ゴールデンカムイ 第33話「革命家」【感想・作品情報まとめ】(第3期)

キロランケの口からウイルクとソフィアと共に過ごした長谷川写真館のことが回想されますが・・そこの主人・長谷川の正体は若き日の鶴見中尉だったという衝撃の展開!。愛する人を失った鶴見、この時に彼も「革命」を目指す者となったのか?・・

・2020年秋アニメ『ゴールデンカムイ』(第3期)第33話「革命家」の視聴感想・作品情報等を書いています。作品をもう少し楽しんでいただく一助となれば幸いです。

前回の感想【32話】

Hi.アニ!

刺青を入れた脱獄囚の一人で心身の衰えた亡骸のような老人・土井新蔵は、かつて「人斬り用一郎」と呼ばれ名を馳 […]…

「人斬り」【第33話ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第33話 あらすじ

ソフィアを脱獄させるための条件が整う時を待つキロランケたち。そんな中、キロランケはアシㇼパに、ウイルクと共に日本に渡る前に起こったある出来事について聞かせる。皇帝暗殺の罪で指名手配犯となったソフィア、キロランケ、ウイルクの3人。彼らはウラジオストクで写真館を営む長谷川に接触し、日本語の指導を依頼する。長い逃亡生活を続けてきた3人にとって、長谷川から日本語を学ぶ日々は束の間の穏やかな時間だった……。(HP引用)

脚本:吉永亜矢 絵コンテ・演出:熊膳貴志 作画監督:山田正樹、赤坂俊士 総作画監督:宮西多麻子、梅津茜

第33話 感想

長谷川写真館で束の間の安息の日々を過ごす若き日の革命家キロランケとソフィアそしてアシㇼパの父・ウイルクの三人。しかしロシアの秘密警察が写真館に踏み込んできて三人は窮捕らわれの危機に!!。

三人を逮捕するために現れたと思われた秘密警察ですが、実はそのターゲットは日本のスパイだった長谷川!。そして秘密警察との交戦に巻き込まれ今際の際となった妻に、自分の本当の名前は「鶴見篤四郎」だと伝えるのです・・。

今回も原作コミックの掲載順とは違うお話しだったのですが、なるほど!登場人物の過去エピソードを集めての事だったのね・・。

長谷川が若き日の鶴見中尉だったという展開なんですが、コミックを読んだ時にビックリ!。登場人物どうしが実は繋がりを持っていた・・というのは金カムではよくある展開なのですが、今回のお話しってどんな企みを抱いているのかよく分からない怪人・鶴見が誕生した原点だと思うのです。

自分のせいで命を落とした妻と我が子を看取る鶴見でしたが今までの温厚な青年の表情は消え、その眼には何か強い決意のようなものを感じ・・アイヌの金塊を追い求めているのもこの時に抱いた感情が元になっている?のでしょうかね。

今回のエピソードタイトルが「革命家」となっていて、それはもちろんウイルクたち三人のことを指しているのですが・・実は鶴見中尉にも同じ思いが誕生したような気がするのですよね。

秘密警察が踏み込んできたのはスパイであるのがバレたという単純な結果ではなく、日本側での何らかの謀略に元々鶴見中尉は関係して(巻き込まれて?)いるようにも思えて・・。そこに妻と赤ちゃんを殺されるという私怨が加わり、とんでもない「モンスター」が誕生してしまったのではないかと。

一匹でいる狼は何か問題を持っているので群れから追い出された・・とウイルクが語る場面がありますが、これはウイルクたちパルチザンのことではなく実は鶴見に当てているという視聴者への暗示だったのかもしれません。

そしてかつての日本の活動家をウイルクたち三人に当てはめ鶴見が話す場面では、彼が変革を起こしたいという思想を元々持ってた?という事も連想させます。

それにしても前回の土方歳三も胸の中に抱いている想いのスケールが大きかったですが、鶴見の場合は金塊を使う目的がとんでもない事のように思われる今回のエピソードでありました。土方が日本を守る!という考えなのに対し、私が思うに鶴見中尉はそれとは真逆のことを企んでいそう・・なんとなく、ですけどね(笑)。

それにしても革命の為に女を捨てたとは言うものの、ソフィアのこの変わり様は・・(笑)。時の流れって残酷!でもキロランケ好みの「ポッチャリ」のイイ女にはなってきたかも?。

『ゴールデンカムイ』twitterまとめ・商品情報等(2020.11.30)

■『ゴールデンカムイ』関連商品

ブルーレイ

原作コミック

放送・配信情報

放送局

TOKYO MX 毎週月曜23:00~
読売テレビ 毎週月曜25:59~
札幌テレビ 毎週月曜25:44~
BS11 毎週月曜23:00~
時代劇専門チャンネル 毎週土曜25:00~

配信

FODにて独占配信

スタッフ・キャスト

STAFF

原作:野田サトル(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)
監督:難波日登志
シリーズ構成:高木 登
キャラクターデザイン:大貫健一
プロップ設定:渡辺浩二
動物設定:廣江啓輔
美術監督:森川 篤
美術設定:大久保知江
色彩設計:茂木孝浩
撮影監督:長田雄一郎
CGディレクター:宍戸光太郎
編集:定松 剛
音響監督:明田川 仁
音響制作:マジックカプセル
アイヌ語:監修中川 裕
ロシア語:監修Eugenio Uzhinin
音楽:末廣健一郎
OPテーマ:FOMARE「Grey」
EDテーマ:THE SIXTH LIE「融雪」
アニメーション制作:ジェノスタジオ
製作:ゴールデンカムイ製作委員会

CAST

杉元佐一:小林親弘
アシㇼパ:白石晴香
白石由竹:伊藤健太郎
鶴見中尉:大塚芳忠
土方歳三:中田譲治
尾形百之助:津田健次郎
谷垣源次郎:細谷佳正
牛山辰馬:乃村健次
永倉新八:菅生隆之
家永カノ:大原さやか
キロランケ:てらそままさき
インカㇻマッ:能登麻美子
二階堂浩平:杉田智和
月島軍曹:竹本英史
鯉登少尉:小西克幸