q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B07M75Q2S6&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL160_&tag=hi

『世話やきキツネの仙狐さん』第2話「恥ずかしがらずともよいよい」感想・作品情報[ネタバレあり]

「いいないいな♪人間っていいな・・」普通の幸せな描写に何故か涙溢れる『世話焼きキツネの仙狐さん』第二話、「モッフモフやぞ!!」な仙狐さんの姿にただ癒されます・・(笑)

・2019年春アニメ『世話やきキツネの仙狐さん』第2話「恥ずかしがらずともよいよい」視聴感想・作品情報等を書いています。作品をもう少し楽しんでいただく一助となれば幸いです。

前回の感想

Hi.アニ!

動画工房制作の春アニメ「世話やきキツネの仙狐さん」、平成という暗かった時代を最後に吹き飛ばす(!?)気力体力回復の「甘や…

「世話やきキツネの仙狐さん」第1話の感想を一言でいうと・・良いですね!。仙狐さんの魅力もそうですが、やはり主人公の「中野くん」に感情移入しやすい(というかシンクロ!?)からなんでしょうか。

ため息がこんなに似合う主人公が未だかつていたでしょうか!(笑)。でも仙狐さんいわく「いろおとこ」なので、他のアニメの主人公と同様にそこはシンクロしないのかな・・悲しいけど(泣)。

※「中野くん」の下の名前はクレジットでは表記されていませんでしたが、お母さんやおばあちゃんが呼んでいた「くろと」でいいのかな?。たぶん「黒い(ブラック)」という意味なんでしょうね・・。

それにしてもこの仙狐さんの「『お帰りなさい』なのじゃ!!」は卑怯ですよね・・。疲れ切った体と心にすさまじい破壊力!、癒されすぎて汚れきった己の心と体が「滅され」てしまいそう(笑)。そしてOPテーマが勝手にそして「延々と」頭の中に流れてしまう今日この頃なのです。

「原作コミック」試し読みしてみました!

ComicWalker - 人気マンガが無料で読める!

存分に甘やかしてくれよう!
日々、…

第1話がすごく良かったので「試し読み」で申し訳ないのですが(汗)、原作コミックを読んでみました!。読んでみて思ったのが「これはよいアニメ原作」(笑)。TVアニメからコミカライズしたのでは?と錯覚してしまうほど「ずれ」がないんです。

動画工房の「わたてん」や「ウザメイド」は少なくともキャラクターデザインに「アニメとしてのアレンジ」(良い意味で)がされていたのですが、「仙狐さん」のキャラデザは原作の絵の線を素直に再現していると感じます。そしてお話しのほうも原作の雰囲気そのまま。

これはアニメ化(映像化)する時にそのままで通用する絵とストーリーの「原作力」が原作のコミックにあるからこそ、だと思うんです。ちなみにアニメの第1話は原作コミックの第1話(第1尾)を丁寧に映像化していて、アニメをみて「面白かった」という方はぜひ読んでほしい!、です。

「一尾(コミック第1話)」だけ読むのなら気になるネタバレもないのでアニメの二話以降もバッチリ楽しめますよ(笑)。

第2話「恥ずかしがらずともよいよい」【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2話 あらすじ

翌朝、部屋で仙狐さんの姿を見て、昨晩の出来事が夢ではなかったと理解する中野くん。昨晩遅くに帰宅したにも関わらず、朝食を食べることもなく慌てて出勤していく中野くんの姿を見送った仙狐さんは、帰宅後の彼を存分に甘やかそうと決意します。手始めに一人暮らしですっかり汚れた部屋の掃除に洗濯、料理と、慣れた手付きで家事をこなし始めるのでした。(HP引用)

脚本:中村能子  絵コンテ・演出:関野関十 作画監督:平塚知哉、渡辺 舞、曽我篤史、上杉遵史、徳永さやか、中島大智

アニメ視聴感想(第2話)※ネタばれ注意

「いいないいな♪、人間っていいなーほかほかご飯にピチャピチャおふろ、暖かい布団で眠るんだろうな僕も帰ろお家に帰ろ♪・・」そんな人間としての普通の幸せが30分にぎゅっつと凝縮されていた仙狐さんの第2話。そんな普通が現代の日本社会には「無い!!」(怒)。

今週も凄まじすぎる仙狐さんの「精神攻撃」の連続!、特に「床に直寝」のシーンは私を殺しにかかっていました!(笑)。それにしても中野くんが羨ましい・・圧倒的な「もっふもふやぞコラ!!」な仙狐さんに甘やかされて。

中野くんといえば謎の回想シーンがありましたが、前世で仙狐さんと中野くんは出会っていたということ?。まあ物語にはそんなに大きく関わって来ないのかも、という気もしますが・・前世では仙狐さんのほうが甘やかされていたみたいですね。

今週も幸せすぎた30分、私はAT-Xで視聴しているのでつい30分前までは別の「けも耳」がいじめられているのを見ていたのが嘘のよう(笑)。それにしても中毒性が高いですね、この仙狐さん・・頭の中では「うやっ」というセリフやEDの歌詞の「よいのじゃよ~」が勝ってにへヴィーローテーション(笑)。

すでに来週が待ちきれず禁断症状へとおちいりそう!?。

 

放送局・配信情報

放送局
AT-X 毎週水曜日22:30~ リピート放送:毎週(金)14:30/毎週(日)22:00/毎週(火)6:30
TOKYO MX 毎週水曜日23:30~
テレビ愛知 毎週水曜日26:05~
KBS京都 毎週水曜日25:35~
サンテレビ 毎週水曜日26:00~
BS11 毎週木曜日24:30~
AbemaTV 毎週水曜日23:00~

配信

dアニメストア・NETFLIX・Amazonプライムビデオ・Hulu・U-NEXT等で配信

スタッフ・CAST声優

スタッフ
原作:リムコロ(コミックNewtype/KADOKAWA刊)
監督:越田知明
シリーズ構成・脚本:中村能子
キャラクターデザイン:大島美和
総作画監督:大島美和、曾我篤史、熊谷勝弘
プロップデザイン:永田杏子
美術設定:佐南友理
美術監督:三宅昌和
色彩設計:竹内優太
撮影監督:呉健弘
編集:今井大介
音響監督:土屋雅紀
音響効果:和田俊也(スワラ・プロ)
音楽:藤澤慶昌
音楽制作:KADOKAWA
アニメーション制作:動画工房
製作:世話やきキツネの仙狐さん製作委員会
CAST
仙狐:和氣あず未
中野:諏訪部順一
シロ:内田真礼
高円寺:佐倉綾音
夜空:喜多村英梨