーク・コンラート:小松未可子
バーク・リーン:河本邦弘
ソーラ・アシン:関 智一
アニー:上田麗奈
ジム:松本沙羅
トム:永瀬アンナ
サム:長縄まりあ
ゼツ・ダイダン:堀内賢雄
テイ・ホウワ:三宅健太
バイ・トウアツ:稲田 徹
ゴウ・ザンガ:檜山修之
バラン・スジータ:間宮康弘
ピース・グリンハウス:遠近孝一
デマイン・シャフト:北沢 力