『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか』第4話「子供は子供で、親も親で人間で、色々あるけど何とかするのが親子だろ。」感想・作品情報[一部ネタバレあり]

前回までのエロスな路線とは打って変わり「母の愛」を熱く語る真々子さんがカッコいい!!まるで「異世界転生もの」のワンシーンみたい(笑)

・2019年夏アニメ『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか』第4話「子供は子供で、親も親で人間で、色々あるけど何とかするのが親子だろ。」感想・放送情報[一部ネタバレあり]視聴感想・作品情報等を書いています。作品をもう少し楽しんでいただく一助となれば幸いです。

前回の感想

前話もラッキースケベどころかヒロイン全員と温泉で混浴という全くブレていない「お母好き」ですが、ホスト狂いのワイズの母親「夜の女帝」の登場で母と子が仲良くなるというMMMMMORPGのゲーム目的の本筋に戻っていきそう!?。

それにしても真人とワイズの二人、どう見ても「合体」しています(笑)。そんな「文字通り」の息子(ムスコ)の姿をみても動じない真々子さん、これが母親(オカン)ってやつなんですかね・・。

 

第4話「子供は子供で、親も親で人間で、色々あるけど何とかするのが親子だろ。」【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第4話 あらすじ

夜の女帝の正体は、なんとゲーム内でケンカ別れしたワイズの母親だった。娘と別行動で、彼女は自分の趣味丸出しでゲームをエンジョイしていたのだ。しかもシステムを改変可能なチート能力を使っているらしく、運営側の白瀬も太刀打ち出来ない。本来なら損害賠償ものの大問題だが、白瀬はワイズと夜の女帝が仲直りできれば、そこは大目にみてくれるという。屈強な青年たちを玉座代わりにしてご満悦の実母の放蕩ぶりに、恥ずかしさめいっぱいのワイズは、白瀬の提案に乗り、真人たちもワイズに協力することにした。(HP引用)

脚本:赤尾でこ 絵コンテ:冨永恒雄 演出:冨永恒雄 作画監督:松本文男

アニメ視聴感想(第4話)※ネタばれ注意

前回までとは打って変わって「光のママ」真々子さんと「闇のママ」夜の女帝ことワイズの母・和乃さんが激しくぶつかり合う戦闘回。母の愛を熱く語りそしてぶつける真々子さんの姿がカッコイイ!!。いつのまにか熱血バトルが展開され何だか普通に「異世界転生系」の物語みたいに・・(笑)。

それにしてもワイズのママである夜の女帝、なんでもありのSAOアリシゼーションに登場するVR世界の全能神・アドミニストレータみたいな存在になっていました(笑)。

親子喧嘩の二人は仲直りしクエストは達成、そして最後はワイズもしっかりとお母さんと一緒の顔になっていました(笑)。

ワイズの素直になれないツンデレな態度はお母さん譲り?。今回みたいなちょっとジーンとなる感動エピソードの変化球もいいですが、紳士の「夜のお楽しみシーン」を次回は期待しています(笑)。

・・次回は新たな「嫁」投入ですか。

 

『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか』twitterまとめ等 (2019.8.2)

 

 関連商品検索

 

放送・配信情報

放送局
TOKYO MX (金)24:00~
BS11 (金)24:00~
とちぎテレビ (金)24:00~
群馬テレビ (金)24:00~
MBS (土)27:38~
テレビ愛知 (火)26:05~
AT-X (土)23:00~
長崎文化放送 8月6日(火)25:55~

配信
dアニメストア・フジテレビオンデマンド・Hulu・NETFLIX・U-NEXT・Amazon等で配信

 スタッフ・CAST

STAFF
原作: 井中だちま COMMENT(ファンタジア文庫/株式会社KADOKAWA)
原作イラスト: 飯田ぽち。
監督: 岩崎良明
シリーズ構成: 赤尾でこ
キャラクターデザイン: 八重樫洋平
総作画監督 :八重樫洋平/渡辺真由美
プロップデザイン: きむらひでふみ
色彩設計: 鈴城るみ子
美術設定: 高橋麻穂
美術監督: 岩瀬栄治
撮影監督: 高橋昭裕
3DCG: J.C.STAFF
編集: 須藤 瞳(REAL-T)
音楽: 井内啓二
音響監督: 濱野高年
アニメーション制作: J.C.STAFF
製作: お母さんは好きですか?製作委員会
CAST
大好真々子: 茅野愛衣
大好真人: 石谷春貴
ワイズ: 鈴代紗弓
ポータ: 原田彩楓
メディ: Lynn
白瀬: 新井里美