gifbanner?sid=3363262&

『どろろ』第18話「無常岬の巻」感想・作品情報[ネタバレあり]

「百鬼丸とどろろ」感動の再会!、しかし討伐のため追ってきた「殺る気満々」の多宝丸と大激闘に!?

・TVアニメ『どろろ』第18話「無常岬の巻」視聴感想・作品情報等を書いています。作品をもう少し楽しんでいただく一助となれば幸いです。

前回の感想記事

Hi.アニ!

鬼神との戦いに飲み込まれていく百鬼丸の姿に苦悩する寿海、しかし「息子」の出す答えを親として信じその背中を見送ります・・!…

あくまでも鬼神と戦う道を選ぶという百鬼丸に育て親として困惑する寿海。しかし自分の息子の選択を受け入れ戦いへと再び赴く百鬼丸の背中を見送ります・・。なんというかこれが「親の愛」なんでしょうね。最初は頑なに百鬼丸に反対していた寿海ですが、最終的にそれが百鬼丸の成長となるのであれば、と決断する姿は「親の鏡」と言っても言い過ぎではない!。

我が子を鬼神に売った百鬼丸の実の父・景光とは大違いな(笑)寿海なのでした。

第18話「無常岬の巻」【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■第18話 あらすじ

サメの鬼神が咆哮を上げ、身動きの取れないどろろに襲いかかる。その頃、岬には多宝丸の率いる軍勢が迫っていて…。(HP引用)

アニメ視聴感想(第18話)※ネタばれ注意

サメから鬼神に「進化」(?)した二郎丸はどろろを喰い殺そうと陸に上陸しますが、助けに現れた百鬼丸にあっけなく退治されます!。見かけによらず弱かった・・(笑)、まあ、その後のしらぬいの見せ場の展開があるので、ということではあるのですが。

再会した百鬼丸とどろろ、「会いたかったゼ」と熱い感動のハグ(とキス)をするかと思いきや・・「ネコちゃん」のようにお顔スリスリ(笑)。感動のシーンになるはずなのに「ズコーン」と思いっきりすかされてしまいました!。

l今話はとにかくアクションシーンの見せ場が多いエピソードだったと思います。百鬼丸のことを兄ではなく討伐すべき「鬼神」として肉薄する多宝丸の表情の変化も良く描かれていました。それにしても自分の兄を鬼神呼ばわりとは・・多宝丸は非常な「父親」似なのでした(笑)。

意外に思ったのがどろろが隠し財宝を「一体どうするのか?」というところがはっきりと描かれなかった事。てっきりこの「財宝を使うことで」お話しの流れが大きく変わって来ると思っていたのですが・・どりあえずはそんな事なかったみたい(笑)。このまま財宝放置ENDなのかそれとも・・というのが分かるのはもうちょっと先になるようですね。

・・先にちょっと書きましたが多宝丸の顔、父の景光にだんだんと似て来てます(笑)、中性的な顔立ちの百鬼丸は母親似?・・。この「兄弟の対立」にどう決着がつくのか、その展開がとても楽しみです。

放送・配信情報

放送局
TOKYO MX  毎週月曜22:00
BS11 毎週月曜24:30
時代劇専門チャンネル  毎週金曜26:00

配信

Amazon Prime Video等で配信

スタッフ・CAST声優

スタッフ

原作:手塚治虫
監督:古橋一浩
シリーズ構成:小林靖子
キャラクター原案:浅田弘幸
キャラクターデザイン:岩瀧智
美術監督:藤野真里
色彩設計:三笠修
撮影監督:大山佳久
編集:武宮むつみ
音楽:池頼広
音響監督:小泉紀介
音響効果:倉橋静男
アニメーション制作:MAPPA/手塚プロダクション
製作:ツインエンジン

CAST声優

百鬼丸:鈴木拡樹
どろろ:鈴木梨央
琵琶丸:佐々木睦
醍醐景光:内田直哉
多宝丸:千葉翔也
寿海:大塚明夫
縫の方:中村千絵
ナレーション:麦人