2020年春アニメ新番組 フルーツバスケット(2ndシーズン)第1話「お久しぶりです」感想・作品情報

気になる1stシーズンのラストから早半年・・「2ndシーズン」最初に登場するのは『草摩由希』とその親衛隊プリンス・ユキの会長『皆川素子』!、由希への愛が深い彼女の暴走が描かれますが・・その思いの心情に寄り添えるお話しの作りはさすがフルバです!

・2020年春アニメ新番組『フルーツバスケット(2ndシーズン)』第1話「お久しぶりです」作品情報・感想等を書いています。作品をもう少し楽しんでいただく一助となれば幸いです。

 

気になりすぎる1stシーズンのラストから早半年、『フルーツバスケット』の新章がスタートです!

雨降って地固まる・・みたいな区切りよい終わり方と思いきや、まるで海外ドラマのような不穏な伏線を張ったまま終わった1stシーズン。

そして2ndシーズンの放送告知PVを見るとそれを引きづってか、シリアスな雰囲気が漂っていて・・?。

前シーズンでは透が草摩一族の「十二支の呪い」を解く力を持っているのでは?、という事を思わせる描写もあって2ndシーズンはその辺にかなりウェイトをおいたストーリー展開となるのは間違いなさそうですね。

それにしてもこの作品、最初は明るいノリの「ラブコメ」だと思って視聴を始めたのに・・その思いは尽く裏切られた(笑)。

もちろん「良い意味で」です。

たぶん誰もが共感できる何かを心に投げかけてくれる作品・・それが「フルーツバスケット」だと思います。

でも透が幼い日に出会ったという「運命の人」が、果たして由希なのか夾なのか?というのは「ラブコメ」というか少女漫画としての筋をまだ残しているのかも。

「どっちが私の運命の王子さま!?」というのは少女漫画の定番ですからね、たぶん。

今のところ王子様は『由希』のような気がするんですが・・。

というかここでも予想を裏切る展開で、運命の人と結ばれるのがお話しの結末ではないのかも?という気もしています。

これからの展開に気になる所は色々とありますが、とりあえずは2ndシーズン第1話を観てみるとしましょう!。


「1stシーズン」最終回の感想

関連記事

雨が止み、次の一歩を踏み出す由希と夾の姿に透は次の季節を楽しみにするという「雨降って地固まる」ハッピーエンドが暖かい・・と思っていたら、海外ドラマでよくある「不穏すぎる」ラストで続きが気になりすぎます!?(笑) ・TVアニメ『[…]

gifbanner?sid=3363262&

【ストーリー】第1話「お久しぶりです」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1話 あらすじ

『プリンス・ユキ』の会長である皆川素子は、由希が率いる新生徒会役員のメンバーを探っていた。メンバーの中に女性がいて、由希に不埒な行為を働いたらと心配でたまらないらしい。一方、竹井に呼び出され進路指導室を訪れた由希は目を見張る。室内が滅茶苦茶に荒らされていたのだ。そこでは、女性がうずくまっていて……。(HP引用)

脚 本:岸本 卓 絵コンテ:井端義秀/羽原久美子 演 出:土屋康郎 総作画監督:番 由紀子/竹本佳子 作画監督:杉本幸子

アニメ視聴感想(第1話)※ネタばれ注意

第2シーズン第1話のエピソードの主役となったのは生徒会長としての活動をはじめた草摩由希。

そして生徒会で如何にもキャラクターが濃そうな人たちと出会うことに!?。

副会長の『真鍋翔(まなべかける)』と会計の『倉伎真知(くらぎまち)』。

どうやら前生徒会長の竹井が由希のために人選したようなんですが・・明らかに使えない二人(笑)。

でも「何かある」二人であるのは間違いなさそう。

生徒会にいるのは何かの事情や理由があってのこと?・・そこはこれからのお話しの展開に期待です。

そして今回のもう一人の主役がプリンス・ユキの会長『皆川素子』。

いきなり2ndシーズンの始まりで由希への「一方的な」愛の深さを見せつけます!(笑)。

由希の周囲の女の影を洗い出すため(!)前会長の竹井と対決したり、同じくプリンス・ユキのメンバーである『相田リカ』を使い生徒会室に押し入ろうとしたり。

由希しか見えない彼女はいつもの如く暴走を繰り広げるのですが・・。

大好きな由希の笑顔の変化のその向こうに透の存在を見た素子は激しく嫉妬します。

そして由希の目の前で感情を爆発させた自身の醜さにも嫌悪をして・・。

たぶん誰にでも経験があるような、そしてある意味ストレートで何の捻りもないお話しの流れ。なのですが・・何故か心を掴まれるのです。

透の影響で優しい笑顔見せるようになった由希。

その変化に透へ感謝の言葉を浮かべる素子。

透は由希を通して素子も変えていった・・という実にフルバらしいお話しの締め括りでありました。

以前の由希のように自身の「余裕のなさ」を改めた素子でしたが、「由希への愛はまだこれからだ!」というオチもちゃんとついていました(笑)。

そんな反省をしつつも懲りていない?彼女も由希がいなければ(!)本来は「性格の良い子」なのかもしれませんね。

素子と同じく由希にLOVE(!)な竹井ですが、それとは裏腹に由希の頭が痛くなる無能な人事を・・。

そして副会長・真鍋の「由希は戦隊モノだとピンクのポジション」という台詞が伏線となって、第2シーズンでも由希お約束の「女装シーン」はあるのでしょうか?(笑)。

フルーツバスケット』twitterまとめ・商品情報等 (2020.4.7)

 

 

フルーツバスケット関連商品

ブルーレイ
原作コミック
フルーツバスケット【期間限定無料版】 1 (花とゆめコミックス)
(2020年9月29日までの期間限定無料。以降はご利用できません。)
キャラクターグッズ等

 

 関連商品検索

「フルーツバスケット」 放送・配信情報(2ndシーズン)

放送局

テレビ東京  毎週月曜 深夜1:30~
テレビ愛知  毎週月曜 深夜1:30~
テレビ大阪  毎週月曜 深夜2:05~
AT-X  毎週木曜 21時30分~
リピート放送:毎週土曜 13時30分~/毎週火曜 29時30分~

 

配信

U-NEXT・NETFLIX・Hulu・Amazonプライム等で配信


 スタッフ・CAST声優

STAFF
原作・総監修 – 高屋奈月
監督 – 井端義秀
シリーズ構成 – 岸本卓
キャラクターデザイン – 進藤優
美術監督 – 神山瑤子
色彩設計 – 菅原美佳
撮影監督 – 設楽希
編集 – 肥田文
音響監督 – 明田川仁
音楽 – 横山克
音楽制作 – トムス・ミュージック
アニメーション制作 – トムス・エンタテインメント
製作 – フルーツバスケット製作委員会
CAST
本田 透: 石見 舞菜香
草摩 由希: 島﨑 信長
草摩 夾 :内田 雄馬
草摩 紫呉: 中村 悠一
草摩 楽羅: 釘宮 理恵
草摩 紅葉: 潘 めぐみ
草摩 潑春: 古川 慎
草摩 はとり: 興津 和幸
草摩 綾女: 櫻井 孝宏
草摩 杞紗 :上田 麗奈
草摩 燈路: 大地 葉
草摩 利津: 河西 健吾
草摩 依鈴 :豊崎 愛生
草摩 慊人: 坂本 真綾
草摩 藉真: 森川 智之
魚谷 ありさ: 種﨑 敦美
花島 咲 :佐藤 聡美
本田 今日子: 沢城 みゆき
真鍋 翔 :江口 拓也
倉伎 真知 :加隈 亜衣