q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B07QGLNYTT&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL250_&tag=hi

『Fairy gone フェアリーゴーン』第6話「旅の道連れ」感想・作品情報[ネタバレあり]

人工妖精兵の暴走に先の大戦の功労者の影あり!、マーリヤとクラーラの意外な?アクションシーンが華麗に描かれた第6話でした

・2019年春アニメ『Fairy gone フェアリーゴーン』第6話「旅の道連れ」視聴感想・作品情報等を書いています。作品をもう少し楽しんでいただく一助となれば幸いです。

前回の感想

Hi.アニ!

マーリヤを窮地から救い渋く去るヴェロニカ、そして相変わらずのキャラクター追加投入に『銀○英○伝説』を連想します・・…

マフィアに雇われた殺し屋ジョナサンから狙われ窮地に陥ったマーリヤを救ったヴェロニカでしたが、再会を喜びレイ・ドーンの暗殺を諦めるよう説得するマーリヤの前で昔の自分ではないと言わんばかりにジョナサンを惨殺!そしてマーリアの元を去ります・・。まあ殺し屋と言うより快楽殺人者のジョナサン、殺されてしかないキャラクターではありましたが・・。

一方もう一人の殺し屋「パトリシア」は暗殺に失敗して逃亡。ジョナサンに負けず劣らずなイカれキャラ(!)な彼女、再度登場がありそうな感じですね。

第6話「旅の道連れ」【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第6話 あらすじ

皇帝、首相、二人の大公を迎え、盛大に行われる終戦記念式典が迫りつつある最中、試験配備されていた軍の新型人工妖精の暴走事故が起こる。 調査にあたるドロテアの面々。妖精の保全や行政を担当する妖精省、軍を管轄する軍部省も事態を重く見て動き出す。 さらに黒の妖精書〝黒の四〟に関する新たな情報が入り、マーリヤは同僚のクラーラと共に手がかりとなる男を追う。(HP引用)

アニメ視聴感想(第6話)※ネタばれ注意

新たな「黒の妖精書」の情報を入手した違法妖精取締機関ドロテアはマーリヤとクラーラをその捜査に向かわせます。ようやく容疑者をおさえた二人でしたが、その手元には何故か黒の妖精書は無く・・。マーリヤとクラーラ初コンビでの捜査、マーリヤはともかく(?)眼鏡美少女クラーラも相当な武闘派でした(笑)。

マーリヤとの息もピッタリでスケベ心満々の情報屋を鎮圧!。てっきり妖精を出してくると思っていたら華麗な刃物さばきの二人、というかこんな「スケベ親父」殺しちゃおっか?みたいな勢いでしたけど(笑)・・。

今話では先の大戦で武勲を挙げた功労者たちが自分達の待遇に不満を持ってどうやら大きな動きを見せるのか?というところが描かれていました。人工的に作られた「妖精兵」の暴走はどうやらその勢力の仕業の様子。現在妖精兵は人工妖精に置き換わっているという説明だったのでそのすべてが一斉に操られれば体制が一気に覆る激動の展開となりそうですね。

そうなった時現時点では体制側であるドロテアはどちらの陣営につくのか?、なんてことを考えるのもまた楽しい今話のフェアリーゴーンでした。

今まではマーリヤとヴェロニカ、そしてフリーとウルフランなど戦争に翻弄された個人へ主に焦点を当て物語が描かれていたと思うのですが、今話から組織や国家の新たな動きに視線を合わせたお話しとなりそう。また戦争になりそう?次回の展開が楽しみです。

 放送局情報

放送局

TOKYO MX:毎週日曜24:00~
MBS:毎週火曜26:30~
BS11:毎週日曜24:00~
AbemaTV:毎週日曜22:30~
AT-X:毎週日曜24:00~
※リピート放送:毎週(火)21:30/毎週(木)13:30/毎週(土)29:30

配信

Amazonプライムビデオ・dアニメストア・U-NEXT等で配信

 スタッフ・CAST声優

STAFF

原作: Five fairy scholars
監督:鈴木健一
シリーズ構成・脚本:十文字青
キャラクター原案・妖精原案:中田春彌
キャラクターデザイン:清水貴子
美術監督 :東潤一
色彩設計:中野尚美
撮影監督:江間常高
3D監督:宍戸光太郎・市川元成
編集:廣瀬清志
音響監督:明田川仁
音響効果:上野励
音楽プロデュース:(K)NoW_NAME
アニメーション制作:P.A.WORKS
CAST
マーリヤ・ノエル:市ノ瀬加那
フリー・アンダーバー:前野智昭
ヴェロニカ・ソーン:福原綾香
ウルフラン・ロウ: 細谷佳正
クラーラ・キセナリア:諏訪彩花
セルジュ・トーヴァ: 中島ヨシキ
ネイン・アウラー:園崎未恵
ダミアン・カルメ:子安武人
マルコ・ベルウッド:大塚芳忠
レイ・ドーン:津田英三
リリー・ハイネマン:種﨑敦美
ロバート・チェイス:沖野晃司
エレノア・ニード:小松未可子
オズ・メア:間宮康弘
グリフ・マーサー:津田健次郎
カイン・ディスタロル:麦人
アクセル・ラブー:川田紳司
“スウィーティー”ビター・スウィート:寿美菜子
パトリシア・パール:井口裕香
ジョナサン・パスピエール:興津和幸
ビーヴィー・リスカー :江川央生
ソフィー:伊藤静
シュヴァルツ・ディーゼ:土師孝也
ジェット・グレイブ:東地宏樹
ユアン・ブリーズ:乃村健次
チマ:古賀葵
イージェイ・ダーヴェン・ソー:安元洋貴