gifbanner?sid=3363262&

『どろろ』第14話「鯖目の巻」感想・作品情報[ネタバレあり]

やはりどろろの背中の地図は「財宝の隠し場所」、そして鯖目は鬼神と契約を結んでいるまたしてもな展開!?

・TVアニメ『どろろ』第14話「鯖目の巻」視聴感想・作品情報等を書いています。作品をもう少し楽しんでいただく一助となれば幸いです。

前回の感想記事

Hi.アニ!

百鬼丸の「兄貴っぷり」にちょっとホンワカした今話、しかし最後に思わぬ展開!どろろの背中に浮かぶ謎の模様の秘密とは?・・…

「おっかちゃん」を思い出ししんみりした気分になってしまった百鬼丸とどろろはその心の傷を癒す(?)ため温泉に浸かるのですが、その背中には「地図」のように見える謎の模様が浮かび上がっていて・・。この謎の地図の出現、これからの展開に大きく関わってきそうな出来事ですが宝ものが隠されているとか」?。

それにしても「見えていない」はずの百鬼丸が「ねっとり」と(笑)いや、真剣にどろろの体を見ていた様な気がしたのは私だけ?。

第14話「白面不動の巻」【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■第14話 あらすじ

どろろと百鬼丸は訪れた焼け寺の跡地で、辺りを治める鯖目という男に出会う。鯖目の屋敷に招かれ焼け寺と妖怪の話を聞くが、不審な点を感じる二人。(HP引用)

アニメ視聴感想(第14話)※ネタばれ注意

やっぱりどろろの背中の模様は父と母が残した莫大な財宝を示している「ゴールデンカムイ」のような刺青(人皮)でした。しかしゴールデンカムイの以上に一体何が書いてあるのか分からない(笑)。地図というより場所に関するヒントみたいなものが刺青には隠されているのでしょうか。

そして醍醐の国の景光に続き鬼神と取引に応じた人間が登場。結果ネタバレになるかもしれませんが尼寺の子供たちは、鬼神との取引の道具として鯖目に殺された?なんとなくそんな気がします。乱世の中でいつも犠牲になるのは「子供」というこの展開がツライ・・。

そんな中、百鬼丸は只このまま「鬼神退治」を続けるのか?という今後の展開が気になります。自分の体を取り戻すことは誰かを苦しめることになる・・百鬼丸だけでなく「自分が生きているだけで不幸になる人がいるのかも?」という誰しも一度は抱く疑問の答えが作中どう描かれるのか・・この作品が持つ最も大きなテーマで物語の終着点であるような気がします。

今話、くすっとしたのが「おんぶお化け」に付きまとわれ助けを求めるどろろに「鬼神じゃない・・」と呟いて先を進む百鬼丸の姿。某水泳アニメの主人公の「俺はフリーしか泳がない・・」というセリフを思い出してしまいました(笑)。

それにしても鬼神にしか(あとミオ)興味ないのね・・。

放送・配信情報

放送局
TOKYO MX  毎週月曜22:00
BS11 毎週月曜24:30
時代劇専門チャンネル  毎週金曜26:00

配信

Amazon Prime Video等で配信

スタッフ・CAST声優

スタッフ

原作:手塚治虫
監督:古橋一浩
シリーズ構成:小林靖子
キャラクター原案:浅田弘幸
キャラクターデザイン:岩瀧智
美術監督:藤野真里
色彩設計:三笠修
撮影監督:大山佳久
編集:武宮むつみ
音楽:池頼広
音響監督:小泉紀介
音響効果:倉橋静男
アニメーション制作:MAPPA/手塚プロダクション
製作:ツインエンジン

CAST声優

百鬼丸:鈴木拡樹
どろろ:鈴木梨央
琵琶丸:佐々木睦
醍醐景光:内田直哉
多宝丸:千葉翔也
寿海:大塚明夫
縫の方:中村千絵
ナレーション:麦人