GREAT PRETENDER 第10話「CASE2-5 シンガポール・スカイ」【感想・作品情報】

消せない過去の記憶に囚われているアビーとルイスにエダマメが提案した「ある賭け」とは?。最後に見せた時間が巻き戻ったかのようなアビーの笑顔が印象的なシンガポール編のラストでした。

・TVアニメ『GREAT PRETENDER』第10話「CASE2-5 シンガポール・スカイ」の視聴感想・作品情報等を書いています。作品をもう少し楽しんでいただく一助となれば幸いです。

※全文において「ネタバレ要注意」です

■前回の感想

関連記事

コンフィデンスマンチームが目論んだとおりサムの八百長は失敗し今までの勝ちはすっからかんに!、そして今度こそシンシアのハニートラップ大成功!!(笑)。人間は欲に目がくらむとどんなイケメンでも「アホ」になるのですね・・。・TVアニメ『G[…]

 

CASE2-5 シンガポール・スカイ【第10話ストーリー】(※ネタバレあり)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第10話 あらすじ

ルイスが元軍人と知り、接近するアビー。一触即発の二人。そして、レースはいよいよ決勝戦当日。裏カジノに再び現れたサム、空へ飛び立つアビー機とクラーク機。ポーカーフェイスのローラン、後ろめたいエダマメ…。勝利の花火はどちらの色に染まるのか…!?(HP引用)

第10話【視聴感想】※ネタバレ注意

戦争という決して消えない過去の傷に苦しむ続けるアビーとルイス。そんな二人にエダマメは「ある賭け」を持ち掛け・・。予想の通りアビーが計画を無視する流れとなりましたが、その更に斜め上をいく展開に思わず「!?」。

劇中のセリフではエダマメの提案した賭けがどんなものなのか明らかにされませんでしたが、ルイスがクラークとのレースに勝つことが出来れば二人とも過去の因縁は捨てる・・というものだったのでしょうか?。しかし賭けるべくもなく本当は二人ともそうすべき事はとっくに気づいていたのだと思います。

特にルイスは過去の出来事から許されたかったのではないかな?、以前の回でレースで得た賞金は人道支援に寄付していたことが描かれていたりして。今更にではありますが、戦争とは関わった全ての人々の心を蝕んでいくのですな・・。

最後にアビーが笑ったのが印象的でした。まるで時間が巻き戻り、明るく無垢なバレリーナの少女の頃のような彼女のこの笑顔・・。

そしてアビーはともかくとして、エダマメが計画を無視して暴走することを見抜いていたローランが流石でした。彼が不測(予測?)の事態にどんな小技を用意していたのかは・・ぜひ本編の御視聴を(笑)。ロサンゼルス編のような超どんでん返しの展開はなかったですが、それ故にイザベルが事に大きく関与している?など展開を深読みしたりしてしまった。

結局のところ途中の読みは全部外れてしまうという(笑)、中々に憎い結末のシンガポール編でございました。

おまけ・劇中に登場する謎の人工植物は?・・(ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ)

【トラベルコまとめ】シンガポールのおさえておくべき人気観光スポット・名所をご紹介! 大人気のマリーナベイサンズはもちろん…

実在する観光施設の「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」で植物園だそうです。人が行き来きる連絡橋?もかかっていたりして結構巨大なんですな。この作品の聖地巡礼のため訪れる方はまずいない(?)のでしょうが、ライトアップされた写真を見ると普通に綺麗ですね。

 

『GREAT PRETENDER』twitterまとめ・商品情報等(2020.09.10)

 

■『GREAT PRETENDER』関連商品

ブルーレイ
コミカライズ

関連商品検索

放送・配信情報

放送局

フジテレビ 毎週水曜24:55〜25:25
関西テレビ 毎週木曜25:55〜26:25
東海テレビ 毎週土曜25:45〜26:15
テレビ西日本 毎週水曜25:55〜26:25
北海道文化放送 毎週日曜25:10〜25:40
BSフジ 毎週水曜24:00〜24:30

配信

NETFLIXで独占配信

『GREAT PRETENDER』スタッフ・キャスト

STAFF

監督:鏑木ひろ
脚本・シリーズ構成:古沢良太
キャラクターデザイン:貞本義行
サブキャラクターデザイン・総作画監督:加藤寛崇
総作画監督:浅野恭司
デザインワークス:奥田明世・清水慶太・石橋翔祐
コンセプトデザイン:丹地陽子
副監督:益山亮司
美術監督:竹田悠介
美術設定:藤井一志
色彩設計:小針裕子
撮影監督:出水田和人
編集:今井大介
音楽:やまだ豊
音響監督:はたしょう二
ミュージックエディター:千田耕平
アニメーション制作:WIT STUDIO

CAST

枝村真人:小林千晃
ローラン・ティエリー:諏訪部順一
アビゲイル・ジョーンズ:藤原夏海
シンシア・ムーア:園崎未恵