A.I.C.O. Incarnation 第11話「矜持」【感想・作品情報】

多目的手術装置「アルサス」へと向かうアイコは「私の体は偽物、でも母と弟を大切に思う気持ちは偽物じゃない」と、自らを犠牲にしバーストを収束させることを決意します。重い・・今時のアニメでは絶対にない「重すぎる展開」に心が折れ視聴を止めてしまいそう(泣)。

・TVアニメ『A.I.C.O. Incarnation(アイコ・インカーネーション)』第11話「矜持」の視聴感想・作品情報等を書いています。作品をもう少し楽しんでいただく一助となれば幸いです。

前回の感想

関連記事

オリジナルの『橘アイコ』と対面したアイコは母と弟を連れプライマリーポイントから脱出するよう彼女から言われるのですが、それは「オリジナルのアイコ」が消滅する事を意味していて!?。母と弟との涙の再会を果たしたアイコは自分にしか出来ない「ある[…]

 

「矜持」【第11ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第11話 あらすじ

アイコと再会を果たした雄哉は、大変な決意をアイコから聞かされる。それは、アイコにとって自分自身を犠牲にするものだった。母と弟、そして自分ではない“本物の橘アイコ”を救いたいと話すアイコ。その決意は雄哉の望みでもあったが、受け入れられない自分がいることを雄哉は知る。刻々とタイムリミットが近付く中、桐生病院では伊佐津が新たに動き出そうとしていた。伊佐津と雄哉――由良俊英の因縁の対決が幕を開ける。(HP引用)

脚本:谷村大四郎 絵コンテ:村田和也 演出:蓮井隆弘 作画監督:可児里未、山﨑秀樹、青野厚司、関口亮輔、加藤愛仁 マター作画監督:佐藤由紀、本城恵一朗

第11話「矜持」【アニメ視聴感想】※ネタバレ注意

本当の橘アイコから自分が時間を稼いでいる間に母と弟を連れ逃げるようにと言われたアイコでしたが、それは偽物である自分の役目だと脳の入れ替え手術を行いバーストを収束させることを決断します。私の体は嘘で出来ている、でも「母と弟を大切に思う気持ちは偽物じゃない」と・・。

私はNETFLIXの配信で約2年前にこの作品を視聴をしたのですが、今時のアニメでは中々にない心が折れる展開に視聴を止めようかと一瞬本気で思ってしまいました(笑)。「オリジナルと偽物(人工)」どちらかのアイコの命が犠牲になる・・。

しかし記憶の大半を共有する両者は同じ「橘アイコ」であるとも言え、そしてそれぞれの命の重さを比べることは出来ません。ひと昔流行った「トロッコ問題」以上の究極の選択です。

正確に言うとアイコの選択は果たして正しいのか?という事に苦悩するのはその本人ではなく、神崎であったりアイコに恋心を抱くダイバーの水瀬であったりするのですが・・いずれにせよ誰にも決める事が出来ない究極の選択であることに変りはありません。

娘の柚葉を助けるため伊佐津恭介は暴走!人工生体脳の秘密を由良(神崎)からから聞き出しアイコの手術を妨害します。そしてマターの大活性化で自衛隊のバーストポイントへの攻撃が決定したことを知ると、その凶行は更にヒートアップ!。こんな状況の中、果たしてアイコを「入れ替える」手術は成功するのか!?。

次回の最終回を心して見て欲しい・・。

プライマリーポイントへの自衛隊の攻撃が迫る中、自分のクビを賭けその時間稼ぎをする局長の南原顕子。そして黒瀬もリモートで柚葉マターを操る伊佐津パパを止めるため行動を開始します。オトナの事情に塗れまくっていたこの二人にもようやく見せ場が来た感じでしょうか(笑)。

伊佐津パパは乱心してしまったけど、オトナだったら自分たちのやらかした事(人工生命体暴走)にはちゃんとケリをつけないとね。それが「カッコイイ大人」だと思います。

 

 

 

『A.I.C.O. Incarnation』関連商品情報

ブルーレイ

サウンドトラック(OP/ED主題歌収録)

コミカライズ

 【関連商品】検索 

 

放送・配信情報

放送局

TOKYO MX 毎週日曜22:30~
BS11 毎週火曜24:00~
MBS 毎週火曜27:00~

 

配信

NETFLIXで見放題配信中

amazon・UNEXT・バンダイチャンネル等で有料配信


 スタッフ・CAST

STAFF

原作:BONES
監督:村田 和也
シリーズ構成:野村 祐一
キャラクター原案:鳴子 ハナハル
キャラクターデザイン・総作画監督:石野 聡
コンセプトデザイン:岡田 有章
メインメカニックデザイン:高倉 武史
マターデザイン: 三輪 和宏
美術監督:東 潤一
色彩設計:岩沢 れい子
CGIディレクター:太田 光希
撮影監督:福田 光
編集:坂本 久美子
音楽:岩代 太郎
サウンド・プロデュース:UTAMARO Movement
音楽制作:ランティス
オープニング主題歌:TRUE
エンディング主題歌:白石 晴香
音響監督:明田川 仁
音響効果:古谷友二
アニメーション制作:ボンズ

CAST

橘 アイコ:白石 晴香
神崎 雄哉:小林 裕介
相模 芳彦:古川 慎
水瀬 一樹:村田 太志
芹 遙香:名塚 佳織
三沢 楓:M・A・O
篠山 大輔:竹内 良太
白石 真帆:茅野 愛衣
黒瀬 進:大川 透
伊佐津 恭介:子安 武人
南原 顕子:田中 敦子