gifbanner?sid=3363262&

SAOアリシゼーション 第23話「アドミニストレータ」視聴感想[ネタバレあり]

人界の人々の命を救うため自らの命を散らすユージオ!!、そしてキリトとアドミニストレータの「アンダーワールド」をかけた戦いは最終局面に!?

・TVアニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション』第23話「アドミニストレータ」視聴感想・作品情報等を書いています。作品をもう少し楽しんでいただく一助となれば幸いです。

前回の感想

Hi.アニ!

予想しなかった展開の連続、そしてキリトたちとアドミニストレータの対決は最終局面に!! ・TVアニメ『ソー […]…

元老長チュデルキンはあっけなく倒されましたが、アドミニストレータのとっておき「ソードゴーレム」にキリトたちは大ピンチに。しかし蜘蛛のシャーロットの犠牲と助太刀に現れたカーディナルの登場で物語はクライマックスを迎えます!!。

前話視聴していて「!?」となった、一瞬キリトが「黒の剣士」の姿になる場面。こ、これは・・・・どういうこと?(笑)。見ていたユージオもキリトの変化に「なぬっ!?」という顔。そして「蜘蛛のシャーロット」の再登場には「まだおったんかーい!!」と即ツッコミ(笑)。

しかし独りぼっちのキリトがくじけそうな時、姿なき声で支えたのは蜘蛛の彼女。大切な花壇をライオスに荒らされた時に悲しみにくれるキリトを励まし進むべき道を示してくれました。キリトの成長にも大きく影響したことを考えると結構泣けてきます・・。

アニメ第23話「アドミニストレータ」(ストーリー)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第23話  あらすじ

数百年にも及ぶ因縁の相手・アドミニストレータと決着をつけるべく《セントラル・カセドラル》の最上階に現れたカーディナル。秩序の維持を司るプログラムである彼女の本懐、アドミニストレータの抹消を果たさんと動き出すが、倒したはずのソードゴーレムが起き上がり行く手を阻む。そしてアドミニストレータの言葉を聞いたカーディナルは、ソードゴーレムに隠された真実に気付き激昂する。(HP引用)

脚本:木澤行人 絵コンテ:小原正和 演出:徳田大貴、丸山裕介、板庇 迪 総作画監督:山本由美子 作画監督:徳田大貴、古住千秋、神本兼利、浅井昭人、小松沙奈、山本真夕子、山本由美子

アニメ視聴感想(第23話)※ネタばれ注意

人界の人々の命を「神器」として利用しダークテリトリーへと侵攻しようとするアドミニストレータを止めるために、ユージオは自らを神器に変えソードゴーレムを倒します。しかしアドミニストレータを倒す所までは力が及ばずその命を落とす結末に・・。

物語もクライマックスとあって怒涛すぎる展開の連続。OPとかを見ていてユージオは最後は死んでしまうのかな、とは思っていたのですが・・。こういう言い方は不謹慎ですが、泣き虫だったユージオの最後の男らしい表情がすごく良い。

本来気弱なユージオが、人々を救う強い決意でその命を散らす最高に素晴らしいその最後だったと思います。

劇中ユージオと一つになった光に包まれた少女、彼女は奪われてしまった幼い日のアリスの「記憶の欠片」ということでよいのでしょうか。

果ての山脈の洞窟でキリトに「セントラルカセドラルの最上階で待っている」と語りかけたのはアリス本人ではなく「記憶の欠片」だったのですね・・。アリスを取り戻すというユージオの夢が最後にこんな形で叶ってしまうのがとても悲しい・・。

そしてSAOの悪役の例にもれずアドミニストレータの「ゲス顔」炸裂!!、やはり悪役はこうでないと(笑)。次週はキリトとアドミニストレータの最終決戦、アンダーワールドの理である「思いの力」はキリトに勝利をもたらしてくれるのか!?次週がとても楽しみです。

ソードアート・オンライン アリシゼーション 放送局情報

TOKYO MX  毎週土曜24:00
とちぎテレビ 毎週土曜24:00
群馬テレビ  毎週土曜24:00
BS11  毎週土曜24:00
MBS  毎週土曜27:08
テレビ愛知  毎週月曜26:05
AT-X  毎週月曜22:30
Abema TV  毎週土曜24:00(地上波同時配信)

配信

Amazon 、dアニメストア、Hulu、NETFLIX、PlayStation™Video、U-NEXT、バンダイチャンネル、フジテレビオンデマンド等で配信

スタッフ・CAST

スタッフ

原作:川原 礫(「電撃文庫」刊)
原作イラスト・キャラクターデザイン:原案 abec
監督:小野 学
助監督:佐久間貴史
キャラクターデザイン:足立慎吾 鈴木 豪 西口智也
総作画監督:鈴木 豪 西口智也
プロップデザイン:早川麻美 伊藤公規
モンスターデザイン:河野敏弥
アクション作画監督:菅野芳弘 竹内哲也
美術監督:小川友佳子 渡辺佳人
美術設定:森岡賢一 谷内優穂
色彩設計:中野尚美
CG監督:雲藤隆太
撮影監督:脇 顯太朗 林 賢太
モーショングラフィックス:大城丈宗
編集:近藤勇二
音響監督:岩浪美和
効果:小山恭正
音響制作:ソニルード
音楽:梶浦由記
プロデュース:EGG FIRM ストレートエッジ
制作:A-1 Pictures
製作:SAO-A Project

CAST声優

キリト:松岡禎丞
アスナ:戸松 遥
アリス:茅野愛衣
ユージオ:島﨑信長
セルカ:前田佳織里
ロニエ・アラベル:近藤玲奈
ティーゼ・シュトリーネン:石原夏織
カーディナル:丹下 桜
アドミニストレータ:坂本真綾
神代凛子:小林沙苗
菊岡誠二郎:森川智之
ライオス・アンティノス:岩瀬周平
ウンベール・ジーゼック:木島隆一
ソルティリーナ・セルルト:潘めぐみ
ウォロ・リーバンテイン:村田太志
デュソルバート・シンセシス・セブン:花田 光
エルドリエ・シンセシス・サーティワン:益山武明
リネル・シンセシス・トゥエニエイト:木野日菜
フィゼル・シンセシス・トゥエニナイン:小原好美
ファナティオ・シンセシス・ツー:生天目仁美
ベルクーリ・シンセシス・ワン:諏訪部順一