TVアニメ『キャロル&チューズデイ』第5話「Every Breath You Take」感想・作品情報[ネタバレあり]

『キャロル&チューズデイ』売り出し作戦の第3弾は初ライブ、観客たった10人の「伝説のスタート」が描かれた第5話でした!

・2019年春アニメ『キャロル&チューズデイ』第5話「Every Breath You Take」視聴感想・作品情報等を書いています。作品を楽しむ為の参考にしていただければ嬉しいです。

前回のお話し(第4話)

有名DJとのコラボレーションに続きMV制作で売り出す作戦もインチキAIのせいで失敗。まあどっちみち「お金」がないからチープなものしか出来なかったハズですけどね(笑)。後世に残る名作MVはビックリするようなお金がかかっているんです。

ゾンビダンスのスリラーはともかくとして・・手書きアニメの方は分からない(笑)。思い出したのは「a-ha」のTake on meなのかも?というくらい。80年代初めてMVを見た時は何て手間を(たぶんお金も)かけているんだ!と思ったものです(元ネタ違っていたらスイマセン・・たぶん違っている)。


 

前回の感想

関連記事

いつもの「おしゃれ」キャロル&チューズデイとは雰囲気が違うコメディ回!、ガスとロディの魅力も掘り下げられ(?)MVのパロディも楽しい第4話でした!!・2019年春アニメ『キャロル&チューズデイ』第4話「Video Kille[…]

「キャロル&チューズデイ」放送局情報

フジテレビ 毎週水曜25:05~
テレビ西日本 毎週水曜25:55~
東海テレビ 毎週土曜25:55~
北海道文化放送 毎週日曜25:15~
関西テレビ 毎週火曜25:55~
BSフジ 4/17(水) 24:00~

『キャロル&チューズデイ』配信

NETFLIXで独占配信

Part-timer Carole meets rich girl Tuesday, and each realizes…

TVアニメ『キャロル&チューズデイ』とは?

『キャロル&チューズデイ』は、ボンズ制作、渡辺信一郎総監督による日本のオリジナルテレビアニメ作品。ボンズ20周年かつフライングドッグ10周年記念作品として製作され、2019年4月よりフジテレビの深夜アニメ枠『+Ultra』ほかにて2クールで放送中。本作品では、人類が火星に移住し、AIが音楽を提供するようになった時代において、2人の少女が協力して音楽を生み出しながらミュージシャンを目指す姿が描かれる

第5話「Every Breath You Take」(ストーリー)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第5話 あらすじ

キャロル&チューズデイを売り出す作戦は失敗続き。ガスはライブの開催を提案し、旧知の名物オーガナイザー・ヘフナーのところにアポ無しで乗り込んでいく。一方、タオはアンジェラを連れ、ヘッジファンドの帝王・シュバルツに1,200万ウーロン(1ドル=1ウーロン)の出資を求める。自らの歌で、その価値を証明することを迫られるアンジェラ。そのころロディは、インディペンデントのライブハウス、マーズ・ラウンジを訪れ2人の出演交渉をしていた。(HP引用)

脚本:赤尾でこ 絵コンテ:岡本 学 演出:野亦則行 総作画監督:伊藤嘉之 作画監督:堀川耕一/ヤマダシンヤ

アニメ視聴感想(第5話)※ネタばれ注意

MV作戦の次は「ライブデビュー作戦」、っていきなりまともで堅実すぎますが(笑)。でもこのキャロル&チューズデイの舞台になっている火星ではライブハウスは希少なものとなっているみたいなので、これはこれで大きな成功への第一歩なのかも?。

それにしてもキャロルとチューズデイの二人(のどちらか?)に恋をしたロディがウブでかわいい。二人の演奏を見て胸が高まるその気持ちを「不整脈」で片づけるなんて(笑)。いつの時代の「お嬢様キャラ」なんだよ!です。

The Police 「Every Breath You Take」

邦題「見つめていたい」80年代に活躍した「ポリス」の代表曲です。この邦題のタイトルとそのメロディでロマンチックな内容の曲と思いきや・・実は「ストーカー」の唄、なんですよね(笑)。このことは結構有名なのかな?以前見た80年代のアメリカを舞台にした海外ドラマ「ストレンジャーシングス」の特番で、10代の子役俳優(ダスティン役の少年だったかな?)も「気持ち悪い歌」ということを確か言っていました(笑)

今回のタイトルはチューズデイの兄「スペンサー」にかかっているのかな?と思っていたのですが、歌の本来の内容を考えるとロディのほうを指しているのかも(笑)。「見つめていたい」というその熱量はロディの方がはるかに大きいのかも!?、です。

 

「キャロル&チューズデイ」  スタッフ・CAST声優

スタッフ
原作 – BONES、渡辺信一郎
総監督 – 渡辺信一郎
監督 – 堀元宣
キャラクター原案 – 窪之内英策
キャラクターデザイン – 斎藤恒徳
メインアニメーター – 伊藤嘉之、紺野直幸
世界観デザイン – ロマン・トマ、ブリュネ・スタニスラス
美術監督 – 河野羚
色彩設計 – 垣田由紀子
撮影監督 – 池上真崇
3DCGディレクター – 三宅拓馬
編集 – 坂本久美子
音楽 – Mocky(英語版)
音響効果 – 倉橋静男
音楽制作 – フライングドッグ
アニメーション制作 – ボンズ
CAST
キャロル 声 – 島袋美由利 / 歌 – Nai Br.XX
チューズデイ 声 – 市ノ瀬加那 / 歌 – Celeina Ann
ガス 声 – 大塚明夫
ロディ 声 – 入野自由 / 歌 – Alisa
アンジェラ 声 – 上坂すみれ
タオ 声 – 神谷浩史
アーティガン 声 – 宮野真守
ダリア 声 – 堀内賢雄
ヴァレリー 声 – 宮寺智子
スペンサー 声 – 櫻井孝宏
クリスタル 声 – 坂本真綾
スキップ 声 – 安元洋貴

『キャロル&チューズデイ』twitterまとめ等 (2019.5.8)


キャロル&チューズデイ』商品情報 (2019.5.8)

マキシシングル


掲載書籍等