GREAT PRETENDER 第19話「CASE4-5 ウィザード・オブ・ファー・イースト」【感想・作品情報】

ローランが褐色の美女・ドロシーたちと出会いコンフィデンスマンになる過去が描かれた今回のエピソード、まだ新米で芝居に慣れていないローランの姿が初々しい(笑)。やがて愛し合うようになったローランとドロシーは中国マフィア・上海龍虎幇を最後のターゲットとし詐欺稼業から足を洗うことを決めるのですが・・。

・TVアニメ『GREAT PRETENDER』第19話「CASE4-5 ウィザード・オブ・ファー・イースト」の視聴感想・作品情報等を書いています。作品をもう少し楽しんでいただく一助となれば幸いです。

※全文において「ネタバレ要注意」です

前回の感想

関連記事

脱出の計画は失敗に終わり、アビーとシンシアを失ったエダマは裏切った父・尾崎へ怒りの銃弾を撃ち込むのですが・・数か月後アケミの元で働くようになったエダマメの前に意外な人物が現れて!?。ローランの過去も描かれはじめ、コンフィデンスマンたちの[…]

CASE4-5 ウィザード・オブ・ファー・イースト【第19話ストーリー】(※ネタバレあり)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第19話 あらすじ

若きローランはある男への復讐に凶刃を振るうも、たまたま居合わせた女性を刺してしまう。なんとかその場を逃げ出したローランだが、刺された女性「ドロシー」はなんとローランの前へ再び姿を現し、真実を語るのだった…。(HP引用)

第19話 感想 ※ネタバレ注意

母の仇を刺すつもりが詐欺グループが仕掛けていた「お芝居」に巻き込まれてしまったローランはそれが縁で尾崎とキムそして饒舌な褐色の美女・ドロシーと出会い、コンフィデンスマンチームの一員になる事に。今とは違い最初は詐欺芝居にも慣れてなく嘘のつき方が初々しいローランの姿が可愛い(笑)。

今回のエピソードでの見どころは黒人系で面白キャラというステレオタイプな感じではありますが、実に表情豊かに描かれていたドロシーの姿でしょうか。やがて愛し合うようになるローランとドロシーなのですが、プレイボーイのローランがプロポーズを決意するに至るのも十分に納得できる容姿だけでなくその内面も実に魅力的なドロシーなのでありました。

危険な詐欺稼業から足を洗うことを決めるローランとドロシーでしたが、その最後の大仕事のターゲットに選んだのは人身売買を行っている中国マフィアの上海龍虎幇。そのボス・劉暁と麻雀をきっかけに組織の懐に入り込む魂胆のローランなのでしたが・・。

次回以降のエピソードはまだ未視聴なのですが、恐らく計画は失敗に終わりエダマメの父・尾崎が逮捕されたのもそれ故の結果だと思われ・・という事で次回は流石にシリアスな展開になりそうです。たぶんドロシーにも良くない結末が!?。とにかく次回の放送を楽しみに待ちたいと思います!。

エンディングで描かれていたのはドロシーとローラン(猫)のことだったのですね。正確には二人を描いているのではなく、ローラン猫がドロシーとの思い出を夢で見ている・・という感じでもあります。そしてたぶんその夢を見ているのはドロシーとは違う「別の女」の傍らで、という事なのでしょう。

女性からしてみればこんな男は最低のクソ野郎なんでしょうけど(笑)男としては何となく分かります・・。何人のオンナを抱こうとも本当に愛した女性はたった一人、という恰好よいローランが描かれているエンディングなのでありました。

 

『GREAT PRETENDER』twitterまとめ・商品情報等(2020.11.18)

 

■『GREAT PRETENDER』関連商品

ブルーレイ
コミカライズ

関連商品検索

放送・配信情報

放送局

フジテレビ 毎週水曜24:55〜25:25
関西テレビ 毎週木曜25:55〜26:25
東海テレビ 毎週土曜25:45〜26:15
テレビ西日本 毎週水曜25:55〜26:25
北海道文化放送 毎週日曜25:10〜25:40
BSフジ 毎週水曜24:00〜24:30

配信

NETFLIXで独占配信

『GREAT PRETENDER』スタッフ・キャスト

STAFF

監督:鏑木ひろ
脚本・シリーズ構成:古沢良太
キャラクターデザイン:貞本義行
サブキャラクターデザイン・総作画監督:加藤寛崇
総作画監督:浅野恭司
デザインワークス:奥田明世・清水慶太・石橋翔祐
コンセプトデザイン:丹地陽子
副監督:益山亮司
美術監督:竹田悠介
美術設定:藤井一志
色彩設計:小針裕子
撮影監督:出水田和人
編集:今井大介
音楽:やまだ豊
音響監督:はたしょう二
ミュージックエディター:千田耕平
アニメーション制作:WIT STUDIO

CAST

枝村真人:小林千晃
ローラン・ティエリー:諏訪部順一
アビゲイル・ジョーンズ:藤原夏海
シンシア・ムーア:園崎未恵