GREAT PRETENDER 第5話「CASE1-5 ロサンゼルス・コネクション」【感想・作品情報】

FBIとの取引でコンフィデンスマンの二人を裏切ったエダマメ。しかし事態はアビーとローランの死と予想もしなかった自分への裏切りに叫びを上げるエダマメでしたが・・この大芝居にエダマメと視聴者の私は見事に騙されました(笑)。そして最後の「本当のオチ」に思わずニヤリとしたグレプリ第5話でした!。

・TVアニメ『GREAT PRETENDER』第5話「CASE1-5 ロサンゼルス・コネクション」の視聴感想・作品情報等を書いています。作品をもう少し楽しんでいただく一助となれば幸いです。

※全文において「ネタバレ要注意」です

前回の感想

関連記事

FBIの女捜査官・ポーラにその正体を握られてしまったエダマメ!そしてそれを知っているのは彼女だけではなく!?。父親が犯罪を犯し逮捕された辛さを知るエダマメは「ある条件」と引き換えにポーラのローランたち信用詐欺グループの摘発を協力する取引[…]

CASE1-5 ロサンゼルス・コネクション【第5話・ストーリー】(※ネタバレあり)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第5話 あらすじ

工場の改修も終わり、最後の取引条件“エダマメ本人による製造実演”が始まった…!ローラン、カッサーノ、ポーラ、そしてエダマメ、それぞれの思惑が入り乱れるなか、いよいよ「サクラマジック」をめぐる取引が成立する…!最後に笑うのはマフィアか、コンフィデンスマンか、FBIか…?(HP引用)

第5話【視聴感想】※ネタバレ注意

FBIとの取引でローランとアビーを売ることを決めたエダマメ。その条件としてサラザールを見逃すことをポーラに頼むのですが、重要な被疑者の一人であることを理由にそれを拒否されます。ドラッグ「サクラマジック」製造実演の当日、現場を押さえるため突入してきたFBIに抵抗しようとアビーは銃を抜きますが彼女を守ろうとしたローランと一緒にエダマメの目の前で二人は銃殺されます・・。

それどころかFBIの女捜査官ポーラは巨額の賄賂を受け取りカッサーノを見逃します。ローランたちを裏切ったエダマメでしたが、ポーラの裏切りはその報いなのか。まるで自分の行動を悔いているかの様にエダマメは怒りの叫びを上げるのです・・。

エダマメと視聴者は騙されました!?(笑)※ここから「超ネタバレ」

ここまでの出来事は全部エダマメに向けての「ドッキリ」だったのです!!(笑)。ローランの目的はドラッグの詐欺取引で金をせしめる事ではなく彼の全財産である1億ドル!。ポーラも含めFBIの職員は全員グルで、もちろんローランとアビーの銃殺も計画の中の「お芝居」なのでした。

揺れ動くエダマメの純情をローランはおもちゃにしてずっと遊んでいたという事なのでしょう(笑)。このお話し、詐欺にあったのはカッサーノですが一番騙されたのは間違いなくエダマメと観ていた私たちなのでありました。

とうことでロサンゼルス・コネクション編はドッキリ大成功!で終了。そして・・最後の最後でささやかな「どんでん返し」があるのです。ここは一番のネタバレになるので書きませんが、さすがにエダマメも「騙される側の気持ち」がよく分かったということでしょう、たぶん。

次回からは新エピソードがスタート!

次回を乞う御期待!そして新エピソードでもエダマメの騙され癖は直っていないみたい?(笑)。

 

『GREAT PRETENDER』twitteまとめ・商品情報等(2020.8.4)

■『GREAT PRETENDER』関連商品

ブルーレイ
コミカライズ

関連商品検索

放送・配信情報

放送局

フジテレビ 7月8日より毎週水曜24:55〜25:25
関西テレビ 7月9日より毎週木曜25:55〜26:25
東海テレビ 7月11日より毎週土曜25:45〜26:15
テレビ西日本 7月8日より毎週水曜25:55〜26:25
北海道文化放送 7月12日より毎週日曜25:10〜25:40
BSフジ 7月15日より毎週水曜24:00〜24:30

配信

NETFLIXで独占配信

『GREAT PRETENDER』スタッフ・キャスト

STAFF

監督:鏑木ひろ
脚本・シリーズ構成:古沢良太
キャラクターデザイン:貞本義行
サブキャラクターデザイン・総作画監督:加藤寛崇
総作画監督:浅野恭司
デザインワークス:奥田明世・清水慶太・石橋翔祐
コンセプトデザイン:丹地陽子
副監督:益山亮司
美術監督:竹田悠介
美術設定:藤井一志
色彩設計:小針裕子
撮影監督:出水田和人
編集:今井大介
音楽:やまだ豊
音響監督:はたしょう二
ミュージックエディター:千田耕平
アニメーション制作:WIT STUDIO

CAST

枝村真人:小林千晃
ローラン・ティエリー:諏訪部順一
アビゲイル・ジョーンズ:藤原夏海
ポーラ・ディキンス:園崎未恵