gifbanner?sid=3363262&

SAOアリシゼーション 第14話「紅蓮の騎士」視聴感想[ネタバレあり]

セントラル・カセドラル最上階を目指すキリトとユージオ、初戦の整合騎士デュソルバートはアリス深く関わりのある「あの人」でした!

・TVアニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション』第14話「紅蓮の騎士」視聴感想・作品情報等を書いています。作品をもう少し楽しんでいただく一助となれば幸いです。

前回の感想

Hi.アニ!

いくつもの重要な選択肢がキリトとユージオに示された説明回、でも正直なところ「地味」な回ではあったのかな( […]…

管理プログラムであるカーディナルからアンダーワールドの過去と現状が語られ、やはりキリトとユージオは最高管理者である「アドミニストレータ」が待つセントラルカセドラルの最上階を目指すことに

そして途中、ユージオの目的であるアリスと対決しなければならないことも。果たしてキリトとユージオはアリスの記憶を取り戻し故郷のルーリッド村に戻ることはできるのか!?。

第14話「紅蓮の騎士」【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第14話 あらすじ

カーディナルから世界の命運を託され、キリトとユージオは、《セントラル・カセドラル》の最上階を目指す。中途では武具保管庫に置かれた膨大な武器の中から奪われた愛剣を無事に見つけた2人だが、そこに整合騎士デュソルバート・シンセシス・セブンの弓矢が襲い掛かる。彼の操る神器《熾焔弓》から放たれる無数の矢を辛くも弾き切った2人だが、矢を使い切ったはずのデュソルバートの弓にとある変化が起きる。(HP引用)

脚本:中本宗応 絵コンテ・演出:石川俊介 総作画監督:鈴木 豪 作画監督:チョン・ヨンフン、秋月 彩、三股浩史、木村行隆、北條直明、熊川ありさ

アニメ視聴感想(第14話)※ネタばれ注意

OPが新しいものに替わり、セントラル・カセドラル攻略がこれからのお話しの軸になることがはっきりと描かれたものに。これは盛り上がる展開しか見えない!。さて初戦の相手は紅い甲冑に身を包んだ「炎の属性」の整合騎士。攻撃力がある大技を繰り広げてきますがユージオと青薔薇の剣の氷属性の攻撃に敗れます。

そして驚いたことに彼は過去アリスを連れ去った整合騎士「デュソルバート・シンセシス・セブン」でした。

えっ!これはアリスについてかなり重要な情報が語られるのではと思ったのですが・・やっぱり記憶を操作されていました(笑)。でもその代わりに、この上50階で複数の整合騎士がキリトたちを待ち受けている事が判明。

正面突破はかなり厳しそうですがキリトには何か策がありそうです。

29階でひょっこり現れた2人の少女、彼女達は敵?味方?。何か罠の匂いもする最後のカットでしたが、まあキリトさんであれば楽々っと攻略なんでしょうね(笑)。

今話、というかOPでちょっと気になったところが。旧OPでは最後に同じ道を歩く二人の姿が描かれるのですが新OPではキリトとユージオは別の方向に歩いていきます。私は原作小説を読んでいないのですが最後はキリトがログアウトし現実世界に帰っていく、という物語ラストの暗示なんでしょうか。

それとは全く別の「別れ方」が待っている?。以前キリトとユージオの別れの挨拶「ステイ・クール」のやりとりがありましたが、最後どんな別れ方になるのか今から少し気になるカットでありました。

今話の戦闘で度肝を抜いたのがキリトのアインクラッド流「片手クルクル剣」スピニングシールド(笑)。ちょっとした見せ場なのにもうちょっとスキル発動時の「見せ方」は何とかならなかったのかな?(笑)一瞬笑顔になってしまった!。

というかこの「スキル」普通の実戦で使いどころはあるの!?。

『ソードアート・オンライン アリシゼーション』掲載誌紹介 (2019.1.13)

ソードアート・オンライン アリシゼーション 放送局情報

TOKYO MX  毎週土曜24:00
とちぎテレビ 毎週土曜24:00
群馬テレビ  毎週土曜24:00
BS11  毎週土曜24:00
MBS  毎週土曜27:08
テレビ愛知  毎週月曜26:05
AT-X  毎週月曜22:30
Abema TV  毎週土曜24:00(地上波同時配信)

配信

Amazon 、dアニメストア、Hulu、NETFLIX、PlayStation™Video、U-NEXT、バンダイチャンネル、フジテレビオンデマンド等で配信

スタッフ・CAST

スタッフ

原作:川原 礫(「電撃文庫」刊)
原作イラスト・キャラクターデザイン:原案 abec
監督:小野 学
助監督:佐久間貴史
キャラクターデザイン:足立慎吾 鈴木 豪 西口智也
総作画監督:鈴木 豪 西口智也
プロップデザイン:早川麻美 伊藤公規
モンスターデザイン:河野敏弥
アクション作画監督:菅野芳弘 竹内哲也
美術監督:小川友佳子 渡辺佳人
美術設定:森岡賢一 谷内優穂
色彩設計:中野尚美
CG監督:雲藤隆太
撮影監督:脇 顯太朗 林 賢太
モーショングラフィックス:大城丈宗
編集:近藤勇二
音響監督:岩浪美和
効果:小山恭正
音響制作:ソニルード
音楽:梶浦由記
プロデュース:EGG FIRM ストレートエッジ
制作:A-1 Pictures
製作:SAO-A Project

CAST声優

キリト:松岡禎丞
アスナ:戸松 遥
アリス:茅野愛衣
ユージオ:島﨑信長
セルカ:前田佳織里
ロニエ・アラベル:近藤玲奈
ティーゼ・シュトリーネン:石原夏織
カーディナル:丹下 桜
アドミニストレータ:坂本真綾
神代凛子:小林沙苗
菊岡誠二郎:森川智之
ライオス・アンティノス:岩瀬周平
ウンベール・ジーゼック:木島隆一
ソルティリーナ・セルルト:潘めぐみ
ウォロ・リーバンテイン:村田太志
デュソルバート・シンセシス・セブン:花田 光
エルドリエ・シンセシス・サーティワン:益山武明
リネル・シンセシス・トゥエニエイト:木野日菜
フィゼル・シンセシス・トゥエニナイン:小原好美
ファナティオ・シンセシス・ツー:生天目仁美
ベルクーリ・シンセシス・ワン:諏訪部順一