『キャロル&チューズデイ』第22話「Just Like Heaven」感想・作品情報

ステージママ・ダリアの死に歌う意味を見失いグラミーのステージの上に倒れるアンジェラ、そして白馬の王子・タオは助けに来なかったよ・・

・TVアニメ『キャロル&チューズデイ』第22話「Just Like Heaven」視聴感想・作品情報等を書いています。作品を楽しむ為の参考にしていただければ幸いです。

前回の感想(第21話)

ダリアが倒れその間際に自分は彼の娘ではないことを知らされたアンジェラ。ひとりぼっちでグラミーのステージに臨むプレッシャーに押しつぶされそうなアンジェラは、行方が分からなくなったタオへ助けを求めるメッセージを送るのですが・・。

Carole King 「 It’s Too Late」

キャロル・キング(Carole King, 1942年2月9日 – )は、アメリカ合衆国のシンガーソングライター。1958年16歳でデビューし、1960年代初頭から夫ジェリーゴフィンとの夫婦共作で作家として大ヒット曲を連発した。30歳を過ぎた1970年代には演者として母国の代表的歌手に昇り詰めた。

1960年代の作家としての初期の曲は20曲以上をチャートインさせ、その多くがスタンダード曲として世界中の数多くの歌手に歌われている。 1972年・2013年度『グラミー賞』受賞。1990年『ロックの殿堂』入り。2015年度『ケネディ・センター名誉賞』受賞。

 

 

前回の感想

関連記事

地球へと強制送還されるキャロルの幼馴染・アメルのメッセージに心を動かされるキャロルとチューズデイ、一方独りぼっちとなったアンジェラの心は不安に押しつぶされ崩壊寸前!? ・TVアニメ『キャロル&チューズデイ』第21話「It's […]

TVアニメ『キャロル&チューズデイ』とは?

『キャロル&チューズデイ』は、ボンズ制作、渡辺信一郎総監督による日本のオリジナルテレビアニメ作品。ボンズ20周年かつフライングドッグ10周年記念作品として製作され、2019年4月よりフジテレビの深夜アニメ枠『+Ultra』ほかにて2クールで放送中。本作品では、人類が火星に移住し、AIが音楽を提供するようになった時代において、2人の少女が協力して音楽を生み出しながらミュージシャンを目指す姿が描かれる

第22話「Just Like Heaven」(ストーリー)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第22話 あらすじ

マーズ・グラミーでキャロル&チューズデイは、憧れのクリスタルと共演することになった。何を歌うべきか迷う彼女たちにクリスタルは、闇の中でも一筋の光となるような歌が必要だと語る。そこから新曲作りに悪戦苦闘する毎日が始まった。マーズ・グラミーの本番日は、キャロルの誕生日であるクリスマス。その日の朝、アンジェラはダリアが入院する病院にいた。いよいよ、マーズ・グラミーの幕が上がる。(HP引用)

脚本:中西やすひろ 絵コンテ:三宅将平 演出:三宅将平 総作画監督:紺野直幸 作画監督:ヤマダシンヤ/可児里未/大貫健一/斉藤英子/本城恵一朗/紺野直幸 音楽シーン総作画監督:斎藤恒徳
音楽シーン作画監督:近藤圭一

アニメ視聴感想(第22話)※ネタばれ注意

ダリアを失ない歌うことの大きな意味を失ったアンジェラはグラミーのステージで遂にダウン!、そして白馬の王子様のタオは・・結局現れませんでした(笑)。それにしてもラストシーンのアンジェラの姿が心労が重なって一時的にダウンという感じではないのが気になりますね。

音楽に感謝や喜びを感じているキャロルとチューズデイに対し、歌うことへの意味を失ったアンジェラは精神的には再起不能みたい。生きる目的を失ったとも言えるアンジェラに、その意味を与えてくれるのは・・来週の展開に期待です。

ひょっとしたらですけどアンジェラの生い立ちとタオが過去に行った違法な人体実験って何か関係あるのでしょうか?。まあアンジェラの本当の父親はタオ、という展開とかは流石にないとは思いますが(笑)。

 

 

『キャロル&チューズデイ』twitterまとめ等 (2019.9.19)

 

 

キャロル&チューズデイ』商品情報 (2019.9.19)

ブルーレイBOX

マキシシングル

挿入歌アルバム

掲載書籍等

コミカライズ

無料試し読み

ComicWalker - 人気マンガが無料で読める!

ボンズの最新作を『剣姫、咲く』を描いた山高守人がコミック化!
「きっと忘れない。あの、永遠のような一瞬を。あの、…

「キャロル&チューズデイ」放送・配信情報

フジテレビ 毎週水曜25:05~
テレビ西日本 毎週水曜25:55~
東海テレビ 毎週土曜25:55~
北海道文化放送 毎週日曜25:15~
関西テレビ 毎週火曜25:55~
BSフジ 4/17(水) 24:00~

『キャロル&チューズデイ』配信

NETFLIXで独占配信

Part-timer Carole meets rich girl Tuesday, and each realizes…

アニメ「キャロル&チューズデイ」  スタッフ・CAST声優

スタッフ
原作 – BONES、渡辺信一郎
総監督 – 渡辺信一郎
監督 – 堀元宣
キャラクター原案 – 窪之内英策
キャラクターデザイン – 斎藤恒徳
メインアニメーター – 伊藤嘉之、紺野直幸
世界観デザイン – ロマン・トマ、ブリュネ・スタニスラス
美術監督 – 河野羚
色彩設計 – 垣田由紀子
撮影監督 – 池上真崇
3DCGディレクター – 三宅拓馬
編集 – 坂本久美子
音楽 – Mocky(英語版)
音響効果 – 倉橋静男
音楽制作 – フライングドッグ
アニメーション制作 – ボンズ
CAST
キャロル 声 – 島袋美由利 / 歌 – Nai Br.XX
チューズデイ 声 – 市ノ瀬加那 / 歌 – Celeina Ann
ガス 声 – 大塚明夫
ロディ 声 – 入野自由 / 歌 – Alisa
アンジェラ 声 – 上坂すみれ
タオ 声 – 神谷浩史
アーティガン 声 – 宮野真守
ダリア 声 – 堀内賢雄
ヴァレリー 声 – 宮寺智子
スペンサー 声 – 櫻井孝宏
クリスタル 声 – 坂本真綾
スキップ 声 – 安元洋貴