2019年冬アニメ新番組『荒野のコトブキ飛行隊』第1話「月夜の用心棒」視聴感想[ネタバレあり]

2019年冬アニメ新番組『荒野のコトブキ飛行隊』第1話「月夜の用心棒」視聴感想[ネタバレあり]

水島務監督期待の新作アニメ『荒野のコトブキ飛行隊』、空のガルパン?レシプロの第三少女飛行隊?いや「空飛ぶガンマン」でした!

・2019年冬アニメ新番組『荒野のコトブキ飛行隊』第1話「月夜の用心棒」視聴感想・作品情報等を書いています。作品を楽しむ為の参考にしていただければ嬉しいです。

 2019年冬アニメ注目作「コトブキ飛行隊」視聴してみました

2019年冬アニメもほとんどの作品は第一話の放送が終わりましたが個人的に期待している作品の放送がいよいよ始まりました。SHIROBAKOやガールズ&パンツァーを監督された水島務さんの最新作「荒野のコトブキ飛行隊」。


今作はレシプロ機が登場する空のガルパン?、いやプロペラ機版第三飛行少女隊?。公式HPだけではちょっとどんな作品なのか想像できない・・。


「荒野の~」とタイトルに付く作品は西部劇のイメージなんですが・・とりあえず見てみたいと思います!。

 

荒野のコトブキ飛行隊とは

『荒野のコトブキ飛行隊』(こうやのコトブキひこうたい)は、GEMBA制作による日本のテレビアニメ作品。荒野を舞台に、飛行機を駆る用心棒集団「コトブキ飛行隊」の活躍を描いたオリジナルアニメであり、3DCGと作画のハイブリッド描画で制作される。

第1話「月夜の用心棒」【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらすじ

一面の荒野が広がる世界に空から突然、色々なものが降ってきた。それらは、人々の生活を急激に変えた。とりわけ飛行機がもたらした影響は大きく、以降、世界の潮流は空へと移っていった。
時は流れ――、雇われ用心棒“コトブキ飛行隊”は、厳しいが美しい女社長、頼りない現場の指揮官、職人気質の整備班長など個性的な仲間たちと、お客様の大事な積み荷を守るため、今日も隼とともに大空を翔けてゆく。(HP引用)

【アニメ視聴感想】

一話を観てどんな作品なのか書いてみたいのですが・・色んな説明は2話以降になりそうですね(笑)。とにかく1話は「挨拶代わり」にと言わんばかりに戦闘機とその空戦シーンをこれでもか!と魅せてくれました。

とにかく機体に対しての描き込みがスゴイ!(コックピットも)そしてガルパン同様「音」も凄かった。これはガルパンとか第三飛行少女隊かと思わせておいて「エリア88」です(笑)。「空戦が日常」と作品のキャッチコピーであるようにそれがメインに描かれる作品になりそうですね。

エリア88 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
  • メーカー(著者):新谷 かおる
  • 価格  : Check on Amazon
Amazonのサイトで詳細情報を見る
エリア88 劇場版 [DVD]
  • メーカー(著者):キングレコード
  • 価格  : Check on Amazon
Amazonのサイトで詳細情報を見る


先にまだ世界観など細かい所は分からないということを書きましたが、主人公キリエたち「コトブキ飛行隊」は輸送船を護衛するために雇われた用心棒の様。こんなところも主人公たちが傭兵であるエリア88を連想させて、「コトブキ飛行隊」がどんな「視聴者層」向けの作品かといえば完全に「おっさん」向け(笑)だと思います。

この作品のアニメとしての大きな特徴(?)は今期放送の作品に多い登場キャラクターが「オールCG」で描かれるところなんですが、見ていると主要キャラクター意外は「手書き」なんですね。流石に登場人物全員をCGにするのは色々と制作上の制約があって逆に難しいんでしょうか?。

ただ「手書きとCG」並んで同じ画面に映っても全く違和感なし。手書きと比べると動きは固いのですが中々良いと思います。

ということで一話の感想としてはとても良かった!。ガルパンみたいにある程度「キャラクターの可愛さ」を売りにしている作品ではないように思えたので、それを期待していた人にはちょっと物足りないかも。美少女たちがキャッキャウフフする感じではないですね、雰囲気のベースが西部劇なので。

逆に言う間でもなくミリタリーファンにはこれ以上ない堪らない作品ではないかと(笑)。まさか第二次世界大戦のレシプロ機が活躍するアニメなんて・・個人的にはドイツ軍のメッサーシュミット(me109とか)やアメリカのマスタング、そしてイギリスのスピットファイアなんかも登場させてほしいですね!。

 

主人公キリエが乗る「隼(ハヤブサ)」とは

一式戦闘機(いっしきせんとうき、いちしき – )は、第二次世界大戦時の大日本帝国陸軍の戦闘機。キ番号(試作名称)はキ43。愛称は隼(はやぶさ)。呼称・略称は一式戦、一戦、ヨンサンなど。連合軍のコードネームはOscar(オスカー)。開発は中島飛行機、製造は中島および立川飛行機。

四式戦闘機「疾風」(キ84)とともに帝国陸軍を代表する戦闘機として、太平洋戦争(大東亜戦争)における事実上の主力機として運用された。総生産機数は5,700機以上で、旧日本軍の戦闘機としては海軍の零式艦上戦闘機に次いで2番目に多く、陸軍機としては第1位。

日本海軍じゃなくて陸軍の戦闘機をもってくるのはマニアックなチョイスなのかも。というか輸送船を襲っていたのはゼロ戦?、もしも「対決したらどっちが強い?」みたいな面白い組み合わせですね。おじさんのかつての「少年ごころ」をくすぐられる感じです(笑)。

 

 

twitterまとめ等





ニュータイプ 2019年2月号
  • 価格  : ¥ 800
  • 販売者 :ネットショップロッキー2
Amazonのサイトで詳細情報を見る


 

「荒野のコトブキ飛行隊」  スタッフ

監督・音響監督  水島努
副監督  神戸洋行
シリーズ構成  横手美智子
メインキャラクター原案  左
キャラクターデザイン  菅井翔
ミリタリー監修  二宮茂幸
ミリタリー設定  中野哲也、菊地秀行、時浜次郎
設定協力  白土晴一
3D監督  江川久志、廣田天
テクニカルディレクター  水橋啓太
アセットディレクター  小薬健太郎
総作画監督  中野統子
作画監督  上野翔太
美術監督  小倉一男
美術設定  須江信人、小川さくら
色彩設計  山上愛子
撮影監督  柏木健太郎、畠山貴匡
編集  吉武将人
音楽  浜口史郎
音響効果  小川恭正
サウンドミキサー  山口貴之
制作  デジタル・フロンティア
アニメーション制作  GEMBA
作画制作  ワオワールド
製作  荒野のコトブキ飛行隊製作委員会

CAST声優

キリエ  鈴代紗弓
エンマ 幸村恵理
ケイト 仲谷明香
レオナ 瀬戸麻沙美
ザラ 山村響
チカ 富田美憂
マダム・ルゥルゥ 矢島晶子
サネアツ 藤原啓治
アンナ 吉岡美咲
マリア 岡咲美保
アディ 島袋美由利
ベティ 古賀葵
シンディ 川井田夏海
ナツオ 大久保瑠美
ジョニー 上田燿司
リリコ 東山奈央

「荒野のコトブキ飛行隊」 放送情報

TOKYO MX  毎週日曜22:30〜
テレビ愛知  毎週日曜26:05〜
MBS 2019年1月15日(火)より 毎週火曜27:00〜
BS11 2019年1月15日(火)より 毎週火曜24:00〜

AbemaTV 2019年1月16日(水)23:00~

配信

Amazon Prime Video・dアニメストア・Netflix・バンダイチャンネル・Hulu・U-NEXT等で配信

 

 

「荒野のコトブキ飛行隊」商品情報

 

OP・ED

フィギュア・キャラクターグッズ等

2019年冬アニメカテゴリの最新記事