『キャロル&チューズデイ』第12話「We’ve Only Just Begun」感想・作品情報[ネタバレあり]

いつだって「run a way」だったキャロルとチューズデイの物語も一旦終幕、デビュー権を獲得しスターの切符を手に入れた二人をこれから待つものは!?

・TVアニメ『キャロル&チューズデイ』第12話「We’ve Only Just Begun」視聴感想・作品情報等を書いています。作品を楽しむ為の参考にしていただければ嬉しいです。

前回のお話し(第11話)

そんなつもりではなかった一言で心がすれ違ったまま引き離されてしまうキャロルとチューズデイ。オーディション決勝直前のタイミングでのお約束なこの展開(笑)なんですが

準決勝第一戦はアンジェラが勝利し決勝へと進出、そしてキャロルとチューズデイには第二戦ステージ登場へ時間が迫りますが愛の込められた(?)プレゼントでチューズデイは右手を負傷!。犯人は一体??・・・(笑)。

U2 「With Or Without You」

U2(ユートゥー)は、アイルランドのロック・バンドである。 『グラミー賞』22回受賞(46回ノミネート)、アーティストグループでのグラミー賞世界最多受賞記録である。1980年のデビューから現在に至るまで解散は勿論、オリジナル・メンバーの脱退や変更もなく活動しており、これまでに発表した作品や、露骨な商業主義を嫌うスタンスから世界中のファンから支持されており数多くの賞を受賞している。

中でもグラミー賞獲得数22作品は“ロック・バンド史上最多”且つ、“グループアーティスト史上最多”となっている。 2005年には「ロックの殿堂」入りもしている。世界に渦巻く社会問題を楽曲のテーマとしている。宗教紛争や反核運動、アパルトヘイトなどの人権問題、薬物依存症などについてメッセージ性の強い曲を発表、チャリティー・イベントにも積極的に参加している。特に、メンバーの中でボノはアフリカの貧困救済やアムネスティ・インターナショナル、ジュビリー2000、ONE Campaignなどの慈善事業に深く関わっており、2006年にはアフリカの後天性免疫不全症候群(AIDS)対策プログラム支援ブランド「RED」を設立している。

懐かしい・・(こればっかり(笑))。「ヨシュア・トゥリー」80年代の名盤だと思います。Youtubeに当時のPVが上がっていなかったのが残念なのですが、何故か「GYAO」でPVが配信されていたので興味がある方や懐かしいと思った方は下のリンクからどうぞ。

https://gyao.yahoo.co.jp/player/00101/v08715/v0871400000000531580/

※2019年8月31日(土) 23:59までの配信みたいです

 

前回の感想

関連記事

ギターなしのハンデを乗り越えキャロル&チューズデイはオーディション決勝へ!、しかしふとした一言が生んだ「すれ違い」の気持ちを残し二人は引き離され・・!?・2019年春アニメ『キャロル&チューズデイ』第11話「With or […]

TVアニメ『キャロル&チューズデイ』とは?

『キャロル&チューズデイ』は、ボンズ制作、渡辺信一郎総監督による日本のオリジナルテレビアニメ作品。ボンズ20周年かつフライングドッグ10周年記念作品として製作され、2019年4月よりフジテレビの深夜アニメ枠『+Ultra』ほかにて2クールで放送中。本作品では、人類が火星に移住し、AIが音楽を提供するようになった時代において、2人の少女が協力して音楽を生み出しながらミュージシャンを目指す姿が描かれる

第12話「We’ve Only Just Begun」(ストーリー)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第12話 あらすじ

マーズブライテストの決勝を前に、チューズデイは実家に連れ戻されてしまった。大統領選挙を前に、スキャンダルを避けたい母・ヴァレリーはチューズデイを部屋に閉じ込めてしまう。部屋の中で、キャロルとの出会いが、いかに大事なものだったかを振り返るチューズデイ。そんな失意の中、兄のスペンサーはキャロル&チューズデイの歌を聞いたことを告げる。その頃、ガスとキャロルは、チューズデイを取り戻そうと作戦を立てていた。(HP引用)

脚本:渡辺信一郎 絵コンテ:渡辺信一郎/堀 元宣 演出:三宅将平 総作画監督:紺野直幸 作画監督:小柏奈弓/阪本望実/斉藤英子/本城恵一朗/水畑健二/紺野直幸 音楽シーン総作画監督:斉藤恒徳 音楽シーン作画監督:近藤圭一

アニメ視聴感想(第12話)※ネタばれ注意

なんとなく展開や結末は分かっていた気がしましたが(笑)歌うことで自分達二人の「今まで」を変えたラストに感動です。でもチューズデイのママは引き続き連れ戻そうとする気がするのですが・・。たぶんアンジェラも含め登場人物たちを取り巻く舞台というか、もっと大きく「世界」を巻き込むような展開へとお話しは移るような気がします。

なんとなくですが「スター」となったチューズデイは母親の「選挙」というか、もっと大きく「政治」に利用されて・・みたいな事に巻き込まれるのかも。難民で孤児だったキャロルの生い立ちなどストーリー後半は今までと違いメッセージ性が高い展開となるのかもしれません。

それはアンジェラ・ダリアの複雑そうな事情を持つ親子関係であったり、AIでヒット曲を作るプロデューサーのタオなど多くのキャラクターにも当てはまる展開なのかも。それから話はそれてしまいますが、今話特に思ったのがタオって本当に「AIで曲を作っているの?」。シンガーの個人的な「深い感情」までAIは歌詞に出来るものなのでしょうか・・。

と、これからの展開に妄想を捗らせていたらなんと来週は「総集編」(笑)。スターになった「キャロルとチューズデイ」これから二人は・・という再来週の展開を楽しみに待つとします!。

『キャロル&チューズデイ』twitterまとめ等 (2019.6.27)

キャロル&チューズデイ』商品情報 (2019.6.27)

マキシシングル

挿入歌アルバム

掲載書籍等

コミカライズ

無料試し読み

ComicWalker - 人気マンガが無料で読める!

ボンズの最新作を『剣姫、咲く』を描いた山高守人がコミック化!
「きっと忘れない。あの、永遠のような一瞬を。あの、…

「キャロル&チューズデイ」放送・配信情報

フジテレビ 毎週水曜25:05~
テレビ西日本 毎週水曜25:55~
東海テレビ 毎週土曜25:55~
北海道文化放送 毎週日曜25:15~
関西テレビ 毎週火曜25:55~
BSフジ 4/17(水) 24:00~

『キャロル&チューズデイ』配信

NETFLIXで独占配信

Part-timer Carole meets rich girl Tuesday, and each realizes…

アニメ「キャロル&チューズデイ」  スタッフ・CAST声優

スタッフ
原作 – BONES、渡辺信一郎
総監督 – 渡辺信一郎
監督 – 堀元宣
キャラクター原案 – 窪之内英策
キャラクターデザイン – 斎藤恒徳
メインアニメーター – 伊藤嘉之、紺野直幸
世界観デザイン – ロマン・トマ、ブリュネ・スタニスラス
美術監督 – 河野羚
色彩設計 – 垣田由紀子
撮影監督 – 池上真崇
3DCGディレクター – 三宅拓馬
編集 – 坂本久美子
音楽 – Mocky(英語版)
音響効果 – 倉橋静男
音楽制作 – フライングドッグ
アニメーション制作 – ボンズ
CAST
キャロル 声 – 島袋美由利 / 歌 – Nai Br.XX
チューズデイ 声 – 市ノ瀬加那 / 歌 – Celeina Ann
ガス 声 – 大塚明夫
ロディ 声 – 入野自由 / 歌 – Alisa
アンジェラ 声 – 上坂すみれ
タオ 声 – 神谷浩史
アーティガン 声 – 宮野真守
ダリア 声 – 堀内賢雄
ヴァレリー 声 – 宮寺智子
スペンサー 声 – 櫻井孝宏
クリスタル 声 – 坂本真綾
スキップ 声 – 安元洋貴