GREAT PRETENDER 第14話「CASE3-4 スノー・オブ・ロンドン」【感想・作品情報】

偽オークションで繰り広げられる「ロンドンの雪」の落札合戦!元恋人トーマスが描いた贋作にシンシアが付けた値は!?。自分の青春にケリをつけたシンシアが大人だからこそ切ない結末、輝いていた日々はもう二度と戻らない・・。

・TVアニメ『GREAT PRETENDER』第14話「CASE3-4 スノー・オブ・ロンドン」の視聴感想・作品情報等を書いています。作品をもう少し楽しんでいただく一助となれば幸いです。

※全文において「ネタバレ要注意」です

■前回の感想

関連記事

元恋人で画家のトーマスに「ロンドンの雪」の贋作を依頼するシンシア、皮肉にも変わってしまった立場の二人の再会が苦い・・。でも二人の愛が変わることはないというスウィ―トなオチが実に「オトナ」なのです。・TVアニメ『GREAT PRETE[…]

 

CASE3-4 スノー・オブ・ロンドン【第14話ストーリー】(※ネタバレあり)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第14話 あらすじ

贋作「ロンドンの雪」が完成する。その出来映えに驚くエダマメ。そして舞台は古城のオークション会場へ…。ローランの仕切りで始まった偽オークションは「ロンドンの雪」の登場でクライマックスを迎える。コールマンとシンシアの因縁の対決…!果たして、名画の行方はどちらの手に…!?(HP引用)

第14話 感想 ※ネタバレ注意

偽オークションで名画「ロンドンの雪」(贋作)の落札合戦がスタート!。落札額は計画の7000ポンドまで上がりそこで予定通りコールマンへトーマスの描いた偽物が渡る手はずだったのですが・・シンシアはコンフィデンスマンチームの誰もが驚く予想外の行動をとります!。

今回でスノー・オブ・ロンドン編が完結したわけですが今までのエピソード群の中で本編が一番良いと思いました。何というか途中の展開と結末がすごく後を引く感じで・・こういう作品が後々にも語られる名作なんだと思います。

シンシアが若き日に元恋人のトーマスと過ごした日々を回想しながら彼の描いた贋作に嬉々として落札額を上げていくシーンが胸に染みます。貧しく何もない過去のシンシアとトーマスでしたが、その思い出は輝いていて1億ポンド以上の価値があるはず・・。

詳しいオチは伏せておきますが「本物と偽物」本当に価値のあるのはどちらなのか?という結末もまた良い。それにしてもエダマメは「エドワード8世」のカプセルトイからどんな啓示を受けたのでしょうか。愛する人と一緒になるため王位を捨てたエドワード8世の生涯に、物事の本当の値打ちはそれに対峙するその人自身にしか決められない、ということを今回の贋作騒動と重ねたとか?。

これも詳しくは書けないのですがシンシアとトーマスの関係の変化を描いた場面の演出が秀逸です。どう変わったのかはぜひ本編を観ていただきたいのですが・・なんて苦く切ないのでしょう。それは時間が経ち二人が大人になってしまったから?。

川縁に独り立ち、かつて「大切だったもの」を捨てるシンシアの姿がとても心に沁みるのです・・。

今回の「ロンドンの雪」騒動は最初からローランが仕組んでいたもの?なのかは観た人の想像に任せる、ということみたいですが、今回ばかりは流石にどうなのでしょう。それとシンシアが送った消せない「青春の日々」という部分はローランにもどこか思い当たるフシがある様子で・・という気になる終わり方。いつも通りに次回の展開が楽しみなグレプリでありました。

 

『GREAT PRETENDER』twitterまとめ・商品情報等(2020.10.7)

 

■『GREAT PRETENDER』関連商品

ブルーレイ
コミカライズ

関連商品検索

放送・配信情報

放送局

フジテレビ 毎週水曜24:55〜25:25
関西テレビ 毎週木曜25:55〜26:25
東海テレビ 毎週土曜25:45〜26:15
テレビ西日本 毎週水曜25:55〜26:25
北海道文化放送 毎週日曜25:10〜25:40
BSフジ 毎週水曜24:00〜24:30

配信

NETFLIXで独占配信

『GREAT PRETENDER』スタッフ・キャスト

STAFF

監督:鏑木ひろ
脚本・シリーズ構成:古沢良太
キャラクターデザイン:貞本義行
サブキャラクターデザイン・総作画監督:加藤寛崇
総作画監督:浅野恭司
デザインワークス:奥田明世・清水慶太・石橋翔祐
コンセプトデザイン:丹地陽子
副監督:益山亮司
美術監督:竹田悠介
美術設定:藤井一志
色彩設計:小針裕子
撮影監督:出水田和人
編集:今井大介
音楽:やまだ豊
音響監督:はたしょう二
ミュージックエディター:千田耕平
アニメーション制作:WIT STUDIO

CAST

枝村真人:小林千晃
ローラン・ティエリー:諏訪部順一
アビゲイル・ジョーンズ:藤原夏海
シンシア・ムーア:園崎未恵