アニメ『フルーツバスケット(2ndシーズン)』第16話「だからつたえて」【感想・作品情報】

魚ちゃんこと『魚谷ありさ(CV.種崎敦美)』の想い人が別荘で見かけた『草摩紅呉(CV.梅原裕一郎)』であることを偶然に知った透はありさの想いを伝えるべく草摩のお屋敷へと訪れたのですが、そこで出会ったのは紅葉の妹『草摩モモ(CV. 田中沙耶)』。

紅葉の部屋を案内したモモはある「伝言」を透にお願いするのですが・・。

それぞれの会いたくても叶わない思いが切なく思わず涙の今話、最後に「お前に好きな人が出来たら俺が協力してやる」という夾の言葉に何故か流れる透の涙が意味深なのです。

・TVアニメ『フルーツバスケット(2ndシーズン)』第16話「だからつたえて」の視聴感想・作品情報等を書いています。作品をもう少し楽しんでいただく一助となれば幸いです。

前回の感想(第15話)

関連記事

三者面談で過去の因縁から激しいブリザードを巻き起こす担任の繭子先生と紫呉に透は凍結(笑)、それにしても自分の将来を考える透の回想に何故か一瞬浮かぶ夾の姿は一体?・・。母親に自分の将来を決められそうになり大ピンチの由希!しかし颯爽と現[…]

第16話「だからつたえて」【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第16話 あらすじ

魚谷の想い人の名前が「クレノ」だと知った透は草摩紅野と同一人物か確かめるために草摩本家へ出向くが、中から聞こえるヴァイオリンの音色に気をとられて女の子とぶつかってしまう。その子は紅葉の妹、モモだった。モモは透と紅葉が友達だと知ると、秘密の入り口を教えて中へと案内。そして、お願いを聞いてほしいと言う。(HP引用)

脚 本:木戸雄一郎 絵コンテ:井端義秀/鈴木理人 演 出:加瀬 渡 総作画監督:秋山由樹子/亀谷響子/竹本佳子 作画監督:秋月 彩/岩田芳美/加藤万由子/角谷知美/出野喜則/山本里織

アニメ視聴感想(第16話)

ありさの言う想い人が紅野なのか本人確認をするために草摩のお屋敷を訪れた透。

それにしても透とありさの紅野への印象が違いすぎる・・。

「朗らか」かよ!(笑)。ありさの紅野に対する認識は明らかに補正されているような気がします。

ということで草摩の屋敷へと訪れた透でしたが、慊人がいることもあり屋敷に入るのはそれ自体ハードルが高すぎて・・。

でも偶然に紅葉の妹『草摩モモ』と出会い、紅葉の元へ案内したかわりにある「伝言」をお願いされます。

その伝言は「紅葉はモモのお兄ちゃんにならないんですか?」。

第1シーズンをご覧になられた方はご存じの通り、紅葉は自分の家族とは血の繋がらない他人として生きる事を強いられています。

自分が生まれたことによって心を病んでしまった母親を救うために・・。

家族への慕情に焦がれていた紅葉、その伝言には嬉しい涙しかない。

そして当然、私も泣いた(涙)。

このシーンがめちゃくちゃ良くって・・最初は女の子の仕草で喜んでいた紅葉が、しだいに男らしい「お兄ちゃん」の顔になっていくんですよね。

真実を打ち明けることは決してできないけれど、妹の願いは叶えるというカッコ良い紅葉なのでした。

ようやく紅野と出会えた透は、ありさと会って欲しいと彼に話すのですが・・その答えは「NO」。

何にも縛られずに空を飛ぶ鳥をまるで羨んで見ているかのような紅野。

暴虐無人な慊人に支配されている十二支の紅野にとって、それは叶うはずのない「願い」なのです。

それでもいつかきっと・・「願いは生まれ続けるから!」そう言い『ありさ』の連絡先を紅野に渡そうとする透。

しかし彼がそれを受け取ることはなく・・。

でも最後のシーンで紅野はありさの連絡先のメモを手にしていました。

「いつかはきっと」それぞれがそんな思いを願いつつ月を見て幕が閉じられた今話の「フルバ」でありました。

困難な現状でも信じていればきっと明日は・・という良いラストではあったのですが、屋根上の夾と透のシーンはやりきれない切なさがあります。

「お前に好きな人が出来たら俺が協力してやる」そう言った夾の言葉に訳もなく涙が流れる透。

夾が本心で願っている事とは間違いなく逆の言葉ですが閉ざされた未来しかない夾にとって、これが透に対する彼が出来る精一杯の「願い」なのだと思います。

透の涙が叶うはずのない夾の願いを悲しみ流れたものであれば何とも切ないですね。

でも「きっといつかは」という意味でこのシーンを読むと逆に夾が透と・・という結末を示唆している?。

となると由希は?・・どんな最後となるかやっぱり予想が出来ません(笑)。

 

フルーツバスケット』twitterまとめ・商品情報等 (2020.7.21)

フルーツバスケット関連商品

ブルーレイ
原作コミック
フルーツバスケット【期間限定無料版】 1 (花とゆめコミックス)
(2020年9月29日までの期間限定無料。以降はご利用できません。)

 

 関連商品検索

「フルーツバスケット」 放送・配信情報(2ndシーズン)

放送局

テレビ東京  毎週月曜 深夜1:30~
テレビ愛知  毎週月曜 深夜1:30~
テレビ大阪  毎週月曜 深夜2:05~
AT-X  毎週木曜 21時30分~
リピート放送:毎週土曜 13時30分~/毎週火曜 29時30分~

 

配信

U-NEXT・NETFLIX・Hulu・Amazonプライム等で配信


 スタッフ・CAST声優

STAFF
原作・総監修 – 高屋奈月
監督 – 井端義秀
シリーズ構成 – 岸本卓
キャラクターデザイン – 進藤優
美術監督 – 神山瑤子
色彩設計 – 菅原美佳
撮影監督 – 設楽希
編集 – 肥田文
音響監督 – 明田川仁
音楽 – 横山克
音楽制作 – トムス・ミュージック
アニメーション制作 – トムス・エンタテインメント
製作 – フルーツバスケット製作委員会
CAST
本田 透: 石見 舞菜香
草摩 由希: 島﨑 信長
草摩 夾 :内田 雄馬
草摩 紫呉: 中村 悠一
草摩 楽羅: 釘宮 理恵
草摩 紅葉: 潘 めぐみ
草摩 潑春: 古川 慎
草摩 はとり: 興津 和幸
草摩 綾女: 櫻井 孝宏
草摩 杞紗 :上田 麗奈
草摩 燈路: 大地 葉
草摩 利津: 河西 健吾
草摩 依鈴 :豊崎 愛生
草摩 慊人: 坂本 真綾
草摩 藉真: 森川 智之
魚谷 ありさ: 種﨑 敦美
花島 咲 :佐藤 聡美
本田 今日子: 沢城 みゆき
真鍋 翔 :江口 拓也
倉伎 真知 :加隈 亜衣