q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B01M4L5OXM&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL250_&tag=hi

『COP CRAFT』第12話(最終回)「TWO WORLDS,TWO JUSTICES」感想・作品情報

魔女の宅急便のキキのような「落ち込む事もあるけれど、私この街が好きです。」というティラナの語りで終わり、現実の問題は山積みですがとりあえずはGOOD END!、そして第2期の製作はちょっとなさそう・・かな?

・2019年夏アニメ『COP CRAFT』第12話(最終回)「TWO WORLDS,TWO JUSTICES」視聴感想・作品情報等を書いています。作品をもう少し楽しんでいただく一助となれば幸いです。

前回の感想

Hi.アニ!

市長候補暗殺の黒幕とその目的は分かってきましたが・・地球人とセマーニ人の間の取り払えない「壁」を言い表している『嫌なら帰…

市長選候補者襲撃事件の黒幕はセマーニ世界の魔術師・ゼラーダだと判明しましたが、彼が世界の断絶を望む理由は地球世界への憎しみからなのか・・それとも愛国?。

違う世界の二者は「理解し合える」のか?。前回の感想でも書いたのですが、投げかけられたこのテーマはファンタジーな物語のお題ではなく現実にいま我々が直面している問題です。

いがみ合いから始まり一緒の時間を過ごし「相棒」と言える関係になったケイとティラナ。最終回でふたりは「世界の対立」に何らかの進む道をさし示してくれるのでしょうか?。

 

第12話「COCK ROBIN, JOHN DOE」【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■第12話 あらすじ

ゼラーダの目的が判明する。その理由を聞いたティラナは・・・(HP引用)

アニメ視聴感想(第12話)※ネタばれ注意

地球世界のことに理解を示そうとしないゼラーダを、互いの武器を取り換えたケイとティラナが成敗(?)するシーンが爽快でカッコイイ!。そしてティラナがゼラーダに言った「私たちは変わらなければならない」というセリフも良いですね。ちょっと意味は違ってきますがオバマ元大統領のスピーチの言葉「Change Yes We Can!」なのです。

そして以前ティラナに軽蔑の言葉を吐きかけた若い警官と握手を交わす最後のシーンは「Yes We Can.Yes We Did!.」と言ったところでしょうか。対話することを諦めなければ人はきっと「分かり合えるはず」良い最終回のお手本だと思います。

しかし一方でアニメーションの作り方としてはやはり「?」疑問符が付きます。ティラナの「魔女の宅急便」のキキみたいな語り(笑)のシーンなんですが、てっきり手紙を書いているのだと思っていたら、それを書いていたのはメモ帳?。以前より作画が気になるシーンはいくつもありましたが、なんというか・・何かが根本的におかしいのかも。

そして特殊エンディングのあとに何故か通常のオープニングを持ってきたりとか(笑)。このセンス、私はついていけないかな・・。こんな感じであればアニメーションの続編(第2期)はもういいのかな・・、という気持ちになってしまいますね。

アニメのほうはともかく(!)、登場キャラクターや作品のテーマはすごく面白いと感じたので原作小説は読んでみよう!とは思っています。そういう意味で考えれば原作小説のプロモーションとしてアニメは大成功だった!?(笑)。

個人的には同じく賀東さん原作の「フルメタルパニック!」の続きがすごく観たいのですが・・どうなんでしょうか?、今でも何かの拍子でオープニング曲が勝手に脳内再生されます(笑)。でも制作会社だった「ジーベック」はもう既にない(泣)。しかしだからこそ次こそは!ロボットアニメといえばあの「サ○ライズ」できっと続編が制作されるはず!・・といまだに妄想をしてしまう私なのでした(笑)。

『COP CRAFT』商品紹介 (2019.9.30)

■『COP CRAFT』関連商品

原作小説

ブルーレイ

OP/ED主題歌

 

放送・配信情報

放送局
TOKYO MX (月)24時より
KBS京都 (月)24時30分より
BS11 (月)24時より
AT-X (月)24時30分より
リピート放送:毎週水曜16時30分より/毎週土曜8時30分より/毎週日曜26時30分より
WOWOW(水)24時30分より
※第1話は無料放送

 

配信

dアニメストア・Amazonプライム・U-NEXT・Hulu・dTV・フジテレビオンデマンド等で配信

スタッフ・CAST

STAFF
原作:賀東招二コップクラフト DRAGNET MIRAGE RELOADED(小学館『ガガガ文庫』刊)
キャラクター原案:村田蓮爾
監督:板垣伸
シリーズ構成:賀東招二
キャラクターデザイン:木村博美
美術監督:坂上裕文・加藤浩(ととにゃん)
色彩設計:山上愛子(T.D.I)
撮影監督:大見有正(天狗工房)
編集:平木大輔 (アッセフィノーファブリック)
音楽:岩崎琢
音響監督:郷田ほづみ
アニメーション制作:ミルパンセ
オープニング主題歌「楽園都市」:オーイシマサヨシ
エンディング主題歌「Connected」:ティラナ・エクセディリカ (CV:吉岡茉祐)
CAST
ケイ・マトバ:津田健次郎
ティラナ・エクセディリカ:吉岡茉祐
セシル・エップス:折笠富美子
ジャック・ロス:浜田賢二
トニー・マクビー:高橋良輔
アレクサンドル・ゴドノフ:鶴岡聡
ジェミー・オースティン:中原麻衣
キャメロン・エステファン:井上麻里奈
ビズ・オニール:高木渉
ケニー:ボルケーノ太田
ゼラーダ:大塚芳忠