『revisions(リヴィジョンズ)』第11話「最後の希望」視聴感想[ネタバレあり]

渋谷の人々の希望を背負い「量子脳」破壊のため大介は単身リヴィジョンズ本拠地へ、しかし最後に全てを覆す驚愕の展開が!?

・2019年冬アニメ『revisions(リヴィジョンズ)』第11話「最後の希望」聴感想・作品情報等を書いています。作品を楽しむ為の参考にしていただければ嬉しいです。

前回のお話し(第10話)

何とかリヴィジョンズから渋谷の街を守ったS.D.Sでしたがもうストリング・パペットのエネルギーは無く、何より今まで頼りにしていたミロも過去へ向かいます。そして謎のメカ「ゲシュペンスト」の正体は慶作?。視聴していて事態がどう転ぶのかもう分からない・・(笑)。

前回の感想記事

関連記事

生き残りをかけた「S.D.S 対 リヴィジョンズ」の渋谷攻防戦、その最中再び現れたゲシュペンストは慶作なのか!?・2019年冬アニメ『revisions(リヴィジョンズ)』第10話「みんなの街」視聴感想・作品情報等を書いてい[…]



「revisions(リヴィジョンズ) 」 放送局情報
フジテレビ 毎週水曜日24:55~25:25
関西テレビ 毎週火曜日25:55~26:25
東海テレビ 毎週土曜日25:55~26:25
テレビ西日本 毎週水曜日25:55~26:25
北海道文化放送 毎週日曜日25:15~25:45
BSフジ 毎週水曜日24:00~24:30

「revisions(リヴィジョンズ) 」配信

NETFLIXで全12話一挙独占配信

時間を超え、2388年に転送された渋谷の中心地。未来人組織アーヴに属するミロに選ばれた高校生、大介と仲間達は、未来人リヴ…


revisions(リヴィジョンズ)とは
『revisions リヴィジョンズ』は、白組制作による日本のテレビアニメ。渋谷の中心部が300年以上先の未来にタイムトラベルする「渋谷漂流」に巻き込まれた主人公たちが、未来人と戦いつつ現代に戻る手段を探す姿を描くオリジナルアニメ作品。

第11話「最後の希望」【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第11話 あらすじ

ミロは行ってしまった。パペットも動かなくなった。渋谷には、もはや希望は残されていないのか。だが大介は、諦めてはいなかった。渋谷民たちも抗っていた。ばらばらだった人々の心がひとつになってゆく。彼らは力を合わせ、最後の決戦に挑む──!(HP引用)

アニメ視聴感想(第11話)※ネタばれ注意

アーブの「2017年渋谷帰還計画」が放棄されたと知り自暴自棄になった剴はS.D.Sを離脱。徐々に荒廃していく渋谷の街でしたが、人々の最後の希望を背負い量子脳破壊のため大介は再びリビジョンズの本拠地に乗り込みます・・。

いくつものどんでん返しがあった今話、まずはストリング・パペットのエネルギーが調達できた事。まさか「人力発電」とは。そしてすごく楽しそう(笑)。

・・でも南海トラフ地震などで予測される大停電を考えれば決して笑い事ではないのかも。劇中に登場した「足踏みタイプ発電機(床発電)」実験的に都内各所に設置され、渋谷にもその一つがあったようです(実験実施は2008年で今はもう設置されてない?)。

そして何よりも意外な展開となりビックリしたのが、特異点となった慶作と融合した「ニコラス」が量子脳を破壊するラスト!(ついでに「ムキュー」殺害)。おそらくですがこれで間違いなく渋谷の街は2017年に戻るはず、でもこんな展開になるとは・・全く予想していませんでした。

今まで大介の前に現れたゲシュペンストは今話のラストで「ニコライと融合した慶作」という理解でいいのかな?。だから大介に敵意を向けたり向けなかったり(笑)そしてマリマリを助けたりと行動に一貫性がなかった・・ということでしょうか。

ということで、どうやって慶作を元に戻すの?なんですけど・・というか観ていて大介は2017年に戻れないっぽいんですけど!?(笑)。来週は最終回だというのにどう着地をするのか全く読めません・・。

最後に「ネタばれ」全開で申し訳ないのですが、大介は予定されていた「主人公(ヒーロー)」ではなかったという展開にもビックリ。アーヴの未来予測では渋谷漂流後、最初にストリング・パペットに乗り込むのは大介ではなく慶作だったという事実が明かされます。

自分が最初から「約束されていたヒーロー」ではなかったことにショックを受ける大介!!。この事をミロは黙っていたようですが・・最終回にどう繋がってくる?。そして大介はニコラスと共に時空の狭間に吸い込まれて!?という気になりすぎるラストシーン。

すぐにも続きを見たいのですが・・ここはグッとこらえて(笑)、来週の楽しみにとっておきます!!。

 

「revisions(リヴィジョンズ)」 スタッフ・CAST
原作:S・F・S
監督:谷口 悟朗
CG監督:平川 孝充
シリーズ構成:深見 真/橋本 太知
キャラクターデザイン原案:近岡 直
メカデザイン:新井 陽平
CGキャラクターデザイン:白井 順
BGコンセプトアーティスト:白田 真人
MattePaintディレクター:大西 穣
美術・設定:坂本 竜
色彩設計:長尾 朱美
撮影監督:高橋 和彦
編集:齋藤 朱里
音響監督:明田川 仁
音楽:菊地 梓
企画:スロウカーブ
アニメーション制作:白組
制作:リヴィジョンズ製作委員会
CAST声優
堂嶋大介:CV:内山昂輝
ミロ:CV:小松未可子
張・剴ガイ・シュタイナー:CV:島﨑信長
張・露ルウ・シュタイナー:CV:高橋李依
手真輪愛鈴:CV:石見舞菜香
浅野慶作:CV:斉藤壮馬
チハル・イスルギ:CV:日笠陽子
ムキュー・イスルギ:CV:田村ゆかり
堂嶋幹夫:CV:櫻井孝宏
矢沢悠美子:CV:遠藤綾
黒岩亮平:CV:てらそままさき
牟田誠一郎:CV:飛田展男
泉海香苗:CV:寺崎裕香
ニコラス・サトウ:CV:大塚芳忠

『revisions』twitterまとめ等 (2019.3.20)



「revisions(リヴィジョンズ)」商品情報 (2019.3.20)

maxresdefault (3)

ブルーレイBOX

発売日:2019/06/28
形態:Blu-ray Disc3枚組+CD
タイトル:revisions リヴィジョンズ BD-BOX ※初回生産限定盤
収録内容
本編:第1話~第12話収録
映像特典:ノンテロップOP・ED、PV集
豪華特典
描き下ろし三方背BOX仕様
書き下ろし小説
オリジナルサウンドトラック
ポイント
1本編すべてを収録したBOX仕様!
2ここでしか読めない書き下ろし小説が封入!
3本編を彩ったBGMを収録したオリジナルサウンドトラック付き!


ノベライズ

  


アンソロジー



コミカライズ

revisions


試し読み

OP・ED・挿入歌等