gifbanner?sid=3363262&

『どろろ』第11話「ばんもんの巻・上」視聴感想[ネタバレあり]

父と息子の再会、しかし父・醍醐景光は国のため息子である百鬼丸に再び手を掛けるのか!?

・2019年冬アニメ『どろろ』第11話「ばんもんの巻・上」視聴感想・作品情報等を書いています。作品をもう少し楽しんでいただく一助となれば幸いです。

 前回のお話し(第10話)

遂に出会ってしまった百鬼丸と多宝丸、二人には一体どんな宿命が待ち受けているのか・・。今まで百鬼丸は失われた体の部位を取り戻すため何も考えず鬼神を倒せばよかったのですが、それは醍醐の国を苦しめる結果となるはず。

もしその事実を知れば戦乱の世のため命を落とした「ミオ」のことを思い出し、百鬼丸は苦しい選択をすることになりそう。一方の多宝丸ですが父と鬼神との取引をもし知れば・・醍醐の民の為に百鬼丸を殺す?。それとも今でも百鬼丸のことを案じる母のことを思い、優しい性格の多宝丸はその選択に苦しむことになるのかもしれません。

とにかく前話の「兄弟の出会い」から登場人物の思いが複雑に入り混り、新たな展開となりそうな「どろろ」から眼が離せません!。

そういえば前回の「蟹」、鬼神じゃなくて只の(?)妖だったのですね・・どうりであっという間に百鬼丸に倒されたわけです(笑)。鬼神であれば多宝丸は手も足も出なかった?

前回の感想記事

関連記事

「百鬼丸と多宝丸」離れ離れに育った兄弟ふたり、宿命の出会いにその結末は・・!?・2019年冬アニメ『どろろ』第10話「多宝丸の巻」視聴感想・作品情報等を書いています。作品をもう少し楽しんでいただく一助となれば幸いです。 […]

gifbanner?sid=3363262&

「どろろ」とは
『どろろ』は、手塚治虫による日本の少年漫画、またそれを原作とするテレビアニメ、小説、コンピュータゲーム、映画、舞台劇である。戦国時代の北陸や能登半島を舞台に、妖怪から自分の身体を取り返す旅をする少年・百鬼丸と、泥棒の子供・どろろ。この2人の妖怪との戦いや、乱世の時代の人々との事件を描く。

【ストーリー】第11話「ばんもんの巻・上」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第11話 あらすじ

醍醐領に入ったどろろと百鬼丸は、国境の砦跡地に残る1枚の巨大な板塀「ばんもん」の存在を聞く。百鬼丸はばんもんに現れる狐の鬼神と対峙するのであった。(HP引用)

アニメ視聴感想(第11話)※ネタばれ注意

狐の鬼神と対決する百鬼丸、その勝負に割って入ってきたのは我が子を鬼神に売り渡した父・醍醐景光でしたが・・。最後の息子と父の再会のシーン、景光が百鬼丸を助けたようにも見えたのですが・・どうなんでしょう?。

そして弟である多宝丸も生き別れた兄である百鬼丸の存在を知りますが、やはり先に書いたように父と母の間でその心は激しく揺れ動くことになりそうです。

今話の百鬼丸、ほんの少しですが以前より喋るシーンが増えました(喜)。お話しの流れの中でこれからは百鬼丸の声を聞くことも多くなるのかな?妖相手であれば会話は必要無いのでしょうが・・(笑)。再会した父に百鬼丸は一体何を語るのか!?、次週のお話しが楽しみです。

ところで百鬼丸が多宝丸と景光にそれぞれ出会うシーン、「心の色」を見て百鬼丸は二人が血を分けた肉親であることを「直感した」という理解でいいのかな?。百鬼丸の心の色が父のそれと似てきているのは何とも皮肉です。

『どろろ』twitterまとめ・商品情報等  (2019.3.18)


  

「どろろ」関連商品

ブルーレイBOX


原作コミック

 

 

関連商品検索

 

放送・配信情報

放送局
TOKYO MX  毎週月曜22:00
BS11 毎週月曜24:30
時代劇専門チャンネル  毎週金曜26:00

配信

Amazon Prime Videoにて 日本・海外独占配信


スタッフ・CAST声優

スタッフ
原作 手塚治虫
監督 古橋一浩
シリーズ構成 小林靖子
キャラクター原案 浅田弘幸
キャラクターデザイン 岩瀧智
美術監督 藤野真里
色彩設計 三笠修
撮影監督 大山佳久
編集 武宮むつみ
音楽 池頼広
音響監督 小泉紀介
音響効果 倉橋静男
アニメーション制作 MAPPA/手塚プロダクション
製作 ツインエンジン
CAST声優
百鬼丸 鈴木拡樹
どろろ 鈴木梨央
琵琶丸 佐々木睦
醍醐景光 内田直哉
多宝丸 千葉翔也
寿海 大塚明夫
縫の方 中村千絵
ナレーション 麦人