ゴールデンカムイ 第25話「樺太へ」【感想・作品情報】(2020年秋アニメ新番組・第3期)

樺太に渡った杉元たちは猛獣クズリに襲われ樺太アイヌの少女・エノノカと出会い、そして・・日露のドつき合い「スチェンカ」開始ッ!?。

・2020年秋アニメ新番組『ゴールデンカムイ』(第3期)第25話「樺太へ」の視聴感想・作品情報等を書いています。作品をもう少し楽しんでいただく一助となれば幸いです。

 

人気コミック原作の和風闇鍋ウエスタン「金カム」が三度テレビに登場!!

《イントロダクション》

網走監獄で繰り広げられた激しい攻防戦の末に、離れ離れになってしまった「不死身の杉元」こと杉元佐一とアイヌの少女・アシㇼパ。アシㇼパは「脱獄王」の白石由竹とともに、キロランケと尾形百之助によって父の足跡が残る場所・樺太に連れ去られていた。

アイヌの金塊を強奪した張本人である「のっぺら坊」が死んだ今、その秘密を解けるのは娘のアシㇼパのみ。キロランケの目的は、彼女を連れてかつての仲間である極東ロシアのパルチザンと合流することにあった。

一方、第七師団の鶴見中尉と手を組んだ谷垣源次郎は。アシㇼパを捜索するための先遣隊に志願。月島軍曹と鯉登少尉を同行者として樺太を目指す。北海道よりさらに北に位置する極寒の地で、それぞれの旅路を進む杉元とアシㇼパを待ち受けるものとは!?。

杉元とアシㇼパの再会は叶うのか!?極寒の地で新たな局面を迎える生存競争サバイバル、樺太編が開幕ッツ!!!(HP引用)

すっかりお馴染みとなった(?)極上エンターテイメント作品「ゴールデンカムイ」のTVアニメがまたまた登場!。さあ、約二年ぶりの「金カム祭り」の開幕や!!(笑)。

前シリーズの最終回(第2期・24話)は連れ去られたアシㇼパが杉元と夢の中で再会を果たす・・という感動のシーンで終わった訳ですが、金塊の秘密を追って登場人物たちは北海道えお飛び出し新しい物語の舞台は現在はロシアの領土(サハリン)となっている樺太へと移ることに。

たびこふれ

みなさん、「サハリン」と聞いてどこだかすぐに想像できますか?歴史好きの方なら「樺太(からふと)」と言えばわかるでしょうか…

夢の中でアシリパに「必ず迎えにいく」と約束する杉元、アシリパもそれは正夢と不死身の杉元の生存を確信しストーリーは新編へと突入するのです。

新しくスタートする「樺太編」では原作のあのシーンや例のシーン(!)がアニメではどんな風に再現されるのかとても楽しみ!。

というわけで「冒険・歴史・文化・狩猟グルメ・GAG&LOVE和風闇鍋ウエスタン」アニメ、ゴールデンカムイ第三期がスタートです。

 

「樺太へ」【第1話ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1話 あらすじ

アシㇼパを連れ去ったキロランケたちを追い、樺太にたどり着いた杉元ら先遣隊一行。荷物に隠れていたチカパシとアイヌ犬のリュウが一行に加わる想定外の出来事に驚きつつ、周辺での聞き込みを開始する。幸先よくアシㇼパらしき女の子の情報を得た一行は、少女が向かったという森へ。だが、そこにいたのはアシㇼパではなく樺太アイヌの女の子だった。そんな中、杉元らの前にイタチ科最大級の猛獣・クズリが出現し、襲いかかるッ!(HP引用)

第1話 感想

樺太へと渡った杉元たち一行、アシㇼパの消息を辿るため聞き込みを行なっているとその手がかりを知っている樺太アイヌの少女・エノノカと出会うことに。

しかしその時、「つぶらな目」をした熊以上の猛獣・クズリに襲撃され!?・・。

先に「第三期」の始まりとなる今話を観てアニメーションとしての感想を書いておきますと予想以上の出来上がりにGODD!という一言に尽きます。エンドクレジットをざっと見た感じでも作画に関わっているスタッフや制作会社の数が前シリーズよりもかなり増えているような気がします。

これはとても良い傾向!ちなみに個人的には犬ぞりのアイヌ犬?の作画が良かったかと(笑)。たぶんCGで描かれていると思うのですが前シリーズの狼のレタラの作画とは歴然の差が・・。何気ない場面であっても作りに手を抜いていない感じに好感が持てます。

アシㇼパの行方を捜すうちに杉元たちは「刺青の男」が肉体を張って殴り合うロシアの賭博「スチェンカ」に現れることを知り、日露のプライドを賭けて全員がドつき合いへと参加をすることに!(笑)。そしてジャパンチームはもちろん圧勝!!。

・・まあ相手は一般人なので軍人か元軍人の杉元たちが勝つのは当たり前とも言えるのですが(笑)。そんな杉元たちを見て観衆の後ろから「よきかな」と呟く男が一人。ひょっとしてこの男が!?・・まだ原作を未読の方は来週をお楽しみにということで、既読の方は杉元の「スタープラチナ」ばり(!)のあのシーンがどんな風に描かれるのか楽しみに待つとしましょう。

熊より恐ろしい?、最強(恐)生物「クズリ」とは

ネット動物園 〜生き物全般からペットまで〜

クズリ(英語ではWolverine)についてです。 イタチ科には他にも可愛い動物だったり、種類がいっぱいで、興味がわいて…

鯉登にかぶりついていたのが大型のイタチ科の生物「クズリ」、日本には生息していない熊さえも恐れる激しい気性の猛獣です。

英名は「ウルヴァリン」でその名は狼を語源としているという説もあり、西洋圏では狂暴な生き物として割と知られている存在みたい?。熊より強いということですが人間も襲われるのかな?、油断した鯉登は襲われてたけど・・。

熊は傷薬になったりと人間にとって役に立つことがあるけど、クズリは何かの役に立つ?(毛皮とか)。ところで白石がこの場にいないので今回かじり付かれるのは鯉登の役回りとなりました(笑)。可哀相だけどクズリを舐めてかかった罰です。

 

『ゴールデンカムイ』twitterまとめ・商品情報等(2020.10.5)

 

■『ゴールデンカムイ』関連商品

ブルーレイ
原作コミック

関連商品検索

放送・配信情報

放送局

TOKYO MX 10月5日より毎週月曜23:00~
読売テレビ 10月5日より毎週月曜25:59~
札幌テレビ 10月5日より毎週月曜25:44~
BS11 10月5日より毎週月曜23:00~
時代劇専門チャンネル 10月10日より毎週土曜25:00~

配信

FODにて独占配信

『ゴールデンカムイ』スタッフ・キャスト

STAFF

原作:野田サトル(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)
監督:難波日登志
シリーズ構成:高木 登
キャラクターデザイン:大貫健一
プロップ設定:渡辺浩二
動物設定:廣江啓輔
美術監督:森川 篤
美術設定:大久保知江
色彩設計:茂木孝浩
撮影監督:長田雄一郎
CGディレクター:宍戸光太郎
編集:定松 剛
音響監督:明田川 仁
音響制作:マジックカプセル
アイヌ語:監修中川 裕
ロシア語:監修Eugenio Uzhinin
音楽:末廣健一郎
OPテーマ:FOMARE「Grey」
EDテーマ:THE SIXTH LIE「融雪」
アニメーション制作:ジェノスタジオ
製作:ゴールデンカムイ製作委員会

CAST

杉元佐一:小林親弘
アシㇼパ:白石晴香
白石由竹:伊藤健太郎
鶴見中尉:大塚芳忠
土方歳三:中田譲治
尾形百之助:津田健次郎
谷垣源次郎:細谷佳正
牛山辰馬:乃村健次
永倉新八:菅生隆之
家永カノ:大原さやか
キロランケ:てらそままさき
インカㇻマッ:能登麻美子
二階堂浩平:杉田智和
月島軍曹:竹本英史
鯉登少尉:小西克幸