q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B07ZK6PH1C&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL250_&tag=hi

『鬼滅の刃』第4話「最終選別」感想・作品情報[ネタバレあり]

鬼殺隊入隊への「最終選別」に挑む炭治郎、「錆兎と真菰」の過去を知り鬼を討つ使命に目覚めます!

・2019年春アニメ『鬼滅の刃』第4話「最終選別」視聴感想・作品情報等を書いています。作品をもう少し楽しむ為の一助となれば幸いです。

前回の感想

Hi.アニ!

ミステリアスなコンビ「錆兎と真菰」から鍛錬を受ける炭治郎、精神(こころ)を鍛えるという「ジャンプ」王道の展開がまたしても…

謎の二人組「錆兎と真菰」に修行の稽古をつけられる炭治郎、錆兎の面を割ったと同時に最後の「岩を斬る」という試練も終えいよいよ「鬼殺隊」の最終選別へと臨むようですが・・。

ところで選抜じゃなくて「選別」ってどういう事なんでしょ?・・。

第4話「最終選別」【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■第4話 あらすじ

最終選別の合格条件は、鬼殺の剣士が捕らえた鬼たちが閉じ込められている藤襲山で七日間生き延びるということ。若き剣士と鬼の生き残りをかけた戦いが始まる。炭治郎は、鱗滝左近次のもとで身につけた呼吸法と型で着実に鬼を斬っていく。二年にわたる鍛錬は無駄ではなかった。しかし、そんな炭治郎の前に、藤襲山にはいるはずのない異形の鬼が現れる―。(HP引用)

絵コンテ:白井俊行 演出:下村晋矢 作画監督:鬼澤佳代・遠藤花織・松島 晃

アニメ視聴感想(第4話)※ネタばれ注意

いきなりのネタバレになりますが前話登場して炭治郎に修行の稽古をつけていた「錆兎と真菰」は鬼に喰い殺されていたんですね・・。前回は何でこんな回りくどい登場の仕方をするのかちょっと不思議に思っていたのですが、この衝撃の展開には・・やられた!(笑)。

二人が殺されていた事にただ怒りを覚えるだけでなく、ここで鬼を殺さなければこの先も二人のような犠牲者が出ることを知った炭治郎が鬼を殺す「使命に目覚める」激アツなシーンに繋がっていて盛り上がります!。

そして想いを残した者が「導く」という展開も日本的な発想に感じて、私的にはそれがまた「よい」のであります。

日本的といえばOPでも描かれている「刀を走らせる」ときの独特な描写がカッコよかったですね!、何と表現したらいいのか「浮世絵」調とでも申しますか・・普通シリアスな場面にそぐわない表現方法にも思えるのですが、飛沫を飛び散らせ刀を振るシーンには作品の世界観にベストマッチ!。

そして何よりも炭治郎の気迫が込められたその描写に圧倒!された今話の鬼滅の刃でした。

最初に書いた「選別」の件、鬼たちの襲撃から生き残ることが鬼殺隊入隊の条件なので、という事!?。

成績が良い者を選び出すんじゃなくて「鬼の餌」のふるいにかけてるのですね・・なんとも無情であります(全員喰われたら「合格者」ナシ!?)。

放送・配信情報

TOKYO MX 毎週土曜 23時30分~
とちぎテレビ 毎週土曜 23時30分~
群馬テレビ 毎週土曜 23時30分~
BS11 毎週土曜 23時30分~
読売テレビ 毎週月曜 25時59分~
熊本放送 毎週水曜 25時58分~
広島テレビ 毎週水曜 26時09分~
福岡放送 毎週水曜 26時24分~
新潟放送 毎週水曜 26時27分~
メ~テレ 毎週水曜 26時29分~
高知さんさんテレビ 毎週木曜 25時25分~
テレビ愛媛 毎週木曜 25時30分~
長野朝日放送 毎週木曜 25時55分~
静岡放送 毎週木曜 26時03分~
福島中央テレビ 毎週木曜 26時14分~
札幌テレビ 毎週木曜 26時34分~
四国放送 毎週金曜 25時56分~
ミヤギテレビ 毎週金曜 25時59分~
長崎国際テレビ 毎週金曜 25時59分~
岡山放送 毎週土曜 25時50分~
AT-X 毎週月曜 21時00分~リピート放送:毎週(水)13:00/毎週(金)29:00/毎週(日)8:30
Abema TV 毎週土曜 23時30分~

配信

dTV・dアニメストア・Netflix・Amazonプライムビデオ・dアニメストア for Prime Video・U-NEXT・FOD・Hulu等で配信

スタッフ・CAST声優

STAFF
原作: 吾峠呼世晴(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督: 外崎春雄
キャラクターデザイン: 松島 晃
サブキャラクターデザイン: 佐藤美幸 梶山庸子 菊池美花
脚本制作: ufotable
コンセプトアート: 衛藤功二 矢中勝 竹内香純 樺澤侑里
撮影監督: 寺尾優一
3D監督: 西脇一樹
色彩設計: 大前祐子
編集: 神野 学
音楽 梶浦由記: 椎名 豪
制作プロデューサー: 近藤 光
アニメーション制作: ufotable
CAST
竈門炭治郎:花江夏樹
竈門禰豆子:鬼頭明里
我妻善逸::下野 紘
嘴平伊之助:松岡禎丞
冨岡義勇:櫻井孝宏
鱗滝左近次:大塚芳忠
錆兎:梶 裕貴
真菰:加隈亜衣
白髪:井澤詩織
黒髪:悠木 碧
鎹鴉:山崎たくみ
鋼鐡塚:浪川大輔
珠世:坂本真綾
愈史郎:山下大輝
胡蝶しのぶ:早見沙織
善逸の師匠:千葉 繫
栗花落カナヲ:上田麗奈
煉獄杏寿郎:日野 聡
宇髄天元:小西克幸
甘露寺蜜璃:花澤香菜
時透無一郎:河西健吾
悲鳴嶼行冥:杉田智和
伊黒小芭内:鈴村健一
不死川実弥:関 智一
鬼舞辻無惨:関 俊彦
お堂の鬼:緑川 光
手鬼:子安武人
沼の鬼:木村良平
矢琶羽:福山 潤
朱紗丸:小松未可子
響凱:諏訪部順一
累:内山昂輝
蜘蛛の鬼(母):小清水亜美
蜘蛛の鬼(兄):森久保祥太郎
蜘蛛の鬼(姉):白石
蜘蛛の鬼(父):稲田 徹