2019年冬アニメ新番組『どろろ』第1話「醍醐の巻」視聴感想[ネタバレあり]

50年ぶりのリメイク作品は意外にも「女子向け!?」、美少年「百鬼丸」とカワイイ「どろろ」のコンビに注目です!!

どろろ

・2019年冬アニメ新番組『どろろ』第1話「醍醐の巻」視聴感想・作品情報等を書いています。作品を楽しむ為の参考にしていただければ嬉しいです。

 2019年冬アニメ「どろろ」なんと50年ぶりのリメイク作品をamazon primeで視聴しました!

続編アニメラッシュの昨今ですが熱いファンのエールを受け何と第一作(1968年)から50年ぶりの復活です!。・・って、平成も終わろうとしている時に「一体、誰徳!?」のアニメ化なんですが・・「おっさん」というか「おじいさん」向け?(笑)。

制作を手掛ける「MAPPA」こういう作品が多いですよね・・大人の視聴者層を明らかに狙っているというか。昨年制作された「BANANA FISH」もそうですし、ゾンビランドサガもその層の視聴はかなり意識して作られていると思うんですよね。

BANANA FISH Blu-ray Disc BOX 2(完全生産限定版)
  • 価格  : ¥ 13,184 ¥ 17,280 prime
  • 販売者 :Amazon.co.jp
Amazonのサイトで詳細情報を見る


にしても第一作が1960年代に作られたアニメは「大人」すぎますが(笑)。

もちろん私は第一作を見たこともないし原作コミックも読んだことはありません。だいたいの視聴者は生まれる前の作品、というか原作者である手塚治虫先生が亡くなったのが30年前ですよ!。キービジュアルなどからは手塚っぽさは「皆無」、一体どんなアニメになるんでしょう・・。

「どろろ」とは

『どろろ』は、手塚治虫による日本の少年漫画、またそれを原作とするテレビアニメ、小説、コンピュータゲーム、映画、舞台劇である。

戦国時代の北陸や能登半島を舞台に、妖怪から自分の身体を取り返す旅をする少年・百鬼丸と、泥棒の子供・どろろ。この2人の妖怪との戦いや、乱世の時代の人々との事件を描く。

手塚治虫エッセイ集成 私的作家考 (立東舎文庫)
  • メーカー(著者):手塚 治虫
  • 価格  : ¥ 972 prime
  • 販売者 :Amazon.co.jp
Amazonのサイトで詳細情報を見る


※一点だけ豆知識としてこの作品で私が知っていることは「どろろ」は主人公の名前ではなく、主人公と行動をともにする「サブキャラの少年の名前」だということ。何故なのかは知りませんけど(笑)。

 

第1話「醍醐の巻」【ストーリー】

2019-01-07 (100)

 

2019-01-07 (105)

 

2019-01-07 (126)

 

2019-01-07 (191)

 

2019-01-07 (269)

 

2019-01-07 (302)

 

2019-01-07 (320)

 

2019-01-07 (325)

 

2019-01-07 (356)

 

2019-01-07 (365)

 

2019-01-07 (384)

 

2019-01-07 (403)

 

2019-01-07 (804)

 

2019-01-07 (835)

 

2019-01-07 (857)

 

2019-01-07 (876)

 

2019-01-07 (899)

 

2019-01-07 (910)

 

2019-01-07 (928)

 

2019-01-07 (993)

 

2019-01-07 (1022)

 

2019-01-07 (1030)

 

2019-01-07 (1044)

 

2019-01-07 (1109)

 

2019-01-07 (1140)

 

2019-01-07 (1224)

 

2019-01-07 (1360)

 

2019-01-07 (1392)

 

2019-01-07 (1428)

 

2019-01-07 (1440)

 

2019-01-07 (1537)

 

2019-01-07 (1538)

 

2019-01-07 (1582)

 

2019-01-07 (1614)

 

2019-01-07 (1652)

 

2019-01-07 (1680)

 

2019-01-07 (1690)

 

2019-01-07 (1719)

 

2019-01-07 (1732)

 

2019-01-07 (1756)

 

2019-01-07 (1772)

 

2019-01-07 (1790)

 

2019-01-07 (1819)

 

2019-01-07 (1825)

 

2019-01-07 (1907)

 

2019-01-07 (1966)

 

2019-01-07 (1974)

 

2019-01-07 (1976)

 

2019-01-07 (1992)

 

2019-01-07 (2149)

 

2019-01-07 (2185)

あらすじ

時は戦国。醍醐の国の主である景光は領地の繁栄のため鬼神と取引し、対価として生まれる我が子を差し出した。時は流れある日、幼い盗賊どろろは妖怪に襲われている所を謎の少年に助けられる。その少年の身体は、どこもかしこも造り物なのであった。

【アニメ視聴感想】

2019-01-07 (1959)

1話を見てザックリとわかった事は「鬼神」(見た目妖怪)と親が取引をして失った体の部位を、妖怪を倒すことによって主人公の少年「百鬼丸」が取り戻していく「冒険アクション時代劇」風の作品、という感じになるのかな。

ちなみに今回妖怪を倒して取り戻したのは「顔」。エピソードが進むにつれ眼や耳、そして声なども元に戻っていくという事でしょうか。シンプルなお話しだったのですぐに大まかなストーリーラインも理解でき次週も楽しみ。

お話しの方はシンプルでしたが作画のクオリティはさすがMAPPA!。「BANANA FISH」同様ちょっと懐かしさを感じる作画の線でしっかりとアクションを魅せてくれます。そして画の傾向だけで見るとやはり「女子向け」の作品となるみたいです。

主人公の百鬼丸が中々の「美少年」のようなので女性ファンはぜひチェック!、一度見ていただきたい作品です!。

 

2019-01-07 (1192)

今回印象に残ったのが百鬼丸とおそらく行動をともにする事になるであろう少年「どろろ」。女性声優の「鈴木梨央」さんが声をあてているのですが、少年の声に「寄せて」いなくてすごくカワイイんです(女の子っぽい)。

というか「アニメ声に全然寄せてていない」(笑)。経歴をみると元々子役の方みたいなので声の演技が自然、でも逆を言うと「棒」っぽく聞こえてしまう方もいるかも。個人的にはステレオタイプの「少年の声」じゃなかったのに驚くと当時に案外と「気持ちよかった」(笑)。

等々「観て」初めて分かるところも多く決して「おじいさん向け」(スイマセン・・)のアニメではないということです。付け足しになりますがOP・EDもカッコよくて完全にこちらは若者向けでした。

 

twitterまとめ等


テガミバチ 1 (ジャンプコミックス)
  • メーカー(著者):浅田 弘幸
  • 価格  : ¥ 473 prime
  • 販売者 :Amazon.co.jp
Amazonのサイトで詳細情報を見る


 

「どろろ 」  スタッフ

原作 手塚治虫
監督 古橋一浩
シリーズ構成 小林靖子
キャラクター原案 浅田弘幸
キャラクターデザイン 岩瀧智
美術監督 藤野真里
色彩設計 三笠修
撮影監督 大山佳久
編集 武宮むつみ
音楽 池頼広
音響監督 小泉紀介
音響効果 倉橋静男
アニメーション制作 MAPPA/手塚プロダクション
製作 ツインエンジン

CAST声優

百鬼丸 鈴木拡樹
どろろ 鈴木梨央
琵琶丸 佐々木睦
醍醐景光 内田直哉
多宝丸 千葉翔也
寿海 大塚明夫
縫の方 中村千絵
ナレーション 麦人

「どろろ 」 放送情報

2019年1月7日よりTOKYO MXにて 毎週月曜22:00から放送開始

2019年1月7日よりBS11にて 毎週月曜24:30から放送開始

2019年1月11日より 時代劇専門チャンネルにて 毎週金曜26:00から放送開始

配信

Amazon Prime Videoにて 日本・海外独占配信

「どろろ」商品情報

159582

原作コミック

OP・ED