GREAT PRETENDER 第23話(最終回)「CASE4-9 ウィザード・オブ・ファー・イースト」【感想・作品情報まとめ】

魂の束縛を「許す心」で解かれ自由になるエダマメとローラン!、そして一仕事を終えた役者(コンフィデンスマン)たちの更なる大舞台を予感させるラストが実にお洒落で爽快です!。しかし・・最後の最後で更にどんでん返しを予感させる本当の結末に、視聴者はもちろん登場人物全員騙されていた?。

・TVアニメ『GREAT PRETENDER』第23話「CASE4-9 ウィザード・オブ・ファー・イースト」の視聴感想・作品情報等を書いています。作品をもう少し楽しんでいただく一助となれば幸いです。

※全文において「ネタバレ要注意」です

前回の感想

Hi.アニ!

ローランが暴走しエダマメが裏切るクライマックスの真の結末は・・ドリフ的なこれぞ本当のオチ!。視聴者は皆、思わずズッコーン…

CASE4-9 ウィザード・オブ・ファー・イースト【第23話ストーリー】(※ネタバレあり)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第23話 あらすじ

長い年月を費やしたミッションはビルの崩壊と共に終わりを迎えた。頑なだったエダマメの心を変えたのは、母親と『或る詐欺師』の言葉だった。復讐を終えた一同は…(HP引用)

第22話 感想 ※ネタバレ注意

最終回となる今週のお話しは、まず前回の仕掛けの種明かしから始まるのですが・・。ハリボテの朱雀連合会のビルが何故アケミや劉たちにバレなかったのか?のトリックの答えは睡眠薬を使うという案外チープなもの。

そして計画の狙いの中に組み込まれていたのかまでは分かりませんが、張りぼてビルが建てられていた孤島でいがみ合っていた朱雀連合会と上海龍虎幇はサバイバルのため共同作業をするはめに。両組織のトップであるアケミと劉が和解するという場面までは描かれていませんでしたが・・まあそういう事なのでしょう

そういえば絶対にコンフィデンスマン達の計画に絡んでいると個人的に思っていた石上ですが、詐欺計画には全く関係なかった(笑)。全てを疑いすぎで深読みしすぎてしまった・・。

シリーズを通してずっと騙されっぱなしのエダマメでしたが最後は倍返し!といった感じでローランたちコンフィデンスマン全員を騙し返します。でも途中からこれがエダマメの「お芝居」だと気づき、それに合わせるというのは今まで仕事をしてきたチームの結束の強さから?。

いや、同じ詐欺師なので思考パターンが一緒なだけかもしれないですが(笑)。

そして最終回では今まで騙された方々も総登場!。全財産を騙し取られ全員すっからかんになったはずですが、手打ち金を渡され今はリッチなご様子で過去のことは全部許したみたい?。その中の一人であるマフィア兼映画プロヂューサーのカッサーノが今回エダマメが仕掛けたお芝居の一幕を最高に盛り上げていた、という事なのでした。

亡き母とアビーの「許す心」という言葉で恨み等の魂の束縛から自由になったエダマメ。それはドロシーを殺されその復讐に囚われ彼女の幻影を見ていたローランも同じで・・不殺のルールを守りコンフィデンスマンらしい復讐を完璧に遂げたローランはドロシーの指輪を海へとに投げ入れ、束縛されていた消せない記憶からやっと魂を解放をされることに。

壮大な復讐劇も終わり描かれるのはそれぞれが送る平穏な日常、これでコンフィデンスマンの面々も詐欺稼業から足を洗い真っ当に生きていくのだろうと思ったのですが・・。

大統領選挙で当選したのは「灼熱シリーズ」のあの俳優で、それを後ろから眺めていたローランがコンフィデンスマンたちに招集をかけて!?という実にお洒落なオチなのでありました。最後まで視聴者を騙していたという訳ですかそうですか(笑)。

大統領を相手に今度はどんな大芝居を?というのが気になるラストでしたが続編はあるのかな?。続きを匂わせて実は続きはないという海外ドラマっぽい幕の下ろし方ではあるのですけどね(笑)。ネットフリックスだから2シーズンくらいはあり得る訳で個人的には続きを是非プリーズ!のグレプリ最終回でした。

・・等と実に良い視聴後の満足感を感じていた私なのですが、なんとシリーズでは始めての「Cパート」が突然始まって!。

そこでは何と記憶を無くすも生きているドロシーの姿が!!そして指輪をはめた彼女は「まあまあね・・」と言うのです!?。これって強運の指輪から守られていたのでドロシーは死ななかったという伏線の回収なのでしょうが、そのセリフを深読みするとローランが自分のために実行した復讐劇を評した言葉にも思えて・・。

本当に記憶は無いの?なんて思ったりもして・・ひょっとして視聴者はもちろん登場人物は皆ドロシーに騙されていたのかも?(笑)。この真の結末をどう解釈するのかはそれぞれの視聴者次第という事なのかもしれませんね。

 

■『GREAT PRETENDER』関連商品

ブルーレイ

コミカライズ

放送・配信情報

放送局

フジテレビ 毎週水曜24:55〜25:25
関西テレビ 毎週木曜25:55〜26:25
東海テレビ 毎週土曜25:45〜26:15
テレビ西日本 毎週水曜25:55〜26:25
北海道文化放送 毎週日曜25:10〜25:40
BSフジ 毎週水曜24:00〜24:30

配信

NETFLIXで独占配信

『GREAT PRETENDER』スタッフ・キャスト

STAFF

監督:鏑木ひろ
脚本・シリーズ構成:古沢良太
キャラクターデザイン:貞本義行
サブキャラクターデザイン・総作画監督:加藤寛崇
総作画監督:浅野恭司
デザインワークス:奥田明世・清水慶太・石橋翔祐
コンセプトデザイン:丹地陽子
副監督:益山亮司
美術監督:竹田悠介
美術設定:藤井一志
色彩設計:小針裕子
撮影監督:出水田和人
編集:今井大介
音楽:やまだ豊
音響監督:はたしょう二
ミュージックエディター:千田耕平
アニメーション制作:WIT STUDIO

CAST

枝村真人:小林千晃
ローラン・ティエリー:諏訪部順一
アビゲイル・ジョーンズ:藤原夏海
シンシア・ムーア:園崎未恵