やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完 第12話(最終回)「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」【感想・作品情報】

遠回しの告白から一転、あまりにも近すぎる「ゼロ距離交際」を繰り広げる八幡と雪乃!、結衣のことを考えると胸が痛むのですがそんな彼女から二人に相談の依頼が!?・・。終わりから始まる結末が実に清々しいファンの誰もが納得できた最後だったのでは?。という事でこの続きもあったら大歓迎!な俺ガイル最終回でした!。

・TVアニメ『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完 』第12話(最終回)「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」の視聴感想・作品情報等を書いています。作品をもう少し楽しんでいただく一助となれば幸いです。

前回の感想(第11話)

関連記事

八幡から雪乃との繋がりへの思いを聞かされた結衣、その後ろ姿を見送りながら「終わり」が来たことを知り・・。そして雪乃は遠回しすぎる八幡の告白に彼と同じ答えを返し物語はようやく終着へ。それにしても互いの気持ちを伝えるのに一番肝心な言葉は決し[…]

 

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」【第12話ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第12話 あらすじ

海浜総合高校と合同でプロムの開催場所を探しに海浜公園へ向かう2人は条件にあうチャペルを見つける。「ここでやりましょう」プロム開催に向け動き出す2人に、協力してくれる生徒たちが集まり…。俺ガイルが遂に完結。(HP引用)

脚本:大知慶一郎 / 絵コンテ:森本育郎 / 演出:佐々木達也 / 作画監督:柳川沙樹、LYU、谷川亮介、北村友幸、清水直樹、穂積彩夏

第12話「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」【視聴感想】

スケジュールが非常に差し迫った合同開催のプロムでしたが、手伝いを申し出た八幡の周囲の人たちのおかげで無事終了。そしてプロムの後片付けに追われる束の間で雪乃は八幡に伝えます。「あなたのことが好き」だと。

時は少し経ち新学期になり、小町が部員として入部することで奉支部の活動は強引に続けられる事となるのですが・・。新奉仕部の依頼者の第1号として訪れたのは結衣。結衣の依頼は「私の好きな人の彼女は私の友達、でもこれからも仲良くしたい・・どうしたらいい?」。

いろんなことを「ちゃんと終わらせる」ことができるのか?すごくドキドキした気持ちで視聴を始めた最終回でしたが、そんな心配をよそに八幡と雪乃の距離がすごく近かった(笑)。いやゼロ距離でしょうこれは!。

二人がやっとこんなふうになった事に嬉しく思う反面、結衣のことを考えると正直胸が苦しかった・・。でも、ちゃんと終わらせるのではなく「終わりから始まる」結末になっていたのは個人的にとても嬉しかったです。

お話しは「やはり俺の青春ラブコメは間違っている・・」という八幡の最後のセリフで閉められるのですが、逆に三人の関係がやっと「普通のラブコメ(三角関係)」となった終わりに私には感じられました。

でも『いろは』は八幡に「ちゃんと」してほしかったのか、あきらめの結衣の背中を押してあげていました。流石は何があっても決して折れない女!、それが『いろはす』(笑)。この彼女らしさのおかげで、お話しの流れは変わっていき結衣の心もポジティブに変化していくことに。

女どうしの恋の戦いは今始まったばかり、八幡は嫌でしょうけどこればっかりは仕方ないですね・・。今は雪乃のことしか見えていない八幡ですが、その実家にお呼ばれして雪乃ママと陽乃の対応に神経をすり減らすよことを考えると結衣という選択肢もあったりして(笑)。

へんな気を使わなくていい結衣ママの優しさに包まれているほうがマシかもしれませんね(笑)。

とにかく皆(八幡意外)が笑顔で終わってよかったです。この終わり方だと続編があっても悪くない感じ?高校生活はまだ1年間もありますし、今度こそは本当の三角関係を描く少しだけ大人な感じで俺ガイルのお話しが描かれると面白いかもしれません。

とにかくこの作品が好きなファンとしてはこれ以上にない終わり方で大満足!だった俺ガイルの最終回でした。

大人といえば平塚先生の別れのシーンが沁みました。最終回を見て思ったのは先生にとっての八幡は生徒以上の存在だったのかも?ということ。青春の喜びを成就させた八幡への祝福の気持ちを感じさせると共に、雪乃や結衣と同じ場所に立つことは出来ないという平塚先生の切なさが伝わってきて・・。そう思ったのは私だけ?。

八幡をダンスに誘ったのは雪乃や結衣に対しオンナとしてのささやかな抵抗にも思えます。でも女である前に教師・・やっぱり平塚先生は格好よいのです。

書きたい感想はいろいろとあり書き足りない気持ちでいっぱいなのですが、最後にサウナのシーンの事を少し。戸部が八幡に雪乃と付き合っているのか?と聞いた場面ですが、戸部としては海老名さんとの関係を進める上で障害が無くなったことを喜んでいるのかな?。

本当に正直なヤツだ・・悪気はないのでしょうけど。そして最後まで八幡のことを「ヒキタニ君」と呼んでいました(笑)。そんな戸部の青春にも幸あらんことを願います。

 

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完 』twitteまとめ・商品情報等(2020.9.25)

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完』関連商品

原作小説
ブルーレイ
主題歌OP/ED

 

 

関連商品検索

放送・配信情報

放送局
TBS 毎週木曜 深夜1時58分〜
MBS 毎週木曜 深夜2時30分〜
CBC 毎週水曜 深夜2時35分〜
SBS 毎週火曜 深夜2時14分〜
BS-TBS 毎週土曜 深夜2時00分〜

配信

amazon primeで独占配信


『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完 』スタッフ・キャスト

STAFF

原作:渡 航(小学館「ガガガ文庫」)
キャラクター原案:ぽんかん⑧
監督:及川 啓
シリーズ構成:大知慶一郎
キャラクターデザイン:田中雄一
美術監督:池田繁美 丸山由紀子
美術背景:アトリエムサ
色彩設計:岩井田 洋
撮影監督:中村雄太
編集:平木大輔
音響監督:本山 哲
音響制作:デルファイサウンド
音楽:石濱 翔(MONACA)高橋邦幸(MONACA)
音楽制作:NBCユニバーサル・エンターテイメント/マーベラス
制作スタジオ:feel.
オープニングテーマ:「芽ぐみの雨」やなぎなぎ
エンディングテーマ:「ダイヤモンドの純度」雪ノ下雪乃(CV.早見沙織)&由比ヶ浜結衣(CV.東山奈央)

CAST

比企谷八幡:江口拓也
雪ノ下雪乃:早見沙織
由比ヶ浜結衣:東山奈央
一色いろは:佐倉綾音
比企谷小町:悠木 碧
戸塚彩加:小松未可子
葉山隼人:近藤 隆
材木座義輝:檜山修之
平塚 静:柚木涼香
雪ノ下陽乃:中原麻衣
三浦優美子:井上麻里奈
海老名姫菜:ささきのぞみ
川崎沙希:小清水亜美
戸部 翔:堀井茶渡