q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B07QKPKJ1W&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL250_&tag=hi

『さらざんまい』第11話(最終回)「第十一皿」感想・作品情報まとめ[ネタバレあり]

一稀・燕太・悠の「さらざんまい」が未来をつなげる素晴らしいラスト、レオとマブも大復活して「胸一杯」の最終回でした!

・2019年春アニメ『さらざんまい』第11話(最終回)「第十一皿」視聴感想・作品情報等を書いています。作品をもう少し楽しんでいただく一助となれば幸いです。

前回の感想 

Hi.アニ!

束の間だけ繋がりを取り戻すマブとレオのさらざんまい「カワウソイヤァ」バージョンが熱い!!(笑)、しかし「愛」を選ぶことで…

カワウソ帝国の「愛より欲望」の理念によりレオへの愛を禁じられていたマブ、しかしレオに拒絶されたことでマブは最後に自分の「欲望」を手に入れることを選択します。自分の命と引き換えにレオへ自分の愛を伝えるマブ、レオが手に入れたかった「本当のマブ」は常に側にいたのです・・。

「愛」に気づかないままマブを失ってしまったレオ。まるでメーテルリンクの「青い鳥」をバッドエンドにしたような二人の結末でしたが、愛し合った確かな証が繋がった「指輪」として残ったのが唯一の救いなんでしょうかね。悲しいことに「twitter」まで消えてしまった・・・。

そして一方、決して切ることが出来ない「兄弟の縁(絆)」に引っ張られて悠は縁の外側へ。悠はレオとマブのように一稀たちと「繋がっていた記憶」まで失ってしまうのか!?。つながりを求め続ける者たちの欲望の物語「さらざんまい」いよいよラストです!。

 

第11話「第十一皿」(ストーリー)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第11話 あらすじ

兄に導かれ、縁の外側を目指す悠。あとを追う一稀と燕太は悠を取り戻せるのか…?ケッピとカワウソの戦いの行方は?愛も嘘も欲望も、すべての痛みを共有してきた三人は、今何を願うのかー?辿り着いた場所で、三人は何を見るのか―?(HP引用)

脚本:幾原 邦彦、内海 照子 絵コンテ:幾原 邦彦、松嶌 舞夢 演出:幾原 邦彦、松嶌 舞夢

アニメ視聴感想(第11話)※ネタばれ注意

過去とのつながりを自分の手で消していく悠。しかし大切なものを失いたくないという「欲望(希望)」が過去から未来まで三人をしっかりとつないで・・。オープニングどおり一稀・燕太・悠の三人が笑い合って肩を抱き合うラストでホントによかった・・(涙)。

最終回だけあってかグッとくる演出の連続でしたね・・未来の三人が今と同じように迷いながらもパスを送り合い、一稀がゴールを決める場面なんか涙なしでは見れません!。そんな中で特に私が「!}と思ったのがレオとマブの「大復活」シーン。ケッピが切り離した自分の「絶望」と一体化したとき繋がったレオとマブのリングから二人が甦るのですが、これって絶望の中からしか「希望(の皿)」は生まれないというメタファーのような気がします。

復活した二人は希望の光で三人が進む道を照らすところがまた深い、自分たちのように迷うことがないようにと・・。「欲望を手放すな」それはきっと決して「希望を捨てるな」ということを強く言い換えたワードなのでしょう。

解釈はいろいろあると思いますが、観たあともいろんな「思い」が次から次へと溢れ出す良い最終回でした。なんだか胸一杯で感想が上手くまとまらないのですけど・・(笑)。

そういえばいつもと違いラストの「つながりたいけど~」のサブタイトル名のシーンがない。代わりに「いざ、未来へ」という言葉が付いたカッパ姿の三人が映し出されたラストシーンに。『つながりたい「けど」~』という後半を打ち消す接続詞である「けど」ではなく、「いざ」となっているのかな?。

『つながりたい、「いざ」未来へ』だったとしたら、とてもよいサブタイトルだと思いませんか?。

後日、配信で確認したら最終話タイトルは「つながりたいから、さらざんまい」となっていました。

3人のつながりを更にゆるぎないものへと連想させる良いサブタイトルだと思います。

『さらざんまい』商品紹介 (2019.6.20)

■『さらざんまい』関連商品

ブルーレイ

 

放送・配信情報

放送局
フジテレビ 毎週木曜 24:55~25:25
秋田テレビ 毎週木曜 25:20~25:50
岩手めんこいテレビ 毎週木曜 24:55~25:25
さくらんぼテレビジョン 毎週木曜 24:55~25:25
仙台放送 毎週木曜 26:00~26:30
福島テレビ 毎週木曜 25:25~25:55
新潟総合テレビ 毎週木曜 25:45~26:15
テレビ静岡 毎週木曜 25:35~26:05
東海テレビ 毎週木曜 26:10~26:40
関西テレビ 毎週木曜 25:55~26:25
テレビ愛媛 毎週木曜 25:15~25:45
テレビ新広島 毎週木曜 25:55~26:25
テレビ西日本 毎週木曜 25:55~26:25
サガテレビ 毎週木曜 24:55~25:25
テレビ熊本 毎週木曜 25:45~26:15
鹿児島テレビ 毎週木曜 26:00~26:30
長野放送 毎週木曜 25:30-26:00
山陰中央テレビ 4月29日 月 25:00-25:30
アニマックス 5月12日 日 24:00~24:30

配信
FOD ・Amazon Prime Video・dアニメストア・NETFLIX等で配信

スタッフ・CAST声優

スタッフ
監督:幾原邦彦
チーフディレクター:武内宣之
シリーズ構成:幾原邦彦・内海照子
キャラクター原案:ミギー
キャラクターデザイン・総作画監督:石川佳代子
コンセプトデザイン:柴田勝紀
助監督:松嶌舞夢
美術監督:藤井綾香 スタジオPablo
色彩設計:辻田邦夫
撮影監督:荻原猛夫
編集:黒澤雅之
音楽:橋本由香利
原作:イクニラッパー
制作:MAPPA/ラパントラック
CAST
矢逆一稀:村瀬 歩
久慈 悠:内山昂輝
陣内燕太:堀江 瞬
ケッピ:諏訪部順一
新星玲央:宮野真守
阿久津真武:細谷佳正
春河:釘宮理恵
久慈 誓:津田健次郎
陣内音寧:伊瀬茉莉也
吾妻サラ:帝子
ゾンビ:加藤 諒