『キャロル&チューズデイ』第18話「Only Love Can Break Your Heart」感想・作品情報[ネタバレあり]

ジャーナリストのカイルに恋するチューズデイでしたが・・他の女の存在を知りピュアな片想いは傷心(ハートブレイク)!!、そして大統領選の支持率を上げる画策はテロ行為にまで及んで!?

・TVアニメ『キャロル&チューズデイ』第18話「Only Love Can Break Your Heart」視聴感想・作品情報等を書いています。作品を楽しむ為の参考にしていただければ幸いです。

前回の感想(第17話)

破産して何も残っていない自分の存在価値に悩むアーティガンでしたが・・カッコ悪くてもどこまでもブレない超「自分肯定」派でした(笑)。「俺サイコー!!」と自分を信じ切る(騙し切る?)人でないとこういう世界では成功しないのでしょうね・・それにしても宮野真守さんの演技が最高です。

それにしても今までこの作品に登場してきた「AI」って悪さしかしていませんなー(笑)。機械なのに「嘘」をつくって・・その能力が人間に近づくほどAIは役に立たないという「地獄」の未来が待っていたりして!?。

Tears For Fears 「 Head Over Heels」

ティアーズ・フォー・フィアーズ (Tears for Fears)は、イギリスの2人組バンド。1980年代に数々のヒット曲を放った。

初期はシンセサイザーを多用しながらアコースティックな印象すら与える、たおやかな音使いをしており、当時流行したエレポップと呼ばれる音楽性の範疇にありながら、歌詞の繊細さとよくマッチしたサウンド・メイクが特徴となっている。やがてローランド・オーザバルのギターサウンドを核に、王道とも呼べる良質なブリティッシュ・ロックを聞かせるバンド・サウンドへと変化していく。

このアルバムから日本のCMソングに使われたものもあるので50歳前後の人には「知っている!」と意外に知名度が高いかも。「80年代の音楽とは?」その当時の音楽シーンの雰囲気がよく理解出来る名盤!、そして現在までの音楽の流れにも確実に影響を与えていると思います。

機会があればぜひ一度聞いて頂きたいアルバムですね。

 

前回の感想

関連記事

まさかのアーティガンが主役の回、自分の存在価値に葛藤するアーティガン役の宮野真守さんの演技に・・笑ってしまいます!! ・TVアニメ『キャロル&チューズデイ』第17話「Head Over Heels」視聴感想・作品情報等を書いて[…]

TVアニメ『キャロル&チューズデイ』とは?

『キャロル&チューズデイ』は、ボンズ制作、渡辺信一郎総監督による日本のオリジナルテレビアニメ作品。ボンズ20周年かつフライングドッグ10周年記念作品として製作され、2019年4月よりフジテレビの深夜アニメ枠『+Ultra』ほかにて2クールで放送中。本作品では、人類が火星に移住し、AIが音楽を提供するようになった時代において、2人の少女が協力して音楽を生み出しながらミュージシャンを目指す姿が描かれる

第18話「Only Love Can Break Your Heart」(ストーリー)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第18話 あらすじ

秋のサイドニアフェスに正式出演が決まったキャロル&チューズデイ。チューズデイは、ちゃんと母親ヴァレリーと向かい合おう決意を固め、ヴァレリーを取材する記者カイルと会うことを決める。悩みを優しく受け止めるカイルに徐々に惹かれていくチューズデイ。そんな中、ウェザープラントが何者かによって爆破され、ヴァレリーの地球移民に対する強硬姿勢と相まって、世論を沸騰させていく…。(HP引用)

脚本:中西やすひろ 絵コンテ:板村智幸 演出:高藤 聡 総作画監督:紺野直幸 作画監督:斉藤英子/香田知樹/斉藤香/石野聡/紺野直幸

アニメ視聴感想(第18話)※ネタばれ注意

穢れをしらないお嬢様キャラのチューズデイの突然の初恋が描かれたエピソードでしたが、その相手のジャーナリスト・カイルに女がいる事を知り見事にハートブレイク!。

そしてチューズデイの失恋を慰めるキャロルのイケメンっぷりが、なぜだか二人をレズに目覚めるきっかけに見えてしまって・・(笑)、作画が良すぎて生々しい別の意味での解釈をしてしまいそう。

そのチューズデイにつり橋効果をもたらしたことは間違いない火星のテラフォーミングの施設へのテロ攻撃ですが、こういう政権の支持率を上げたり下げたりする「陰謀」論ってよく聞きますが本当にあるのでしょうかね・・。

すごく興味深くて面白いのですが、最近のSNSのデマの拡散を考えるとこういう情報には慎重にならざるところがあって・・。でもたしかに「大量破壊兵器」は存在しなかったりするのは事実なんですよね。

一方、アンジェラのストーカー騒動はアンジェラ自身にその被害が及ぼうとする段階に!?、そしてなんとなくですが、そのとばっちりをアーティガンがくらいそうな気が(笑)。ストーカーやテロ等と、えらく物騒な生々しさを感じさせる展開となってきましたが、キャロルとチューズデイのサクセスストーリーのほうは一体どうなるのか・・来週の展開に期待です。

 

 

『キャロル&チューズデイ』twitterまとめ等 (2019.8.22)


キャロル&チューズデイ』商品情報 (2019.8.22)

ブルーレイBOX

 

マキシシングル

挿入歌アルバム

掲載書籍等

コミカライズ

無料試し読み

ComicWalker - 人気マンガが無料で読める!

ボンズの最新作を『剣姫、咲く』を描いた山高守人がコミック化!
「きっと忘れない。あの、永遠のような一瞬を。あの、…

「キャロル&チューズデイ」放送・配信情報

フジテレビ 毎週水曜25:05~
テレビ西日本 毎週水曜25:55~
東海テレビ 毎週土曜25:55~
北海道文化放送 毎週日曜25:15~
関西テレビ 毎週火曜25:55~
BSフジ 4/17(水) 24:00~

『キャロル&チューズデイ』配信

NETFLIXで独占配信

Part-timer Carole meets rich girl Tuesday, and each realizes…

アニメ「キャロル&チューズデイ」  スタッフ・CAST声優

スタッフ
原作 – BONES、渡辺信一郎
総監督 – 渡辺信一郎
監督 – 堀元宣
キャラクター原案 – 窪之内英策
キャラクターデザイン – 斎藤恒徳
メインアニメーター – 伊藤嘉之、紺野直幸
世界観デザイン – ロマン・トマ、ブリュネ・スタニスラス
美術監督 – 河野羚
色彩設計 – 垣田由紀子
撮影監督 – 池上真崇
3DCGディレクター – 三宅拓馬
編集 – 坂本久美子
音楽 – Mocky(英語版)
音響効果 – 倉橋静男
音楽制作 – フライングドッグ
アニメーション制作 – ボンズ
CAST
キャロル 声 – 島袋美由利 / 歌 – Nai Br.XX
チューズデイ 声 – 市ノ瀬加那 / 歌 – Celeina Ann
ガス 声 – 大塚明夫
ロディ 声 – 入野自由 / 歌 – Alisa
アンジェラ 声 – 上坂すみれ
タオ 声 – 神谷浩史
アーティガン 声 – 宮野真守
ダリア 声 – 堀内賢雄
ヴァレリー 声 – 宮寺智子
スペンサー 声 – 櫻井孝宏
クリスタル 声 – 坂本真綾
スキップ 声 – 安元洋貴