GREAT PRETENDER 第18話「CASE4-4 ウィザード・オブ・ファー・イースト」【感想・作品情報】

脱出の計画は失敗に終わり、アビーとシンシアを失ったエダマは裏切った父・尾崎へ怒りの銃弾を撃ち込むのですが・・数か月後アケミの元で働くようになったエダマメの前に意外な人物が現れて!?。ローランの過去も描かれはじめ、コンフィデンスマンたちのお話しは予測不能なクライマックスへと向かいます!!。

・TVアニメ『GREAT PRETENDER』第17話「CASE4-4 ウィザード・オブ・ファー・イースト」の視聴感想・作品情報等を書いています。作品をもう少し楽しんでいただく一助となれば幸いです。

※全文において「ネタバレ要注意」です

前回の感想

関連記事

中国のマフィア・上海龍虎幇との通訳を頼まれたエダマメがその一行の中に見たのは人身売買の罪で逮捕され行方が分からなくなっていた父の姿!。家族を捨て今では「オズ」と呼ばれマフィア組織に身を置いている父、しかしエダマメは彼を許し買われてきた子[…]

 

CASE4-4 ウィザード・オブ・ファー・イースト【第18話ストーリー】(※ネタバレあり)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第18話 あらすじ

救出作戦は失敗に終わる。クルーザーの上に並ばされ絶体絶命のエダマメたち。銃で撃たれ海中に沈む仲間。激昂するエダマメだったが、アケミの一言で事態は収束を迎える。季節は変わりアケミの側近として働くエダマメだったが、ある日死んだはずの男が現れ、その口から過去の因縁が語られる。(HP引用)

第18話 感想 ※ネタバレ注意

父・尾崎誠司の裏切りによりエダマメはアビーとシンシアを失ってしまうという、物語は予想通りのハードな展開へと急転!。怒りで父へ銃弾を放つエダマメなのでしたが・・アケミの元で部下として働くようになった彼の元に死んだはずの父が現れて!?。そして彼の口からはローランの過去が語れられるのです・・。

この作品の持つカラーとしてアビーとシンシアが死んでしまう展開は重すぎると思うのでひょっとしたら健在なのかなとは思っていたのですが、どうやらエダマメは途中からこのお芝居のことを知らされていたのでは?。

児童売買のオークションのシーンとかから察するに、朱雀連合会の人身売買での売り上げが上がってきたのはそれ自体がローランの仕掛けなのかも?。

ということで、どこからが「本当」でどこからが「お芝居」なのかさっぱり分からなくなっている私なのであります(笑)。この感想を書いている時点ではまだ次回以降のお話しを観ていないので、いろんな展開を妄想してしまうのでした。

ただ一つ言えるのは、今回の真のターゲットは朱雀連合会ではなく中国マフィア「上海龍虎幇」であるのは間違いなさそうな気がします。それには今回描かれたローランの過去が大きく絡んでいるのでしょう・・。

若き日のローランが今以上にチャラかった(笑)。そして最後の場面では過去に最愛の母を死へと追いやった男を見つけナイフで襲い掛かるローランでしたが、その刃は褐色の美女・ドロシーを刺してしまい!?。
全く関係ない別人を手にかけショックを受けるローランというシリアスなシーンで終わったのですが・・これも信じていいものやら(笑)。

とにかく次回からの展開が楽しみであります。

 

『GREAT PRETENDER』twitterまとめ・商品情報等(2020.11.11)

 

■『GREAT PRETENDER』関連商品

ブルーレイ
コミカライズ

関連商品検索

放送・配信情報

放送局

フジテレビ 毎週水曜24:55〜25:25
関西テレビ 毎週木曜25:55〜26:25
東海テレビ 毎週土曜25:45〜26:15
テレビ西日本 毎週水曜25:55〜26:25
北海道文化放送 毎週日曜25:10〜25:40
BSフジ 毎週水曜24:00〜24:30

配信

NETFLIXで独占配信

『GREAT PRETENDER』スタッフ・キャスト

STAFF

監督:鏑木ひろ
脚本・シリーズ構成:古沢良太
キャラクターデザイン:貞本義行
サブキャラクターデザイン・総作画監督:加藤寛崇
総作画監督:浅野恭司
デザインワークス:奥田明世・清水慶太・石橋翔祐
コンセプトデザイン:丹地陽子
副監督:益山亮司
美術監督:竹田悠介
美術設定:藤井一志
色彩設計:小針裕子
撮影監督:出水田和人
編集:今井大介
音楽:やまだ豊
音響監督:はたしょう二
ミュージックエディター:千田耕平
アニメーション制作:WIT STUDIO

CAST

枝村真人:小林千晃
ローラン・ティエリー:諏訪部順一
アビゲイル・ジョーンズ:藤原夏海
シンシア・ムーア:園崎未恵