A.I.C.O. Incarnation 第5話「記憶」【感想・作品情報】

最後の補給地「柳河原キャンプ」で一夜を過ごす事になったアイコは自分の荷物に父から贈られたプレゼントが混ざっているのを見つけて・・!?、重要な伏線がいくつも提示され謎の転校生『神崎雄哉』の正体についても大きなヒントが?。

・TVアニメ『A.I.C.O. Incarnation(アイコ・インカーネーション)』第5話「記憶」の視聴感想・作品情報等を書いています。作品をもう少し楽しんでいただく一助となれば幸いです。

前回の感想

関連記事

プライマリーポイントを目指すアイコたちの前に立ちはだかるマターの群れ!対するダイバースーツとバイポッドによる「ローラーダッシュ」なスピード感溢れるバトルシーンがカッコイイ!!。マターの大活性化という一大事を前にしてなお自分たちの事情[…]

 

「記憶」【第5ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第5話 あらすじ

ギロチン・シャッターにより、マリグナント・マターの断裂に成功したダイバーたち。周囲一帯のマターは麻痺し、一行は柳河原キャンプで補給を兼ねた束の間の休息を取ることに。武装を解き、それぞれ羽を伸ばすメンバー。同世代のアイコと一樹、楓たちは、これまでの経緯を互いに話し始める。その中、エリア外で活動を進める黒瀬は、南原に接触を図る。東京から黒部に出向いてきた南原、そこにある真意とは。(HP引用)

脚本:野村祐一 絵コンテ:村田和也 演出:菊池聡延 作画監督:菊池聡延、山田勝

第5話「記憶」【アニメ視聴感想】

プライマリーポイントへ向かう道程の最後の補給地・柳河原キャンプで一夜を明かすことになるアイコたち。その現在地は現実世界の「新柳河原発電所」付近ということでよいのでしょうか。

ニッポン旅マガジン

うなづき湖の湖畔にある西洋の城を思わせるフォルムの発電所。平成5年に運用が開始された水路式の水力発電所で、黒部川の出し平…

発電所が西洋のお城のようになっていてとっても素敵な所ですね!これは行ってみたくなる綺麗な場所です。しかし作中世界ではマター侵攻のため川一帯はグログロな状態に・・。ダイバーチームが装備品物資の補給をしている中、自分の荷物の中に父から贈られた謎の球体があることにアイコは気が付きます。

第1話でも登場したこの球体、実は人口生体で作られた生き物だったのです。

三沢楓に「グミ」と名付けられたハムスターもどきのこの・・生き物?。実はアイコ自身の存在に関する大きな伏線の一つでもあるのです。ネタばれになるので詳細は書きませんが、謎の転校生・神崎雄哉の正体についてのヒントも提示されていたりとこれから視聴を愉しむ上でおさえておくべきいくつかのポイントが描かれています。

逆にぼんやり見ているだけだとこれからのお話しに「脱落」してしまうかも?。難しい専門用語も多いですしね。後ダイバーの一樹や楓が自分の身の上を語る場面はラストのオチにも関係しているので要チェック!です。

今回よりプライマリーポイントに向かう一行が時間の多くを過ごすことになる多脚ビーグル『ビートル』。某機動隊のタ〇コマみたいなデザインが対マター用途の車両という軍用でも民間用でもないリアルなデザイン感を主張しています。

一見するとタ〇コマのパクリみたいですが、個人的な初見の印象は80年代のロボットアニメ『巨神ゴーグ』に登場する「キャリアビーグル」でした・・古い。

巨神ゴーグWEBより

このキャリアビークルの多脚バージョンといった感じ。余談ですがこのキャリアビーグルはファイブスター物語の永野護さんがサンライズ(日本サンライズ)在籍時にデザインされたものと記憶しています(たぶん)。

というわけで新装備も手に入れプライマリーポイントへ向けてみんな「ウィルコー!」。しかし同時に自分たちの都合を守るため、それを阻止せんと本格的にオトナたちも動き始めたようなのであります・・。

今回も肌色多めのサービスシーン(?)があったのですが、実はここにも重要な伏線が。皆さんはわかりましたか?。それにしても女性キャラより野郎どもの裸体のほうが「しっかりと」描かれているのはどうしてなんでしょうかね(笑)。

 

 

『A.I.C.O. Incarnation』twitterまとめ・関連グッズ等(2020.08.9)

『A.I.C.O. Incarnation』関連商品情報

ブルーレイ
サウンドトラック(OP/ED主題歌収録)
コミカライズ

 【関連商品】検索 

 

放送・配信情報

放送局

TOKYO MX 毎週日曜22:30~
BS11 毎週火曜24:00~
MBS 毎週火曜27:00~

 

配信

NETFLIXで見放題配信中

amazon・UNEXT・バンダイチャンネル等で有料配信


 スタッフ・CAST

STAFF

原作:BONES
監督:村田 和也
シリーズ構成:野村 祐一
キャラクター原案:鳴子 ハナハル
キャラクターデザイン・総作画監督:石野 聡
コンセプトデザイン:岡田 有章
メインメカニックデザイン:高倉 武史
マターデザイン: 三輪 和宏
美術監督:東 潤一
色彩設計:岩沢 れい子
CGIディレクター:太田 光希
撮影監督:福田 光
編集:坂本 久美子
音楽:岩代 太郎
サウンド・プロデュース:UTAMARO Movement
音楽制作:ランティス
オープニング主題歌:TRUE
エンディング主題歌:白石 晴香
音響監督:明田川 仁
音響効果:古谷友二
アニメーション制作:ボンズ

CAST

橘 アイコ:白石 晴香
神崎 雄哉:小林 裕介
相模 芳彦:古川 慎
水瀬 一樹:村田 太志
芹 遙香:名塚 佳織
三沢 楓:M・A・O
篠山 大輔:竹内 良太
白石 真帆:茅野 愛衣
黒瀬 進:大川 透
伊佐津 恭介:子安 武人
南原 顕子:田中 敦子